ベラジョンカジノで勝つ確率を上げる初心者ギャンブラー必見の必勝攻略法を伝授します

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

ベラジョンカジノで勝つためのオンラインカジノカジノ攻略法を解説します。ベラジョンカジノで勝率を上げるための必勝法は、いくつかあります。

世界中で多くの人々に楽しまれるシェアを誇り、今や日本においても幅広いファン層に親しまれているベラジョンカジノは、厳しい審査を通り抜けたカジノゲームが充実しています。

その種類はさまざまで、ルーレットやブラックジャックといったメジャーなものからバカラといったカジノ感溢れるのまで豊富なラインナップとなっています。

選ぶだけでも目移りしてしまう数々のカジノゲームですが、やはりカジノというからにはコンスタントに勝利を重ねて利益を出し、勝利金を増やしていきたいところですよね。

しかしながら、ギャンブルにおいて100%勝利するということは不可能であり、運任せで続けているとあっという間に大切な資金が底をついてしまいます。

100%勝利することがないカジノにおいての勝ち方は、勝率を上げることです。

そして勝率を少しでも上げるために必要なのは、計算された方法を用いることでリスクを減らすことです。

オンラインカジノにおいてもあらゆる方法が編み出されていますので、不慣れなうちは初心者向けのものから実践し、慣れてきたら上級者向けのものにチャレンジするのがよいでしょう。

この記事では、ベラジョンカジノで勝つために勝率を上げる方法を、ギャンブラーの皆さんに伝授したいと思います。

目次

勝率を上げるための必勝法の存在

カジノでプレイする際に勝率を上げる方法、つまり必勝法はベッティングシステムとも呼ばれ古くからさまざまな人々や数学者の手によって研究されてきました。

有名なマーチンゲール法やピラミッド法などは投資の世界でも用いられているほどであり、カジノを攻略するさまざまな必勝法には理論を礎とした戦略が揃っています。

その中でも高度な戦術になるとメモを取って攻略するという手法もあるほどです。とはいえ最初からあれもこれも覚える必要はありません。

少しずつ慣れながらステップアップするのがよいでしょう。初心者の方は、覚えやすく簡単なものから実践して慣れていきましょう。

カジノ必勝法は「使うべきタイミング」がある

・カジノで負けているときに使う必勝法
・カジノで勝っているときに使う必勝法

まず、数ある必勝法には使うべきタイミングがそれぞれ異なります。端的にいえば、カジノに勝っているときと負けているときによって必勝法が変わるのです。

つまりできる限り損失を抑えて勝率を上げていくためには、一つの方法をずっと使い続けていくのではなく、状況に合わせて使用する必勝法を変化させていく必要があるのです。

初めはこの点を意識できるだけで目に見えて勝率が変わってきます。

「カジノで負けているときに使う必勝法」「カジノで勝っているときに使う必勝法」を紹介します。

連敗しているときに使う必勝法

  • マーチンゲール法
  • 3倍マーチンゲール法
  • グランマーチンゲール法

カジノで連敗しているタイミングで使う必勝法は以上の3つです。それでは各必勝法を改めて詳しく見てみましょう。

連敗しているときに使う必勝法①:マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負ける度に前回のベット(賭け金)を倍額にして賭け続ける方法です。

この方法のメリットは1度でも勝利できればそれまでの負けていた損失額を取り戻せるところです。その反面、連敗してしまうとベット(賭け金)がどんどん増え続けていくというデメリットがあります。

マーチンゲール法はミドルリスク・ローリターンな必勝法ですが、やり方が簡単かつシンプルで覚えやすく、初心者でも実践しやすい点がオススメです。

マーチンゲール法のメリット

  • 連敗しても1度の勝利ですべての損失額を取り戻せる
  • 簡単なので初心者でも実践しやすい

マーチンゲール法のデメリット

  • プレイヤーの資金に余裕が必要
  • 最大ベット額の上限に達する可能性がある
  • 勝利するまでの心理的負担が大きくなる

連敗しているときに使う必勝法②:3倍マーチンゲール法

3倍マーチンゲール法は先述のマーチンゲール法の応用で、負けた場合に「前回のベット(賭け金)を3倍」して賭ける必勝法です。

通常のマーチンゲール法に比べると、連敗時の損失額は大きくなりますが、その反面1勝することができれば大きな利益を生み出すことができるのでハイリスク・ハイリターンな必勝法になります。

3倍マーチンゲール法のメリット

  • 短期決戦に有効
  • 連敗が続いても、その後勝ったときの利益が大きくなる

3倍マーチンゲール法のデメリット

  • プレイヤーの資金に余裕が必要
  • 最大ベット額の上限に達する可能性がある
  • 勝利するまでの心理的負担が大きくなる

連敗しているときに使う必勝法③:グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法も先述の2つの方法を応用したもので、負けた場合に「倍賭け+α(自分で決めた賭け金)」を賭けていく必勝法です。

連敗が続いてもその後に1勝すればすべての損失を取り戻せるうえに、利益をも生み出すことができるミドルリスク・ミドルリターンの必勝法になります。

グランマーチンゲール法のメリット

  • 短期決戦に有効
  • 連敗が続いても、その後勝ったときの利益が大きくなる

グランマーチンゲール法のデメリット

  • プレイヤーの資金に余裕が必要
  • 最大ベット額の上限に達する可能性がある
  • 勝利するまでの心理的負担が大きくなる

連勝しているときに使う必勝法

  • パーレー法
  • グランパーレー法
  • グッドマン法
  • バーネット法
  • ピラミッド法(ダランベール法)
  • ハーフストップ法

カジノで連勝しているタイミングで使う必勝法は以上の6つです。それでは各必勝法を改めて詳しく見てみましょう。

連勝しているときに使う必勝法①:パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法は「逆マーチンゲール法」とも呼ばれており、勝ったら前回の賭け金を倍賭けしていく手法です。

『勝てば倍賭け』というシンプルな手法のため、負けた場合は賭け金が増えませんが、連勝することができれば利益はどんどん大きくなります。

パーレー法はローリスク・ミドルリターンな必勝法となります。

パーレー法のメリット

  • 連勝を重ねるほど利益が大きくなる
  • 短時間で勝利金を稼ぐことができる

パーレー法のデメリット

  • 1度でも負けると収益がマイナスになる

連勝しているときに使う必勝法②:グランパーレー法

グランパーレー法は先述のパーレー法を応用したもので、勝ったら「倍賭け+α」を賭けていく手法です。

パーレー法と同じく負けても賭け金は増えませんが、勝ったときの勝利金はα分大きく得られることとなります。グランパーレー法は勝ったときのリターンが大きくなるためローリスク・ハイリターンの必勝法です。

グランパーレー法のメリット

  • 少ない資金で利益を大きく増やすことができる
  • 短時間で勝利金を稼ぐことができる

グランパーレー法のデメリット

  • 連勝をしない限り利益が出せない
  • 1度でも負けると収益がマイナスになる

連勝しているときに使う必勝法③:グッドマン法

グッドマン法は勝ったら1、2、3、4、5、と段階を踏んで賭け額を増やしていく手法です。

この手法は負けても損失額を低く抑えられるうえに、連勝した場合は利益を伸ばしていけるためローリスク・ミドルリターンの必勝法となります。

グッドマン法のメリット

  • 大きな損失になりにくい
  • 最初に連勝した場合は、その後に連敗しても利益が出やすい
  • 賭け金が緩やかに上昇する

グッドマン法のデメリット

  • 連勝できなければ利益が出にくい
  • 大きな利益が出にくい

連勝しているときに使う必勝法④:バーネット法

バーネット法はグッドマン法と同様にシンプルで、ゲームに勝つ度に1、3、2、6の順番通りに賭けていく手法です。

負けてしまっても損失額が低く抑えられるうえに、連勝すれば利益を伸ばせるのでローリスク・ミドルリターンな必勝法です。

勝率が2分の1ある賭けにおいて最も効果を発揮する戦略のため、ブラックジャックやバカラ、ルーレットの2倍配当の賭けなどで勝ったときにはバーネット法を使うのがおすすめです。

バーネット法のメリット

  • 大きな損失を防げる
  • 最初に連勝した場合は、その後に連敗しても利益が出やすい
  • 賭け金が緩やかに上昇する

バーネット法のデメリット

  • 連勝できなければ利益が出にくい
  • 大きな利益は出にくい

連勝しているときに使う必勝法⑤:ピラミッド法(ダランベール法)

ピラミッド法は、賭け額を勝ったときに1単位減らし、負けたときには1単位増やすというシンプルな手法です。

この勝ち負けによって増減する1単位の金額はプレイヤーが自ら設定します。たとえば1単位を5ドルと設定した場合は、勝ったときに賭け額を5ドル減らし、負けたときには5ドル増やす、という賭け方をします。

比較的少ないリスクで賭けることができる戦略ですが、1単位に設定した賭け金が大きくなればなるほどリスクも上昇するので注意しましょう。

ピラミッド法は勝ったときに出る利益は少ないですが、同様にリスクも最小限に抑えられることからローリスク・ローリターンな必勝法となります。

ピラミッド法のメリット

  • 賭け金が緩やかに上昇する
  • 獲得した利益を失いづらい
  • 負けの数が多くても同数でも利益を出せる

連勝しているときに使う必勝法⑥:ハーフストップ法

ハーフストップ法はその名の通り目標利益を定めておき、実際の利益が目標利益の半分を下回った段階でゲームをやめる手法です。

既に得た利益を元にしてゲームを進めていくので損害は少なく、ローリスク・ミドルリターンな必勝法です。

ハーフストップ法のメリット

  • 大きな損失を防げる
  • 目標利益まで到達すれば、必ず半分の利益を獲得できる
  • あらゆるカジノゲームで使用できる

ハーフストップ法のデメリット

  • 決めた金額で必ずやめるという自制心が必要
  • 目標利益に到達しないまま資金が尽きれば使用することができない

上級者向けの必勝法は、オンラインカジノ向き

次はここまで紹介した初級の必勝法から少しステップアップしたカジノ上級者向けの必勝法をご紹介します。

上級者向けの必勝法の多くは数学的で精密な理論に基づいているため、メモを取る必要があります。

実は本場のカジノではメモを取ることはおろか紙を持ち込むことすらも禁止されている場合が多いのです。

その点、自宅で遊べるオンラインカジノでは、メモは禁止されておらず、自由に記録することができるので、上級者向けの必勝法を用いる大きなチャンスなのです。

初めは難しいかもしれませんが、ぜひこの機会に上級者向けの必勝法をチェックしてみましょう。

上級者向けカジノ必勝法にも「使うべきタイミング」がある

・連敗時に利益が出る必勝法
・連勝時に利益が出る必勝法

ではまず連敗時に利益が出る必勝法「ココモ法」から見てみましょう。

連敗時に利益が出る必勝法:ココモ法

ココモ法は直前2回のゲームのベットを合計して賭けていく手法で、「勝率1/3・オッズ(配当倍率)が2倍」のゲームで使用します。

連敗を重ねると賭け金が増えてしまいますが、その反面勝ったときの利益も大きく得られるためミドルリスク・ミドルリターンの必勝法です。

ココモ法の式:前々回の賭け金+前回の賭け金=今回の賭け金

ココモ法のメリット

  • 負ければ負けるほど勝ったときの利益が大きくなる
  • 賭け金が緩やかに上昇する

ココモ法のデメリット

  • 賭け金がテーブルリミットの上限に達した場合の対策が必須
  • 配当2倍のゲームには不向き

連勝時に利益が出る必勝法

  • オスカーズグラインド法
  • 10%法
  • イーストコーストプログレッション法
  • 10ユニット法
  • ラブシェール戦法
  • 31システム投資法

カジノで連勝時に利益が出る必勝法は以上の6つです。それでは各必勝法を改めて詳しく見てみましょう。

連勝時に利益が出る必勝法①:オスカーズグラインド法

オスカーズグラインド法は、1単位の決まった金額をベットしていき、勝った場合にのみ賭け金を追加していく戦略です。

賭け金を抑えつつも効率よく損失を取り戻してカバーできるため、ローリスク・ローリターンの必勝法です。

オスカーズグラインド法の手順

  1. 1単位の金額を設定する(計算しやすい数字がオススメ)
  2. 上で設定した1単位の金額を賭ける
  3. 連勝したら、1単位の金額を上乗せして賭ける
  4. 負けたら、それまで賭けていた金額をリセットして1単位の金額のみを賭ける
  5. 損益が±0になるか、プラスになった時点で1セットが終了する
  6. 以降はStep1~5を繰り返し行う

オスカーズグラインド法のメリット

  • 賭け金が穏やかに上昇する
  • 連敗しても大きな損失になりにくい
  • 負け数が勝ち数を上回っても利益をプラスにしやすい
  • 長時間のプレイ向き

オスカーズグラインド法のデメリット

  • メモを取る必要がある
  • 損益の計算に手間がかかる

連勝時に利益が出る必勝法②:10%法(テンパーセント法)

10%法は数式を用いる必勝法で、勝率が1/2・配当が1倍のゲームにおいて最も有効です。

負け時の損失と勝利時の利益の両方に対策を施した長期戦向けの戦術で、ミドルリスクミドルリターンな必勝法です。

10%法のメリット

  • 連勝を重ねるほど利益になる
  • 負けても損失額が増えない

10%法のデメリット

  • 五分五分の勝負では不利になる
  • 賭け金の計算時に四捨五入および切り上げ・切り捨てを行う必要がある

連勝時に利益が出る必勝法③:イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法は2連勝後に賭け額を変更して利益を上乗せしていくことで、続けて負けるときの損害を少なくしながら、続けて勝つときに大きく勝つことを目指す戦法です。

つまり勝つときは連勝の波に大きく乗って稼ぐことができ、保険をかけながら緩やかに賭け金を上げていくローリスク・ミドルリターンの必勝法です。

イーストコーストプログレッション法のメリット

  • リスクを最小限に抑えられる
  • 連勝すれば利益を確実に出せる
  • 負けても利益が残る
  • 賭け金の上限に達しにくい

イーストコーストプログレッション法のデメリット

  • 利益の増え方が少なめ
  • 3連勝以上しないと効果がない
  • 負けたまま終了すると利益がマイナスになる

連勝時に利益が出る必勝法④:10ユニット法

10ユニット法は海外で編み出された戦法で、目標利益を10分割して数列を作り、それに沿って計算しながら賭け額を変えていく必勝法です。

賭け額を抑えながら確実に利益を得ていくローリスク・ミドルリターンな戦術となっています。

10ユニット法は「勝敗確率1/2、配当確率2倍」のゲームで有効です。海外では一時的に大ブームを巻き起こすなど大人気の戦法となりました。

10ユニット法のメリット

  • 明確なゲームの目標を立てやすい
  • 数列がなくなれば必ず利益を出せる
  • リミット額に比例して成功率も大きくなる

10ユニット法のデメリット

  • 複雑なのでメモを取って計算する必要がある
  • リミット額に比例してリスクも高くなる

連勝時に利益が出る必勝法⑤:ラブシェール戦法

ラブシェール戦法はリミット額を元にして、任意に設定した数列に沿って賭け額を変えていく戦法で、メモが必須となる必勝法です。

主に勝敗確率1/2、配当倍率2倍のゲームで使用します。

ラブシェール戦法のメリット

  • 最大損失額のリミットが決まっている
  • 連勝すれば大きな利益が出る

ラブシェール戦法のデメリット

  • 連勝できるまでは利益が生まれない
  • 項数が増えるとメモが難しくなる

連勝時に利益が出る必勝法⑥:31システム投資法

31システム投資法は「1.1.1.2.2.4.4.8.8の順番で賭ける」投資法で、システム通りに賭けていけば2連勝で確実に利益を出すことができるため、ローリスク・ローリターンの必勝法です。

31システム投資法は主に「勝敗確率1/2、配当1倍」のゲームに使用します。

1サイクルを終えるタイミングは任意となっていますが、基本的には利益が出た段階で1サイクルを終了するのがよいでしょう。

31システム投資法を行う際には、どこまで賭けたのかわからなくなってしまうことを防ぐため、しっかりとメモを取りながら行いましょう。

31システム投資法のメリット

  • 2連勝すれば確実に利益が出る
  • 連勝しなくても31以上負けることがない
  • 簡易版と応用版があり初心者から上級者まで幅広く使用できる

31システム投資法のデメリット

  • 2連勝できなければ利益がない
  • 慣れるまでは表を見てプレイする必要がある

勝つ確率を上げるカジノ必勝攻略法は、状況に応じて使い分けること

ベラジョンカジノで勝つには直感で戦うのではなく、勝率を上げるための必勝法を活用することが重要です。

数多くある必勝法の中から「勝っているときに使う必勝法」と「負けているときに使う必勝法」を状況に応じて使い分け、最も効果を発揮するゲームに適した戦法を用いることを心賭ければ、きっと勝利の女神はあなたに微笑んでくれることでしょう。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

この記事をシェアする