ベラジョンカジノの詐欺とイカサマの噂を検証します。悪質カジノのイカサマ・詐欺手法と種類

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の図解で詳しく解説。3,000円分の無料プレイ可能!

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

Slider

日本国内でも高い人気を誇るベラジョンカジノでは「詐欺だ!イカサマだ!回収モードだ!」だと言っている人がいますが、そのベラジョンカジノの詐欺疑惑を検証します。

信頼のおけるサイトであるはずのベラジョンカジノで詐欺にあったという噂です。

ベラジョンカジノの詐欺、イカサマ疑惑についての真相と真実、噂流出の原因をこれから解明していきたいと思います。

近年注目が集まっているオンラインカジノには「詐欺ではないか?」という噂が流れているところも数多くあります。

実際にどのような詐欺があるのかを、まとめながら、本当にベラジョンカジノが信頼できるのかを検討してみましょう。

そして、ベラジョンカジノがイカサマ・詐欺ができない理由も解説します。

オンラインカジノの悪質・イカサマ行為の手法

さまざまな手法を悪用する詐欺的なオンラインカジノが存在しています。まずは、その代表的な手法をとり上げてみましょう。

オンラインカジノにおける、詐欺のパターンを分析してみました。

  • 故意に支払いを遅らせる、支払いを難しくさせている
  • 不払い、支払拒否
  • 勝ちの無効化
  • 不正ソフトの使用
  • カード不正請求
  • 顧客情報漏洩

といった詐欺的・犯罪的行為を行っています。いわゆる「悪質カジノ」です。残念ながらオンラインカジノでの詐欺・不正は数多くみられるのが現実。

オンラインカジノはお金を扱うサービスであるため、運営側が詐欺や不正をおこなうことがよく見受けられます。

詐欺①:故意に支払いを遅らせる、支払いを難しくさせている

カジノのチップをすぐに換金できなかったり高い手数料を取られてしまったりするケースです。

故意にカジノ側の説明がわかりにくくなっている場合や誤解してしまうような記述なのは、まだマシなほうで最初の説明どおりに支払いの手続きを行わないようなところすらあります。

数年前には「必ず事務手続きをミスして、ユーザーがいちいち催促しないと処理が進まない」という笑い話のようなところもあったそうです。

詐欺②:不払い、支払拒否

払い戻しを求めても、なしのつぶてで連絡がつかなくなってしまうところや換金の段になってから、突然「お客様の地域ではサービスを提供していない」「お客様は不正が疑われるので審査を通過しないと支払えない」などの理由を付けて支払いを拒否するものもありました。

詐欺③:勝ちの無効化

画面上では確かに勝っているのに、その勝ち分があるタイミングで無効化されてしまうというものです。多くの場合、勝ちの全部が無効化されるのではなく、勝っているうちのいくつかが無効化されるという手口です。自分できちんと管理していないと「勝っているはずなのに、思ったよりもクレジットが溜まっていない」という形になります。

詐欺④:不正ソフトの使用

まったく勝てないように調整することや特定の人だけ活用に調整するということも行われます。新規のカジノ利用者に対しては、比較的勝たせた後、のめり込むと勝率を減らし、離れそうになると少し勝たせるといった調整まで自動で行うものもあるそうです。

詐欺⑤:カード不正請求

カード情報が勝手に使われて、不正請求をされてしまうというものもあります。そうした詐欺を働くところを利用したばかりに、見に覚えのない請求がきてしまうという形です。

詐欺⑥:顧客情報漏洩

オンラインカジノの利用者情報は、高値で取引されるという事情があります。オンラインカジノの拠点は国内の個人情報に関する法律が及ばない海外になっていますから、そうしたところが好き勝手に個人の情報を漏らした結果、詐欺などのターゲットのリストとして悪用しているというケースもあります。

悪質な詐欺オンラインカジノを利用しない方法

詐欺や不正から身を守り、オンラインカジノを安心して利用するためには、押さえるべきいくつかの基本的なポイントがあります。

  • 運営元が企業としての実態はあるのか?
  • きちんとしたライセンスを保有しているのか?
  • 第三者機関のチェックを受けているか?

最低限、これらは確認しておきたいところです。

特に詐欺を働くようなところですとペーパーカンパニーが運営しているケースも多く、ちゃんとした企業としての実態があるかどうかは大きなチェックポイントです。

しかし、一般的に知名度の高いカジノを選んだ場合、インチキ・イカサマや詐欺的な経営の心配はほとんどありません。

安全なカジノサイトであれば、まず詐欺や不正はおこなわれないと思って問題ないでしょう。

「ベラジョンカジノは、詐欺」の噂を信じないこと!

ベラジョンカジノのネガティブな評価が少ないことは、ツイッターの口コミを見れば明確です。

ベラジョンカジノは、登録から入出金、プレイまで全てコンピューター上(スマホやタブレット上)で行われるため、騙されないか?や詐欺が多いのではないか?と不審に思われる方が多いです。

負けた人の憂さ晴らしに近いベラジョンカジノの詐欺被害についての口コミや評判を見かけることもあり、さらに不安を募る状態となっています。

これからベラジョンを始めようと思っている人にも口コミも参考にしましょう!

ベラジョンカジノが詐欺だ!と思っている人は、良い口コミも悪い口コミも包み隠さず掲載されているツイッター、余裕のあるときに気になるベラジョンカジノの評判を探してみるときっと情報が見つかると思います。

オンラインカジノには、詐欺疑惑やイカサマ評価がつきものです。負けた時こそ「詐欺だろ…!」と思う方も多いため気持ちはよく分かります。

ベラジョンカジノは、詐欺カジノではない理由

オンラインカジノ上で詐欺等の犯罪を犯すことはとても至難の技であることは説明しましたが、具体的にはどのようにしてその安全性が守られているのでしょうか。

詐欺ではない理由①:上場会社が運営している

ベラジョンカジノの場合、マルタ共和国に本社を置く「Dumarca Gaming Limited」が運営しており、ここの親会社はロンドン証券取引所へ株式公開しているJackpotjoy PLC という企業でした。

この企業は2015年にトロント証券取引所に上場しているIntertain Group Ltdに8910万ユーロという高値で買収されています。

通常、怪しい経営の場合やブランドの評価がなければ買収はされませんし、評判が悪ければ企業再編後には整理されるのが普通です。

しかし、買収を経てもベラジョンカジノというブランドがそのまま残っていることを考えると業界でも一定の評価があると見ることもできるでしょう。

ベラジョンカジノは上場企業の傘下の企業ですから、不正や不祥事は株価などにも影響を与えかねません。

そうした点からもベラジョンカジノは、詐欺行為を行えるようなところではないといえるでしょう。イカサマや詐欺など不正行為の心配せずに安心して遊べるオンラインカジノといえます。

詐欺ではない理由②:第三者の監査機関によって認証

ベラジョンカジノは、Gaming Laboratories International (GLI)やNMiといったカジノの公正性を調べる第三者の監査機関によって認証されており、その点でも信頼性があるといえます。

法的なライセンスに関してですが、ベラジョンカジノはマルタ政府によるMalta Gaming Authorityの規制の下で、ライセンス発行と認可を受けているとしています。

このマルタMGAライセンスは審査が厳しいことで知られており、取得後も継続的に厳しいチェックが入るため、このライセンスを取得しているというのは安全性が高い証ともいえるでしょう。

この審査を受けるためにもお金と時間がかかるため、詐欺サイト運営のためには利用されにくいはずです。簡単には発行されないライセンスだからこそ信頼性が高いといえます。

ベラジョンカジノは正式なライセンスを持ち第三者の監査を受けている企業ですが、こうした企業が不正を行った場合、ライセンスの没収など失うものは非常に大きくなります。

そのようなリスクを背負いベラジョンカジノが詐欺やイカサマをする理由はありません。つまりベラジョンカジノは、詐欺やイカサマがない安心して遊べるオンラインカジノと言えます。

さらにベラジョンカジノは、ゲームの設定を変更することもできないため、詐欺やイカサマをできない構造になっています。

世界各国のプレイヤーを持つわけですから詐欺を働くのではないか、詐欺の被害を受けた人も多いのではないか、このようなイメージを持つ人もゼロとは言い切れません。

考え方などによりベラジョンカジノは詐欺を働くオンラインカジノなどのイメージに繋がらないとは言い切れません。

しかし、マルタ政府からのライセンス取得だけでなく、ベラジョンカジノでは第三者機関による監査を受けているのも特徴で、この機関により透明性が証明されているなどからも詐欺の被害に遭った人はゼロと言われているのです。

全ての「日本語対応のオンラインカジノ」は、詐欺がなく安全なのか?

日本人としては、英語だらけで内容が分からないサイトよりも、日本語に対応したオンラインカジノについ安心感をおぼえてしまいがちです。

しかし、日本語に対応しているからといって安心とは限りません!むしろ日本人を狙った詐欺である可能性も。

日本語対応かどうかに関わらず、信頼できるオンラインカジノかどうかは必ず確認しましょう。

安全にオンラインカジノを遊ぶためのセキュリティチェック

オンラインカジノのセキュリティも気を付けましょう。特にオンラインカジノは、お金に直結する情報を扱いますから、サイトのセキュリティも評価するべきポイントです。

詐欺を働くサイトなどては情報を抜き取ることや取引情報を改ざんするようなことが考えられます。

ベラジョンカジノの場合、クレジットカードの情報は暗号化されたうえで決済処理代行会社に直接渡しシステムに保存されない形になっています。

また取引の参照データは、トークンという形で取引記録として保存されるので不正がしにくくなっています。

ベラジョンカジノの詐欺疑惑と噂の真相

ベラジョンカジノの詐欺疑惑は、インターネット上の口コミによるものです。

オンラインカジノはその名の通りインターネット上で行われるカジノです。ベラジョンカジノの詐欺疑惑の噂が流出したのも同じくインターネット上の口コミ、そして悪評の1つです。

結果としては、何を根拠にベラジョンカジノが詐欺だということは、明確に記された記事はひとつもありませんでした。

関連した記事といえば、詐欺をする方が困難であるといった内容のものばかりです。

ベラジョンカジノの詐欺の噂が広がる理由

ベラジョンカジノで負けた人が「ベラジョンカジノは、勝てない」、「ベラジョンカジノは詐欺だ」「ベラジョンカジノはイカサマ」とネット上で発信します。

ベラジョンカジノをこれから始める人がそれらを目にする。

これからが繰り返されることによってネット上では「悪い評価」となり、ベラジョンカジノは、詐欺だ!と本当に詐欺をしていなくても噂は広がり、第三者の情報は、口コミとして受け止めてしまうのです。

ベラジョンカジノのなりすまし詐欺に注意

実は検索サイトで「ベラジョンカジノ」と検索すると、マルタ政府によるライセンス情報に記載のないURLのサイトが出てきます。

このサイトとベラジョンカジノとの関係性は不明ですが、なりすましサイトなどの可能性も否定できませんから、「詐欺」として警戒するのも無理がないといえるでしょう。

こうした怪しいURLを避けてベラジョンカジノを利用したい場合は、信頼できるところからリンクをたどりライセンス登録されているところに行くことをおすすめします。

「ベラジョンカジノは、詐欺」という口コミや評判には根拠がない

オンラインカジノの評価するときに重要なのが口コミです。実際に支払いまできちんとできたのか、また誤魔化しなどはなかったのかという点は、実際の利用者の声をチェックしておきたいところです。

ただしカジノであるという性質上、負けこんでいる人が憂さ晴らしで悪評を書くこともありますので、そうしたものを省く必要があります。

また逆に過度な宣伝なども差し引いて、できるだけフラットな立場からの口コミを探してみるのが大切です。

実際、いくつかのベラジョンカジノの評判を確認してみたところ、ギャンブル依存症対策などの絡みで使いにくさを感じる場合やアカウント関連で厳しい対応や出金の手続きが難しいという口コミが見つかる反面、仕組みさえ理解すれば出金もスムーズに進むという評判が目につきました。

ベラジョンカジノの詐欺疑惑を晴らす様な内容ですが、決してベラジョンカジノを擁護するためのものではありません。

要は、誤った情報には根拠がないということです。誤った情報を信用して真実を見失う前に何事も自身の目で確かめる必要があるということです。

公の場で認められるものには大勢の利用者がいます。その一人ひとりがそれぞれの感想をもつ訳です。良い感想をもたなかった者がそれを他言するとそれが悪評となり拡散されます。

しかし、真実は自身の中にただひとつです。それは他者からの情報を「信用するか否か」より、自身で「何を感じるか」にかかってくることに間違いありません。

ベラジョンカジノは詐欺ではない理由(支払方法編)

現在のベラジョンの支払方法を確認してみましょう。ベラジョンカジノは支払方法も多様です。2019年現在、以下のような支払方法が用意されています。

  • VISAクレジットカード
  • Masterクレジットカード
  • エコペイズ(ビットコイン対応)
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット

こうした複数の支払方法を用意するのは実は結構大変なことです。詐欺などを前提とした悪徳サイトでは、なかなかそこまで手をかけるケースが少なく、まっとうなサービスを提供している証拠の一つであるという見方もできるでしょう。

詐欺などの危険性があるのではと、疑心暗鬼になる方も安心して入金・出金して頂いて大丈夫です。

ベラジョンカジノは詐欺ではない理由(出金条件編)

ベラジョンカジノには出金条件があります。その点を理解しないと詐欺のように感じるケースがあるかもしれません。ベラジョンカジノの出金条件には以下のようになっています。

  • 入金時と同じ手段で出金
  • 入金額以上のベットが必要
  • 本人確認
  • ボーナスは20倍ベットしなければ出金ができない

入金時と同じ手段で出金をするの必要がある場合や入金額以上のベットが必要というのは、入れたお金をそのまま引き出すということができない形です。

マネーロンダリングなどに悪用されるのを防ぐためでしょうが、入金額の全部を使い切らないうちにはなかなか辞めにくい形になっています。

本人確認もカジノの仕組みが悪用されないためのカジノ側の防衛策だといえるでしょう。

中には、あえてこうしたところを甘くしてでも、お金を集めようとしている怪しいところもあるようですが、その点ベラジョンカジノはしっかりしているという見方もできます。

ボーナスに限り20倍ベットしなければ出金ができない仕組みは、大盤振る舞いしているボーナスで遊んでもらうことを前提にしているわけで、ボーナスを重要視するライトユーザーなどをじっくり遊ばせる仕組みになっていると見ることもできます。

ベラジョンカジノではキャッシュとボーナスが別々に管理されており、出金条件を満たすためにカウントされる賭け金の割合がゲームによって異なっていることもあるので、仕組みを理解していないとなかなか思うように換金できないと感じるユーザーもいるでしょう。

詐欺とは真逆の健全性「自己規制システム」搭載!

世界的にギャンブル依存症が問題になっていますが、ベラジョンカジノの場合は自分で利用制限を設定できる自己規制設定のシステムがあります。

一定期間内の入金額の上限を設定できる「入金制限」やログインごとのプレイ時間を制限する「時間制限」、一定期間の入金額に対する負け金額の上限を設定できる「ロス制限」などなど、適度に遊ぶための仕組みが用意されています。

これらはユーザーに、健全に遊んでもらうための仕組みです。こうしたシステムに力を入れる姿勢というのは、詐欺とは真逆の方向性だといえるのではないでしょうか。

詐欺などの疑惑よりもむしろ信頼できる情報の方が圧倒的に多いことがわかります。

ベラジョンカジノは詐欺と思われる場合もありますが、上記の内容を考えれば詐欺ではないといえるでしょう。

ベラジョンカジノは、詐欺やイカサマと言われている理由、詐欺やイカサマができない理由が理解できたと思います。

「ベラジョンカジノは、詐欺だ!イカサマだ!回収モードだ!」と言っている人は、ベラジョンカジノで大負けしている人なんだろうなーと思ってください。

詐欺もイカサマもない健全にオンラインカジノを遊びたいのであれば、ベラジョンカジノがおすすめです。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!