ベラジョンカジノで借金を負わない方法とオンラインカジノで借金返済がむずかしい理由

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の図解で詳しく解説。3,000円分の無料プレイ可能!

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

Slider

「ベラジョンカジノで借金」それは他人事ではありません。

オンラインカジノでギャンブル依存症になり、借金まで背負った人は存在します。 オンラインカジノで借金を返そうとする事は不可能と言ってよいでしょう。

ネットの掲示板で「ベラジョンカジノで全然勝てず、借金をしてまで負けた」という書き込みを見かけます。

ベラジョンカジノで熱くなり入金額以上の借金を背負うことがあるのか?と思う人もいるかもしれません。

オンラインカジノでは、入金額以上に借金することは絶対にありえません。つまり、ベラジョンカジノで借金を背負う確率は低いのです。

理由は、FXや先物取引のような追証はなく、オンラインカジノから請求書が後から届くこともなく、担保、保証金にしてオンラインカジノをプレイすることができないからです。

ですが、オンラインカジノで借金地獄にはまってしまった人は、実際にいます。上手に遊べば何も問題はない合法的なオンラインカジノですので、それ自体は借金と直結するものではありません。

ベラジョンカジノですが、気を付けないといつしか借金地獄に落ちてしまうことがあります。そこでベラジョンカジノを借金地獄に落ちることなく楽しむための3つの心構えを解説します。

ベラジョンカジノにおいて、どのようなプロセスが借金を誘発するのかを見極め、実際に借金を背負うまでに至った人の事例からベラジョンカジノで借金地獄にならない、そうならずに済むための心構えを紹介します。

まずは借金地獄に落ちる人たちがたどる、共通したプロセス確認から始めましょう。

ベラジョンカジノで借金地獄に落ちる人の典型的な3段階

ベラジョンカジノなどのオンラインギャンブルは、やりだすと面白くてハマる人はたくさんいますが、かといってみんながみんな揃って借金をするわけではありません。

借金地獄というほどの状態になるのは一部の人たちなのです。

実はベラジョンカジノで借金をしてしまう人たちには、共通する典型的な3段階があります。

  • 借金地獄への道 第1段階:最初の段階で中勝ちないし大勝ちする
  • 借金地獄への道 第2段階:遊ぶための資金をクレジットカードで入金する
  • 借金地獄への道 第3段階:賭ける金額を上げていく

この3つの段階がベラジョンカジノで借金まみれになってしまう人たちの陥る典型パターンなのです。

では、各段階をもう少し詳しく見ていきましょう。

借金への道①:最初の段階で中勝ちないし大勝ちする

ベラジョンカジノに初めて挑み、ビギナーズラックで早い段階にて勝ってしまうとその興奮が深く胸に刻まれます。

往往にしてその興奮を再び味わいたいために、負けても負けても繰り返し挑み続けます。そうなるともう借金地獄の入り口まで来たも同然なのです。

最初になかなか勝てなければ、興味は失っていくものです。しかし下手に初期に勝つことは、ベラジョンカジノから離れられなくする麻薬のような役目を果たします。

借金への道②:遊ぶための資金をクレジットカードで入金する

ベラジョンカジノで最初に味わった勝つ快感を味わうと途中でやめられない気持ちは理解できますが、勝ち続けることは困難です。

よって、ベラジョンカジノで賭けるための資金を入金する必要が出てきます。

オンラインカジノは本来、電子決済サービスを利用して専用口座を作り、その口座を通してカジノサイトに入金するのが基本です。

ところがベラジョンカジノはクレジットカードによる入金も対応しています。そうなるとショッピング感覚でついカードにて入金をしてしまうのです。

これが借金疑獄に片足を突っ込んだ瞬間であるとは気付かずに、気軽にクレジットカードを使用してしまいます。

借金への道③:賭ける金額を上げていく

クレジットカードで簡単に元手を入金できるものなので、勝ったり負けたりしながら次第にギャンブルすること自体が日常となってしまうのです。

そして次第に賭け金が上がっていく兆候が出始めます。

しかしここに至って、本人に自覚はなくとも借金地獄に「両足」がずぶずぶぶっと入ってしまうのです。

さぁここまでくれば、あとはベラジョンカジノに向き合ってもがけばもがくほど、底のない借金地獄に深く落ちていくことになります。

ベラジョンカジノで「借金」を背負うことはない!

大前提としてベラジョンカジノでは、入金額よりも多くの借金を背負うことはありません。

ベラジョンカジノでは、入金したお金以上に負けることはないため、借金を抱えるなら「入金した」分にとどまります。

レバレッジをかけて賭けることは、オンラインカジノではできないため、自己コントロールができれば、多額の借金を背負うことはありません。

オンラインカジノ依存の借金パターン

  • 借金を返済しようとオンラインカジノをする
  • 借金をしてオンラインカジノをする

いわゆるカジノ依存症です。借金がある人がギャンブルをすると、ギャンブルの中毒症状が麻痺して、回復不可能になります。

オンラインカジノで借金返済は難しい

オンラインカジノで借金を返そうとすることは、ほとんど不可能といってよいでしょう。最大の理由は、オンラインカジノがほかのギャンブル以上に「勝って終わり」というシステムになっていないためです。

ギャンブルにおける勝ちパターンは、「勝ち逃げ」です。賭けるときは賭けて、引くときは引く、その思い切りの良さと引き際の良さのバランスがもっとも重要です。オンラインカジノはこの「勝ち逃げ」が、ひどくむずかしいのです。

勝ち逃げするには、プラスの時点でゲームをやめればよいわけですが、そのギャンブルの最大のむずかしさと、またベッドしつづける快楽がオンラインカジノにはつまっています。

オンラインカジノで「勝ち逃げ」ができないのは、インターネット上での遊びであることがとても影響しています。

オンラインカジノは副業ではありません、貯金するための財テク手段でもありません。オンラインカジノはれっきとしたギャンブルです。

しかし、いまだにオンラインカジノは絶対に儲かる「打ち出の小槌」のような勘違いをして入門してくる方を多く見受けます。

オンラインカジノで借金をする人の特徴

「大勝ちを経験している」や「負けた後も賭け続ける」のは、どのギャンブルでも借金を背負う人の典型的なパターンとして挙げられると思います。

  • クレジットカードで入金をしてい
  • 大勝ちを一度経験している
  • 負けた後も、賭け続けている

その中でも、「クレジットカードでの入金」はオンラインカジノならではの原因です。

クレジットカードは、自分自身の所持金以上にお金を使うことができるため、歯止めが効かず借金を背負うところまでいってしまったのかもしれません。

まさに「ギャンブル依存症」と言えるでしょう。

生活すべてがギャンブルを中心にまわる、となってしまったら中毒症状があらわれています。人生が蝕まれる前に、借金返済をカジノでしよう、などという考えは改める必要があります。

借金のあるようなひとがオンラインカジノをやってはいけません。

借金の原因①:クレジットカード

オンラインカジノでは、いくつかのカジノサイトでクレジットカードから直接サイト内に入金することができます。

本来であれば、電子決済サービス内に専用口座を作り、口座を通してカジノサイトに入金しなければなりません。

借金の原因②:賭け金の引き上げ

借金地獄への原因となったのは、「賭け金を引き上げたこと」です。一度の大当たりに味をしめ、賭け金を一度引き上げてしまうと、もう減らすことは難しくなります。

借金の原因③:24時間365日遊べる

オンラインカジノで借金にハマる原因は、カジノサイトの営業時間にあります。パチンコや競馬であれば、営業時間が決まっていれば、強制的にギャンブルをやめることができます。

しかし、オンラインカジノは世界中のプレイヤーが遊べるよう24時間いつでも遊ぶことができます。

ベラジョンカジノにて借金地獄に落ちたらどうなるのか?

ベラジョンカジノを始めてから前述の3段階のパターンを踏んで借金が増えていった人たちに、具体的にはどのような生活の変化が起こったのかを、二の轍を踏まないための教訓としてお伝えておきましょう。

実例紹介:平凡なサラリーマンFさんがベラジョンカジノで借金地獄に落ちた物語

Fさんはもともとはギャンブルにさほど興味のない平凡なサラリーマンでした。借金もしたことのない堅実な生き方をしており、独身でもあるので悠々自適の生活をしていました。

そんなFさんはあるときインターネットで「ベラジョンカジノは小遣いが稼げる」というような記事を、たまたま目にします。

『へぇ?ギャンブルなのに小遣いが稼げるって?』とFさんは思いました。ちょっと興味を抱いた彼はその記事を読みました。

そこで語られていた内容は、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノは還元率がパチスロなどほかのギャンブルよりずっと高いということでした。

還元率が高いオンラインカジノ

それは本当のことです。しかしながら、還元率が高いことと勝率は別物であるといえます。

それも踏まえて、勝率の高い種類のゲームを選べば、ベラジョンカジノで小遣い程度はすぐに稼げるというまとめの記事でした。

Fさんがインターネットで、さらにベラジョンカジノのことを調べてみました。

するとわかったことは、ベラジョンカジノはスウェーデンの上場企業がワールドワイドに展開し、国際的に認知されているオンラインカジノだということです。

またゲームの種類がべらぼうに豊富でもあり、数あるオンラインカジノの中で一番勝てるのがベラジョンカジノだともいわれています。

そういう情報を得てから再びきっかけの記事を読み返したFさんは、そこに書かれている「簡単に小遣い稼ぎができる」という話が、何となく理に適っているように思えてきました。

手元のクレジットカードで手軽に入金

しかも、ベラジョンカジノは面倒臭い専用口座を作る手続きをしなくても、クレジットカードで賭け金の元手を入金できるということです。

そんなこんなで、ともかくダメ元でもベラジョンカジノにて、少し小遣い稼ぎをしてみようという気が起こりました。

その時点では、借金地獄が口を開いて待っていようとはよもや思わなかったのです。

ビギナーズラックを味わってしまう

ベラジョンカジノの中ではたくさんの種類のゲームがあります。その中で、勝率が高いゲームとネットでも書かれていた「バカラ」をやってみました。

するとすぐに少し勝ったのです。

その勝ちを元手に「ブラックジャック」もやってみました。するとどうでしょう。初日で80万円も勝ってしまいました。

そのときの高揚感は彼の平凡なサラリーマン人生ではいまだかつて味わえたことのないものでした。

それからというもの、暇さえあればパソコンの前に座ってベラジョンカジノにアクセスし、ポチポチとギャンブルを続ける日々が続きました。

高揚感で賭け金が上がっていく日々

次第に賭け金も上がっていきました。

オンラインカジノとパチスロとの大きい違いはここです。パチスロは賭け金が台によって決まっています。一方ベラジョンカジノでは、自分が賭け金を設定できます。

ほどなく、ベラジョンカジノで負け越しが始まりました。

最初の大勝を味わっているFさんは、『大丈夫、また追い風が吹くさ』とタカをくくって続けます。
しかし非情にもベラジョンカジノでの負けはどんどん増えてきました。

クレジットカードの限度額が一杯に

ついにベラジョンカジノへの入金によって、クレジットカードの使用も限度枠一杯に達します。

まだ何も手に入っていません。買い物ではなくこれは完全に借金です。しかしFさんはクレジットカードを複数枚所持していたのです。

なんとかベラジョンカジノの負けを取り戻すために、ほかのカードも使用しました。少し勝っては大きく負け、また少し勝っては大きく負けることを繰り返し、ついにそのカードも限度枠一杯になりました。

さらに3枚目のクレジットカードを動員して、とにかく負けを取り返すことに執着しつつベラジョンカジノを続けました。

借金しているにも関わらず、カードなので実感が薄かったのかもしれません。

当然ですが、ベラジョンカジノで使用したカードの入金が膨大な請求額となりました。3枚のクレジットカードの限度分ですので、簡単に支払える額ではありません。

クレジットカードでキャッシングの道

少しあった貯金をすべて充ててもまだ足りず、事態に愕然としたときはもう手遅れでした。それを引き落とすために、さらに持っていたほかの3枚のクレジットカードでキャッシングをしました。

ご存知のようにキャッシングは金利が高いのです。

膨大な請求額をキャッシングで乗り切ったものの、新たに高金利な借金をしたことになります。それでもFさんは、ベラジョンカジノでの雪辱戦を続けました。

今度はそのキャッシングの請求を引き落とすために、清算が済んだ最初の3枚のクレジットカードでキャッシングをします。

その次はその裏返しです。

あとから使ったクレジットカードのキャッシングで、その前のキャッシングとベラジョンカジノへの入金で使った分の請求を支払うのでした。

いうなればFさんは「借金を借金で返し、その借金を返すためにさらに借金を繰り返す」最悪の事態に陥ったのです。

そのころには精神的にもズタズタになり、会社の仕事にも悪い影響が出て個人の営業成績も甚だしく悪化しました。

その結果、なんと減給されるという事態になります。もはや、借金地獄の真っ只中です。借金した金利は金利を生み、さらに借金を増やします。

借金の総額が膨れ上がって、もう自分一人でこの借金問題を解決することができなくなったのです。

親御さんに借金の事実を打ち明けて泣きついたところ、年金生活の両親には貯金もなく借金を肩代わりすることはできませんでした。

ベラジョンカジノの借金を債務整理へ

もはや弁護士に相談する以外の道はなくなりました。

借金問題に詳しい弁護士に相談し、結果的にFさんは借金地獄の果てによくある「自己破産」という道を採りました。

ちょっとベラジョンカジノで最初に大勝ちしたばかりに、賭け金を上げていってクレジットで入金し、その結果借金疑獄に落ちて破産宣告につながったのです。

オンラインギャンブルが人生に大いなる悪影響を及ぼした悲惨な物語でした。

借金地獄を避けてベラジョンカジノを楽しむための心構え

ベラジョンカジノ自体は違法ではなく、また賭け金としてベラジョンカジノに入金した額以上に賭けることはできません。

レバレッジが利かないので、本来は所持金を超える賭けにはならず、安全に遊べるはずなのです。

しかし、手軽に自宅のPCやスマホでゲームのように楽しめるうえに、クレジットカードという曲者のおかげで、金銭をやり取りする感覚が希薄になります。

その結果は目に見えない形での後払いとなるクレジットカードで、湯水のようにお金を注ぎ込んでは負けて熱くなるのです。

気が付いたら借金地獄が口を大きく開けて待っています。そうならないために、あらかじめ心しておくポイントを紹介しましょう。

借金地獄の回避方法①:ビギナーズラックで勘違いしない!

ビギナーズラックはギャンブルの初心者にはありがちです。それは才能ではありません。勘違いしてギャンブルの才能ありと思ってはだめです。

誰でも起こり得ることだと認識して楽しむことで、思い上がった博才妄想に囚われることを避けましょう。

妄想に襲われなければ、ゲーム感覚で節度を持って楽しめるのです。

借金地獄の回避方法②:クレジットカードを使わない!

特に、真面目で負けづ嫌いな人は、ギャンブルの負けを一人で抱え込んでしまい、多額の借金を背負うケースが良く見られます。

借金ができた人の事例や、ギャンブル依存症、オンラインカジノ中毒にならないために必ずこうするべきだと言うことではありませんが、借金を作るまでのめり込むことは防げるでしょう。

カードローンなどで意識的に借金をしなければ、借金地獄にハマることはないでしょう

ベラジョンカジノを始めるときに、少し面倒ですが海外決済サービスにベラジョンカジノ用の専用口座を作って取り組みましょう。

そうしておけば、ベラジョンカジノで遊ぶための資金の入金は、日本の銀行からその専用口座への振り込みになります。

クレジットでベラジョンカジノへの入金を行いさえしなければ、さすがに歯止めがかかるというものです。

現金か貯金がなければそれ以上は賭けられない、ギャンブル本来の姿といえるでしょう。

借金地獄の回避方法③:賭け金を上げない!

ギャンブルというものは熱くなるとレートを上げたくなりがちです。ベラジョンカジノなどのオンラインギャンブルだと、なおさらゲーム感覚で気軽に上げてしまうのかもしれません。

しかしそれが借金地獄へとつながるのです。

勝っているときに賭け金を上げるのはまだよいほうです。勢いがあるので、ある意味理に適っています。しかし、ベラジョンカジノで負けが続いているときにそれを取り戻そうと賭け金を上げるのは、最悪のシナリオに向かうだけです。

もう自分をコントロールできていないので、そういう状態ではなおさら勝てるわけがありません。

借金地獄の回避方法④:自己規制をかける!

ベラジョンカジノには、「自己規制」という機能が存在します。

自己規制とは、プレイヤー自らがプレイ時間、入金金額の上限を決め、上限を超えるとそれ以上遊ぶことができなくなるものです。

自己規制を使用することで、オンラインカジノで借金まみれになることを防いでいきましょう。

ベラジョンカジノで借金を負わずに安全に稼ぐ!

ベラジョンカジノ自体は上手に遊べば安全で合法的なギャンブルです。

悲しいことにオンラインカジノで借金を背負ってしまった人は存在します。ただ、借金地獄にハマる人には共通点があり、対策も存在します。

しかし取り組み方一つで借金が借金を呼び、もがけばもがくほど底なしの借金地獄にハマる危険性もあります。

そうならないようには、ビギナーズラックに恵まれたといても博才があるなどと勘違いしてはいけません。一度踏み入れたらなかなか抜け出すことは出来ず、借金だけが重なる一方です。

また、決してクレジットカードで入金をしないことです。そして、賭け金を上げていかないように徹すれば、借金などせずに健全な範囲でギャンブルを楽しめるのです。

オンラインカジノが世界的なブーム、賞金額が大きいことから、借金を抱えた人がカジノで一発逆転を狙う人もいますが、オンラインカジノで借金返済などは考えないようにしましょう。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!