ベラジョンカジノは、合法なのか?違法なのか?を解説します

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の図解で詳しく解説。3,000円分の無料プレイ可能!

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

Slider

ベラジョンカジノは、違法?合法?という疑問について解説します。日本人プレイヤーに人気の高いオンラインカジノにベラジョンカジノがあります。

ベラジョンカジノは、カジ旅と並んでオンラインカジノの二大巨頭であり、初心者でも親しみやすい雰囲気と操作性は、カジノプレイヤーからは絶大な人気があります。

オンラインカジノに興味がある!っていう人は日本中にたくさんいらっしゃると思います。しかし、ひっかかる部分に『オンラインカジノって違法なの?合法なの?安全なの?』という点があるのではないでしょうか?

ベラジョンカジノを始めるにあたって、気になるのがベラジョンカジノは合法なのかそれとも違法なのかということでしょう。

違法であるとすれば、どのような罪に問われるのかも気になるところです。ベラジョンカジノの合法性についてアプローチします。

ベラジョンカジノ問わずオンラインカジノは違法な賭博にあたるのか?という点ですが個人でオンラインカジノを楽しむことは違法ではありません。

『オンラインカジノの違法性』についても詳しく解説してみました。

「統合型リゾート整備推進法案」と「日本のカジノ」

日本において、カジノは発展途上の段階にあります。しかし2016年12月、統合型リゾート整備推進法案、通称カジノ法案が成立したことで大きく流れが変わりました。

2018年7月20日、いよいよ「特定複合観光施設区整備法」(IR整備法・カジノ整備法)が成立し、ついに日本でもカジノが合法化することが確実となりました。

IR整備法やその関連資料を入念に調べたところ、特にカジノが合法化されてもオンラインカジノが規制されるような心配は要らないと思われます。

カジノ法案は、カジノを解禁するための法律と考えられることも多いのですが、あくまで目的は観光客を集めることにあります。

観光客を集めるツールがカジノ施設を含んだ統合型リゾートであり、2019年の時点では横浜にカジノが建設される方向です。

また曖昧な立ち位置にあるオンラインカジノの法律性についても、カジノ法案による法整備の際になんらかの言及があるのではないかと注目されています。

もし新しくオンラインカジノに関する法律が制定されれば、オンラインカジノが合法となる可能性もあれば違法となる可能性もあります。

カジノ法案(IR法案)も可決

カジノ法案(IR法案)も可決されたことにより将来日本にランドカジノが設立されることも確定しています。その中で、オンラインカジノに関する法整備はどのように進んでいくのでしょうか?

オンラインカジノは合法化に進んでいくのではないでしょうか、理由として『国の財源確保のために合法化に進むのでは』という部分があります。

実際に、ヨーロッパなどのオンラインカジノが合法の国ではオンラインカジノで得た収益を財源として組み込んでいます。将来、日本もヨーロッパ同様、オンラインカジノを財源に組み込むことも十分考えられるのではないでしょうか?

世界のカジノは、「合法化」に向けて進んでいる

日本では2016年にカジノ法案が成立したばかりですが、世界ではすでにカジノが合法化されている国々が多く存在し、オンラインカジノを合法化している国は世界中で約200ヵ国あります。

代表的な国で言えばカナダ・フランス・オーストラリア・香港などですが、ランドカジノ(海外で楽しめる陸上カジノ)がある国ではカジノが合法化されているのと同様に、オンラインカジノも合法化されている国が多いようです。

非合法の国でも、多くの国で合法化に向けた法整備が着々と進んでいます。

日本でもカジノ法案が通りましたので、今後は国内にランドカジノができることになります。そうすると他のオンラインカジノが合法の国と同じようになる可能性もあります。

ベラジョンカジノが違法でも合法でもない理由

オンラインカジノ自体は違法な賭博にあたりません。

オンラインカジノは違法でも合法でもないのかというと、現在の日本に「オンラインカジノ自体を明確に裁くための法律がないため」です。

結論だけ現在の段階では、オンラインカジノは違法でも合法でもありません。

  • 海外のオンラインカジノ自体に違法性はない
  • 日本から海外のオンラインカジノをプレイすることについては、法律で定められていない
  • 法律がない=はっきり裁くことは難しいが、違法でも合法でもない

いわゆるグレーゾーンなどとも呼ばれるような状態となっています。

オンラインカジノは、法律のグレーゾーンですが、それはあくまで海外で合法的に運営されているオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」も同じです。

オンラインカジノ自体が違法ではないのか?と言えば、オンラ大手のオンラインカジノは、各国政府や自治領からの運営許可証(ライセンス)を受けてオンラインギャンブルが合法とされている海外で運営を行っています。

つまりオンラインカジノの運営会社の存在自体にはなんら違法性はないのです。

オンラインカジノを運営している会社は『オンラインカジノが合法の国で運営されている』『運営ライセンスを取得している』この条件をクリアしているため、個人でオンラインカジノを楽しむこと自体は違法にならないのです。

現在、ベラジョンカジノで使われる決済サービスはすべて海外を拠点としております。もちろん大元であるベラジョンカジノは海外会社が合法的に運営しているので安心です。

現在、ベラジョンカジノで使われる決済サービスもすべて海外を拠点としています、ベラジョンカジノは、海外会社が合法的に運営しているので安心です。

ベラジョンカジノは、マルタ共和国のライセンス保持の海外で上場している企業です。このことからわかるようにオンラインカジノ自体は合法です。

ただし、オンラインカジノが合法か違法かという見解は、ネット上はもちろん専門家(弁護士)の間でも意見が分かれているので判断するのは難しいと思います。

「オンラインカジノのための法律」が存在しない!

合法とも違法とも言えない”グレー”なベラジョンカジノで、逮捕されて捕まる可能性があるのか?について説明します。

日本国内には、海外で合法的に運営されているものに参加した場合それを禁じる法律はありません。カジノ法案が成立する一方で、オンラインカジノのための法律というものは存在しません。

そのため、ベラジョンカジノは合法なのかという質問に対しては、そもそもオンラインカジノに関する法律が存在しないためYesともNoとも答えることができません。

グレーゾーンであるというのが答えになります。

刑事事件の考え方に、疑わしきは罰せずというものがあり、グレーゾーンであるオンラインカジノで罰せられる可能性は低いといえるでしょう。

ベラジョンカジノを日本でプレイしても逮捕されない理由は、オンラインカジノのような合法・違法の判断が難しい事件では、裁判の意思を示せばほぼ100%起訴は取り下げられます。

日本でオンラインカジノをプレーすると違法?合法?

オンラインカジノ自体は、違法ではないという事がご理解頂けたと思います。次に日本人が国内でオンラインカジノをプレーする行為が違法なのか?合法なのか?という問題を解決していきましょう!

答えは『違法でも合法でもない』というのが正しい解釈になります。いわゆる『グレーゾーン』です。

日本ではまだオンラインカジノに関する法整備が整っていないのが現状です。極端な言い方をすると、現在の日本の法律では裁くことができない。というのが現状です。

そのため、オンラインカジノは違法でもなく、合法でもないグレーゾーンとなるのです。日本ではインターネットに関する法整備に関して後れをとっており、ベラジョンカジノも法律のグレーゾーンに該当します。

現在、日本国内でオンラインカジノを取り締まる法律はありません。

オンラインカジノは「賭博罪」に該当しないのか?

インターネットに関する法整備が不十分であっても、賭博罪に当てはまれば違法となるのではないかという疑問がここで生じます。

賭博とは、金品を賭けて勝負を争う遊戯のことでギャンブルのことをさします。

しかし厳密にいうと、賭博には合法的に認められているものもあり、それを逸すると賭博および富くじに関する罪で逮捕されることがあります。

賭博の成立条件とは?

賭博が成立するには、双方のリスクがあることが前提です。たとえば、旅行券やアイスクリームチケットなどの景品を賭けて行うビンゴゲームなどは、主催者側にしか負担がないので賭博には当てはまりません。

公営ギャンブルの合法性

パチンコなどのギャンブルに関してどうなのかというと、営業許可が出ていることから合法的に認められた賭け事となります。

宝くじの合法性

通称宝くじ法と呼ばれる、当せん金付証票法によって、宝くじの合法性も確保されています。

公営競技の合法性

競馬や競艇など公営競技の場合、競馬法やモーターボート競争法などそれぞれに法律が制定されているため、それに逸していなければ合法性が確保されています。

国内ギャンブル『パチンコ・スロット』は、グレーゾーン

一番身近にあるギャンブルと言っても過言ではない『パチンコ・スロット』も法律上合法でもなく、違法でもない『グレーゾーン』だという事実を知っていますか?

国営ギャンブルである競馬・競輪・競艇・LOTO・宝くじ(宝くじはギャンブルといってよいのだろうか…)は完全なる合法にあたります。

しかし、『パチンコ・スロット』は国営ギャンブルではありません。

個人間での賭け事で逮捕されるのか?

オープンに行われている賭博では、それぞれに法律が制定されており、合法性が認められています。

しかし注意しなくてはならないのは、個人間で賭博を行っていた場合、各法律で保護されることなく賭博罪の定義に当てはまってしまうということがあります。

そうなると逮捕される可能性も0ではなくなってしまいます。ですが、数百円程度の賭博や単発での賭博ではすぐに逮捕される可能性はかなり低いです。

ただし、賭博行為が断続的に行われた場合や賭ける金額も大きくなれば、賭博罪での逮捕の可能性が高くなると言わざるを得ません。

賭博で逮捕された場合の罪の重さは?

賭博で逮捕された場合の罪の重さは、段階的であり、単純賭博罪、常習者賭博罪、賭博場開帳等図利罪があります。

単純賭博罪

単純賭博罪の刑罰は、50万円以下の罰金または科料と、罰金刑のみです。身柄拘束は長引かず、略式命令で罰金を支払えば刑事事件が終了することが多くなっています。

常習賭博罪

常習賭博罪は、3年以下の懲役と懲役刑のみしか用意されていません。逮捕後身柄を拘束され続ける可能性が高く、起訴されると実刑判決を受けて刑務所に入れられる可能性も十分にあります。

賭博場開帳等図利罪

賭博場開帳等図利の罪は重く、3ヶ月以上5年以下の懲役刑となります。常習賭博罪と同じく、逮捕後身柄を拘束され続けることが多いです。

海外のカジノを日本でプレイするのが「合法オンラインカジノ」

賭博に関する罪は日本国内のみで適応されるものです。

オンラインカジノのサーバーは海外にあり、オンラインカジノ自体は海外の企業で合法的に運営されています。

オンラインカジノでは海外にアクセスし、日本国内からプレイするため、海外にあるが、プレイヤーは日本にいるという構図が成り立ちます。

このため、日本でカジノをプレイしているから賭博罪にあたるという意見もあれば、賭け事は海外で行われており賭博罪にはあたらず日本にいるプレイヤーは、パソコンの画面をクリックしているだけだという意見もあります。

この2つの意見には、どちらの理由にも納得ができる部分があり、オンラインカジノと法律に関しては決着がつかないままの状態です。

『賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とする』という事が前提

オンラインカジノは、完全に違法のように見えますが、法律には『賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とする』という事が前提にあり、取り締まる警察の賭博事犯捜査実務でもしっかりと書かれているのです。

つまり『胴元を検挙することが前提であって、胴元の検挙なくして賭博法の成立はない』ということです。

オンラインカジノの胴元(運営会社)は、合法的に運営することができる『海外』に存在します!さらにその国の運営許可書(ライセンス)をしっかりと取得しています!

『運営者側が海外で合法的に運営されているオンラインカジノサイトであれば、日本国内でプレーしても違法にはならない』という事になります。

外国で、その国や地域の法律に基づき合法的に運営されているオンラインカジノに、日本の警察が取り締ることはできないのです。

「違法インターネットカジノ」と「合法オンラインカジノ」の違い

ベラジョンカジノの合法性を紐解くにあたり、インターネットカジノとオンラインカジノに関しても知っておく必要があります。

両社が似たような響きなので間違えやすいのですが、この2つはまったく別物です。

オンラインカジノはグレーゾーンではあるものの合法の範囲内といえますが、インターネットカジノは裏カジノや闇カジノなどと呼ばれているもので、摘発の対象となります。

インターネットカジノの特徴

インターネットカジノではスロットやバカラなどを、インターネットを通して遊ぶことができ、この点はオンラインカジノと同じです。

異なるのは、店舗で客にプレイさせその場で現金精算などができるカジノであるという点で、賭博法に触れてしまうポイントです。

オンラインカジノの特徴

オンラインカジノもインターネットを通して、カジノゲームをプレイすることができます。

運営は、海外の合法ライセンスを取得している会社が行っており、店舗を提供するのではなく自社のウェブサイトでカジノを提供する点がポイントです。

「オンラインカジノを合法に楽しむ」のポイント

日本人がオンラインカジノをプレイするうえで最も気を付けなければならないことは、海外で合法的に運営されているかどうかを確認することです。

  • カジノが日本で運営されていないか
  • サーバーは海外にあるか
  • 海外会社の運営でライセンスを取得しているか

合法に楽しむチェックポイントを確認しましょう。その中でも特にサーバーが海外にあるかには、要注意です。

ベラジョンカジノの登記住所は The Emporium, Level 4, St Louis Street, Msida MSD 1421, Malta。つまり国はマルタ共和国となっています。

サーバーはアメリカのアリゾナ州にあるので、運営会社・サーバー共に海外のカジノ合法国にあり、日本でプレイしても問題ありません。

日本国内のサーバーでオンラインカジノサイトを運営するということは、日本でカジノを運営しているのと同じことになります。

賭博罪ではなく、お金を賭ける場所を提供する賭博場開張図利罪にあたり違法となってしまうため、プレイしてはいけません。

また合法的に運営されているかどうかを見極めるためのポイントは、海外のライセンスを取得しているかどうかを確認することです。

ただ、ライセンスの取得基準は国ごとに異なり、必ずしも運営が安全なカジノを保証するものではありませんが、法律上問題のないラインであるということはいえるでしょう。

インターネットカジノの逮捕事例

過去には、実際にインターネットカジノで逮捕された例があるので紹介します。

インターネットのカジノサイトで、客に賭博をさせた常習賭博の容疑で大阪のネットカジノ店の従業員計5人が現行犯逮捕されました。当時客として賭博をしていた計6人も賭博容疑で現行犯逮捕されています。

このケースでは、日本国内においてインターネットカジノができる場所を提供していた運営者が、違法営業となります。またその店舗でインターネットカジノをしていたプレイヤーも違法行為の現行犯とみなされました。

このような違法な賭博店は、警察が目をつけていることも多く、客として利用していただけでもどのタイミングで警察がやってくるかわかりません。

オンラインカジノの逮捕事例

オンラインカジノに参加している人は国内でも随分前からおり、合法・違法の論争がなされながらもこれまで逮捕者が出たことはありませんでした。

しかし、2016年にはオンラインカジノを利用した日本人プレイヤー3人が逮捕されたという事例もあります。オンラインカジノにおける法律が制定されていないにも関わらず逮捕の事例があるという事実は知っておくべきでしょう。

このオンラインカジノのポイントは日本人ディーラーを採用したライブカジノゲームという点でした。ライブカジノを楽しめるオンラインカジノはたくさんありますが、日本人をディーラーとして起用しているのは珍しいことです。

逮捕された3人は、この日本人がディーラーであるライブカジノをプレイしていました。また、ライブカジノでは開催時間を日本時間の夕方から深夜に設定するなど、日本人向けのサービスとしてはとても充実している特徴がありました。

このサービスがネックとなり、日本人向けのゲームを日本人がプレイしたという事実が、日本国内で日本人がカジノをプレイしたというように変換され逮捕となったと考えられます。

しかし、このシチュエーションからプレイヤーを逮捕するという流れに持っていくには不自然な点もあり、逮捕者が出たという事実を世間に広めることで、オンラインギャンブルに関する動きをけん制したかったのではないかといわれています。

海外で合法的なライセンスを取っていても、実質の運営内容は日本人に対してのものと認識されたのです。

逮捕されたからといってすなわち有罪になるとは限りません。事実この逮捕者は不起訴となりました。海外で合法的に運営しているものに参加し、それを禁じる法律はないと主張し、その結果不起訴となったのです。

現在のベラジョンカジノは、過去の不起訴になった事件から違法でも合法でもない”グレー”なのです。

合法なオンラインカジノを選ぶ方法

オンラインカジノの中には、ライセンスを持っていない企業が運営しているサイトや日本国内で違法に運営されているサイトもあります。

オンラインカジノをプレイする際は、そのサイト運営者が信頼できるかを自分で見極めなくてはなりません。

日本人向けをウリにしている、または宣伝しているオンラインカジノは、まず選択肢の中から外しましょう。日本人のディーラーがいたり、日本人専用のテーブルがあったりする場合は、要注意です。

オンラインカジノは、違法か合法か判断の難しいグレーゾーンであり、今後は逮捕・検挙の恐れもほぼないといっても、最低限、以下のような点に気をつけるべきでしょう。

  • 日本人専用のテーブルが存在するような、捜査対象となりやすいカジノを避ける
  • 表示名称がアカウントそのもののようなカジノは避ける
  • チャットに本人を特定されるような情報を書き込まない
  • ブログやSNSでプレイ内容を公開しない

実際にはスマートライブ以外のカジノでそのような特異的な状況は確認できないので、他のカジノで遊ぶ分には、よほどブログやSNSでプレイ内容を公開しない限り心配はないと思われます。

ベラジョンカジノは、合法のオンラインカジノ

オンラインカジノをプレーする上でまず皆さんに理解していただきたかった『オンラインカジノの違法性』について解説してきました。

ベラジョンカジノはインターネットカジノではなく、オンラインカジノであることが大前提です。

ベラジョンカジノは、マルタ政府による「Malta Gaming Authority(MGA)」のライセンスを取得し、合法的に運営されているので安全です。

そしてライセンスはマルタ政府のほかにも、イギリス市場向けのライセンスと、デンマーク市場向けのライセンスも取得しているといった特徴があります。

また Verajohn.comは、日本語と英語だけでなく フィンランド語、ドイツ語、 ノルウェー語など多言語に対応できるサイトであり、このことからも世界での信頼度をうかがい知ることができるでしょう。

オンラインカジノは日本で合法なのか、違法なのかという論点に関しても、ベラジョンは合法的な体制を整えているとされています。

オンラインカジノの合法性に関してはグレーゾーンであるというのが一般的な見解です。

またインターネットカジノとオンラインカジノは同じようなものあると考えがちですが、インターネットカジノは裏カジノなどといわれ、違法性があります。

しかしグレーゾーンであるオンラインカジノでも、過去にはプレイヤーが逮捕された事例もあるため、オンラインカジノそれぞれについての安全性などを自分で見極められるようになることは重要です。

ベラジョンカジノは、マルタ政府のほか、イギリス場向けとデンマーク市場向けのライセンスも取得しており、合法的な体制は整っているとされています。

非合法にライセンスを所得していない無免許のオンラインカジノは、悪質なオンラインカジノがないと言えないため、合法のオンラインカジノの選び方が大事になってきます。

信頼できる合法なオンラインカジノ選びにはベラジョンカジノをオススメします。そして「オンラインカジノは、海外で合法的に運営されているので違法ではない!」という事をご理解いただけたと思います。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!