ベラジョンカジノで勝てないのは、イカサマが理由ではない根拠を説明します

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

ベラジョンカジノで勝てないのはイカサマだ!

勝てない理由は、ベラジョンカジノのイカサマなのではないかと考える人も多いようです。

ベラジョンカジノでなかなか勝てないという声が多い中、本当にベラジョンカジノは、勝てないようになっているのでしょうか?

ベラジョンカジノで「勝てない理由」をイカサマのせいにしていませんか?

ベラジョンカジノで勝てない原因は、イカサマではない理由を解説します。

勝てない原因がイカサマだと揶揄される原因

まずは、勝てない理由がイカサマにあると揶揄される原因とされる現象を挙げてみましょう。

  • ルーレットで連敗した!確率的に連続して勝てないのはおかしい?
  • スロットをプログラムで操作しているから勝てないのじゃないのか?
  • スロットで100回スピンしようがボーナスにならないから勝てないのじゃないか?

これらが「ベラジョンカジノで勝てない」と嘆く人たちの代表的な声です。

ベラジョンカジノで勝てない理由がイカサマではない理由を見ていきましょう。

勝てない原因は、イカサマではない理由

結論からいえば、ベラジョンカジノで勝てない理由はイカサマによるものではありません。

その理由は簡単です。

ベラジョンカジノは、そのプレイヤーが勝とうが負けようが、そもそもプレイヤーが集まりプレイをしてもらえるだけで確実に収益を上げられる仕組みを持つビジネスとなっています。

つまり、ベラジョンカジノは、プレイヤーが勝っても勝てなくてもがイカサマなどする必要がないというわけです。

オンラインカジノ運営の仕組みは、ペイアウト率による収益

具体的にいうとベラジョンカジノのゲームにはそれぞれ「ペイアウト率」というものが設定されています。

ペイアウト率は、必ず100%未満であるからこそ、プレイヤーがいる限り収益を上げられるのです。

イカサマをしなくても儲かる仕組みであるにも関わらず、わざわざ営業停止になるリスクを冒すわけはありません。

ベラジョンカジノがイカサマできない理由の詳細な解説も一読ください。

ベラジョンカジノは、不正ができない、イカサマや詐欺ができない理由を解説します

ペイアウト率とは?

ペイアウト率について少々解説しておきましょう。ギャンブル経験のある人はこの言葉をご存じかもしれません。

ペイアウト=pay outは日本語で「支払う」を意味するものです。ギャンブル業界では、通常「払い戻し」といわれます。

オンラインカジノの還元率(ペイアウト率)の解説

ベラジョンカジノ側から見たら「支払い」になりますが、プレイヤーにとっては「払い戻し」になります。

「ペイアウト率」とは「払戻し率」を意味します。

ギャンブル用語で「期待値」という言葉がよく使われます。この「期待値」と「払戻し率」は同じ意味の言葉だと考えてよいでしょう。

「ペイアウト率」をひとことで説明すると「ベット金=賭けた金額に対して払い戻しされる金額のパーセンテージ」です。

例えば、賭け金が100ドルでペイアウト率が92%の場合、払い戻しは92ドルになることが「期待」されるわけです。

お金を賭けて遊ぶからには、ゲームに勝ってプラスにしたいと考えるのは、人間の心理としては当たり前でしょう。

だからこそ、多くの人は少しでもペイアウト率の高いゲームをプレイすることで勝つことを目指します。

ベラジョンカジノのペイアウト率が高いビデオスロットがおススメの理由。還元率を知れば、カジノがもっと楽しくなる

ペイアウト率の計算方法

ベラジョンカジノでは、「ペイアウト率」を公表しています。

「ペイアウト率」を公表して第三者機関の監査でチェックされます。限りなく情報を開示する企業努力を続けなければ、プレイヤーや第三者機関の信頼は得ることはできません。

大前提として、ギャンブルは偶然に支配されて起こる事象について予想し、賭けるものであり、これが偶然ではなく必然であってはなりません。

ベラジョンカジノで勝てないときも勝つときも偶然なのです。

ベラジョンカジノを含むオンラインカジノは、インターネットを経由してプレイするからでしょうか、プレイヤーはちょっと勝てないと、どうしても確率を操作しているイカサマの疑念が湧くのも無理はありません。

しかし、正当な営業ライセンスを持つベラジョンサイトは、ペイアウト率を公表しているので、それを自ら確かめて、見極める必要があります。

ベラジョンカジノで勝てないことがイカサマではない理由を説明するなら、分かりやすい例としてライブカジノ「バカラ」や「ルーレット」があります。

ベラジョンカジノで勝てない体験談は、負けた人の悪評

ベラジョンカジノ側はすでに述べた通り「ペイアウト率」によって確実に収益を得ることができます。

そういう強みがあるのに、信用を失うリスクがあるイカサマを行って、プレイヤーの賭け金をわざわざ奪いにくることは考えられません。

「ベラジョンカジノで勝てない」と感じる人は冷静に考える必要があります。

ベラジョンカジノにとっての最大の脅威は、人気が失墜してプレイヤーが集まらなくなり、収益が減っていくことにほかなりません。

だから「勝てない勝てない」という不満は本当は抱かせたくないのです。

ベラジョンカジノは儲かるのか、大勝ちできない、勝てないの口コミ、評判は信じてはいけない理由

バカラで勝てないのは、イカサマが理由ではない!

ベラジョンカジノの「バカラ」は、バンカーである胴元とプレイヤーとの対戦です。

ルールをシンプルにいうと「最大3枚」のカードの合計の下一桁の数字が大きいほうが勝利となる、日本の「オイチョカブ」に似たギャンブルです。

ここで重要なのは精算するときの配当で、バンカー側に賭けて勝つと配当は「1.95倍」になります。

プレイヤー側に賭けて勝つと配当は「2倍」です。

この差額となる5%こそがハウスエッジであり、ベラジョンカジノがイカサマはない根拠になっています。

つまり、差額の5%が場所代、ハウスエッジとしてカジノ側の儲けになるのです。この仕組みで「バカラ」が行う以上、ベラジョンカジノ側は着実に収益を上げられます。

ベラジョンカジノのバカラで勝てない人は、こちらもお読みください。

バカラ攻略に必要な勝つための確率から考えるバカラの基本戦略における勝ち方と賭け方

ルーレットで勝てないのは、イカサマが理由ではない!

「ルーレット」については、多くの人がルールをご存じかと思われます。

一般的に「赤」か「黒」に賭けるゲームですが、このゲームには「緑」という第三の色も存在しています。

0または00として数字に表され「緑」ですが、さすがにこの緑に賭ける人はほとんどいないでしょう。

緑にルーレットの玉が落ちた場合はどうなるでしょうか?

ヨーロピアン方式だと1/37、つまり2.7%程度の確率、アメリカン方式だと2/38なので5.2%程度の確率で緑に入ります。

赤か黒で賭けていた場合、ベットされた金額はそのまま全てベラジョンカジノ側に入ります。

ハウスエッジ率はヨーロピアン方式で97.3%、アメリカン方式で約94.8%となります。「バカラ」と同様にベラジョンカジノ側が儲かる仕組みとなっています。

この差額となるこそが収益となるため、ベラジョンカジノがイカサマはない根拠になっています。

ベラジョンカジノのルーレットで勝てない人は、こちらもお読みください。

ベラジョンカジノのルーレットで勝てない人必見!ルーレット攻略に欠かせないルール、遊び方、必勝法を知ろう!勝率アップの方法も解説します

ライブカジノで勝てないのは、イカサマが理由ではない!

プログラム上の操作ではイカサマができない理由について紹介しましたが、次にライブカジノのような「対人」の場合におけるイカサマを考えて見ましょう。

ディーラーがプレイヤーとグルになって不正をしているから「勝てない」可能性はないとはいえません。

そういう危険性が「ベラジョンカジノで勝てない」理由になるのかどうかを見ていきましょう。

ベラジョンカジノのライブカジノ評判まとめ。ライブカジノの仕組み、攻略、必勝法も紹介します

ライブカジノのディーラーは、不正できないように監視されている

ベラジョンカジノでは、基本的に24時間、常にリアルタイムでディーラーは監視されています。

また、システムや払い戻しに何か不具合があったら、サポートを受けることが可能です。

勝ったはずなのに負けたことになるなどの不正を感じたら、すぐにサポートに通報をしましょう。

ベラジョンカジノのライブカジノは、イカサマや不正がない理由。イカサマ、不正の可能性を徹底検証!

イカサマができない理由「ゲームプロバイダ」の存在

ベラジョンカジノに限らずオンラインカジノでは、スロットをはじめとした各種ゲームのソフトウェアは自前ではなく、別のプロバイダから供給されたものです。

これはいわゆるパチンコホールとパチンコ機メーカーの関係に酷似しています。

パチンコホールが自前の機械で運営したと仮定して、客側から見た場合に胡散臭くなり、負けたときは不正に調整されていると思われるリスクが大きくなります。

同様に、ベラジョンカジノはあくまで「場」を提供し、プロバイダがスロットなどのソフトウェアを提供する形を取る理由は、カジノ側が自前のゲームソフトウェアを使って運営するとシンプルに信頼性が下がるからです。

ここにも勝てない理由をベラジョンカジノのせいにするのは誤りと断言できる根拠があります。

ベラジョンカジノが採用しているゲーム配信会社(ゲーミングプロバイダー)の特徴を知ろう!

RNG(ランダム・ナンバー・ジェネレーター)とは?

ベラジョンカジノに供給されるゲームソフトウェアは、プロバイダが製造していることはすでに述べました。

そしてゲームを稼働させるためには第三者機関の監査を受け、RNG(乱数発生プログラム)に設定されているペイアウト率が正確に組み込まれていなければならないのです。

RNGというプログラムがあるために、スロットをベラジョンカジノなどの運営サイドが操作することは一切できません。

イカサマができない理由「第三者機関の監査」の存在

これもベラジョンカジノで勝てないのは、イカサマのせいではない理由の一つです。

具体的にはゲームプロバイダ大手であるMicrogaming(マイクロゲーミング)は、eCOGRA(イーコグラ)といった有名な第三者機関の監査と認定を受けています。

またPragmatic Play(プラグマティックプレイ)はイギリスのギャンブルゲームライセンスを獲得しており、同様に厳しい監査をクリアしています。

ベラジョンカジノはどれ一つとっても、信頼できるソフトウェアプロバイダしか採用していません。

そして何か問題があると判断されたソフトウェアは、どんどん排除しています。上記の点で、勝てないのは不正によるものではない根拠の一つです。

イカサマができない理由「運営ライセンス」の存在

ベラジョンカジノはマルタ共和国の運営ライセンスを取得して営業しています。それが意味するものは、ベラジョンカジノが直接第三者機関と提携していなくとも、マルタ共和国から委託された第三者機関の厳しい目が光っているということです。

それを考えただけでも、ベラジョンカジノのイカサマは考えられません。

勝てない理由をイカサマと断じるのは早計といえます。

ベラジョンカジノで勝てないと口癖になっている人の特徴

どこまでも「勝てない」と感じるのなら、ここでベラジョンカジノを含むギャンブルというものの基本を思い出しましょう。

勝てないと口癖になっている人には、基本から間違っているケースが少なくありません。

ベット金は自分の身の丈に合っているか?

ベラジョンカジノで勝てないからといって、資金量に対して無理がある高いベットをしていないでしょうか?

それをやると、当然ほどなくお金はなくなって、復活のチャンスを自らなくすようなものです。

ギャンブルの基本は自分に追い風が吹いてきたらちょっとずつ大きく賭ける。向かい風だと思ったら少額で賭けるか、いっそしばらく賭けない。

そのような形でやっているでしょうか?

感情に支配されていないか?

もし感情のコントロールができないほど熱くなっているとしたら、それこそギャンブルでは勝てません。

なぜなら自分をコントロールできない者が場をコントロールできるわけがないからです。ベラジョンカジノで勝てない勝てないと嘆かないで、自然体、平常心で冷静に論理的に勝負に臨みましょう。

勝てないと嘆く前にゲームそのものを理解しているか?

スロットを例に挙げると、「ペイライン」やボーナスゲームに入る条件について理解しているでしょうか? それらを理解していなければ、ベラジョンカジノで勝てないだけでなく、スロットを回す楽しみも味わえません。

また、ブラックジャックであれば、基本ですがディーラーがヒットする条件をご存じでしょうか? これを知らないなら勝てないのは当然です。

目標金額を自分で設定しているか?

スロットもテーブルゲームもやり続ければベラジョンカジノで勝てないのは当然です。「ペイアウト率」は回数を重ねれば重ねるほど確率通りになっていきます。

そこで重要なのが目標とする金額設定と止める目安の設定です。それさえきちんと決めておけば、勝っても負けても気持ちよくプレイができます。

勝てない原因は、イカサマではない理由のまとめ

ペイアウト率によって、カジノ側はプレイヤーが集まるだけで確実に収益を出せる仕組みになっています。

そうした仕組みにも関わらず、プレイヤーの不利益となるイカサマをすることはあり得ません。

カジノ側にとって、最大の脅威は信頼の喪失によるプレイヤー離れです。

また、RNGや第三者審査機関によって、ベラジョンカジノは公正かつ公平に運営されています。

これまでイカサマが理由でベラジョンカジノで勝てないと考えていた方は、自分自身のギャンブルに対するアプローチを見直してみましょう。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!