マーチンゲール法を徹底解説!マーチンゲール法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

ベラジョンカジノのルーレットで勝てない人必見!ルーレット攻略に欠かせないルール、遊び方、必勝法を知ろう!勝率アップの方法も解説します

マーチンゲール法とは、オンラインカジノの攻略法・必勝法です。マーチンゲール方のやり方はとても簡単です。

オンラインカジノ他、すべてのギャンブル、投資の世界でもマーチンゲール法が必勝法として有名です。

マーチンゲール法は有効な攻略法なのでしょうか?

ルーレット、バカラ必勝法でもあるマーチンゲール法は勝てるのか?嘘?マーチンゲール法で勝てない人は必見です。

マーチンゲール法の特徴、掛け方の実践例、検証、シミュレーション結果を交え、マーチンゲール法を徹底的に解説します。

マーチンゲール法の使い方や利点、欠点や注意点もお伝えします。

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法は、倍賭け法ともいわれ、古くからカジノ必勝法として使われてきました。様々なベッティングシステムの基本となっている考え方なので、マーチンゲール法のメリット・デメリットを理解することは非常に大事なことといえます。

特に配当が2倍(勝率50%)のゲームに向けた攻略法で、連敗をどんなに重ねても1度の勝利で利益を得られる攻略法です。

何連敗しても、1度勝てばそれまでの負け分を取り戻し、1度の勝利で利益を得るできるのがマーチンゲール法です。

この方法が有効なゲームは勝率約50%、払戻し倍率2倍のゲームです。

マーチンゲール法と「相性が良いゲーム」を選ぶ

  • ルーレット:「赤/黒」「偶数/奇数」
  • シックボー:「大小」
  • バカラ
  • ブラックジャック

マーチンゲール法は、カジノゲームの中でも勝率50%、配当が2倍のものによく使われ「理論上は必ず勝つベッティングシステム」と言われています。

マーチンゲール法は、「独立事象」のゲームを選ぶ

マーチンゲール法を使う時、ゲームを選ぶときにもう一点確認しておきたいのが、「独立事象」のゲームかどうかです。

「独立事象のゲーム」とは、前のゲームの結果が次のゲームの結果に影響を与えないということ。

例えばルーレットで「赤」が出る確率は約50%です。前のゲームで「赤」が出ていたとしても、次のゲームで「赤」が出る確率は変わりません。

逆にブラックジャックなどの場合、残りのカードの状況によって次のゲームの勝率が変わるので「独立事象」のゲームとは言えません。

マーチンゲール法の名前の由来

マーチンゲール法という名前の由来は、昔、変わり者が多いとして有名だった南フランスのマーティギューという地方があり、このマーティギューの出身者が好んでこの倍々ベットを使用してはギャンブルに負けていたことから、それを嘲笑して「マーチィギューシステム」→「マーチンゲール法」となったらしいです。

マーチンゲール法の特徴

マーチンゲール法は、バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャックなど、勝率が約50%で倍率2倍のゲームに有効な方法です。すぐに理解できるシンプルな方法&1回の勝ちで損失を取り戻せるため、初心者~上級者まで幅広くの人に使われています。

カジノ経験者なら、誰もが1度は試したことがあるのではないでしょうか?

たしかに無限の資金があれば、理論上は必ず最後に勝つことができます。しかし、資金の問題以外に賭け金の上限設定という問題があるため、マーチンゲール法を使用する際には注意すべき点があります。

マーチンゲール法の賭け方

マーチンの賭け方はとても簡単で、最初に基本となる賭け金を決めてベットします。

負けたら、次のゲームでは、倍の金額をベット。負け続ける限りベット額は倍になりますが、勝った時は賭け金を最初に決めた基本金額に戻します。

これを繰り返していくだけで、例え連敗しても、一度勝てば負け分を取り戻せるという仕様がマーチンゲール法なのです。

それでは、マーチンゲール法の賭け方を説明します。まず最初に1単位を賭けます。

勝った場合は、次ゲームも同じ1単位を賭けます。
負けた場合は、次のゲームで2単位を賭けます。

勝った場合は、最初の1単位に戻り、負けた場合は次ゲームに4単位を賭けます。このように、1→2→4→8→16→32→64→128→256、、、と勝つまで賭け金を2倍にしていき、勝ったら最初の1単位に戻ります。

マーチンゲール法のシミュレーション

マーチンゲール法のシミュレーション通りに行けば「マーチンゲール法は、勝てばそれまでの負け分を取り戻すことができ、そして初期ベット額分プラスになる」システムベットといえるのです。

ゲーム数12345678910
賭金($)121248163264128
勝敗負け勝ち負け負け負け負け負け負け負け勝ち
払戻し($)040000000256
収支($)-110-2-6-14-30-62-1262

※最初に賭ける金額を$1とした場合

マーチンゲール法の流れ(使用例)

ここでは、実際にマーチンゲール法を実践してみたいと思います。今回は、ルーレットの赤黒に賭けてみます。まず最初に1単位(1ドル)を賭けます。

1-勝ち

今回は勝ちましたので、投資金額1ドル、回収金額2ドルで1ドルの利益です。勝った場合は、次ゲームも同じ1ドルを賭けます。

1-負け

今回は負けてしまいましたので、次のゲームで2ドルを賭けます。(累計金額:1ドル+2ドル=3ドル)

2-負け

2ドルで負けてしまいましたので、次は4ドルを賭けます。(累計金額:1ドル+2ドル+4ドル=7ドル)

3-負け

ここでも負けてしまいましたので、次は8ドルです。(累計金額:1ドル+2ドル+4ドル+8ドル=15ドル)

4-勝ち

やっと勝てました。これで、マーチンゲールが完了しましたので、次のゲームでは最初の1ドルに戻ります。

実践例の収支は、このようになります。

マーチン実践例収支

マーチンゲール法では、何連敗しても、全体の勝率が5割を切っても、最後に勝利して終われば収支がプラスになることが利点といえます。

今回の例ですと、2勝3敗と負け越しているため、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)だと1ドルのマイナスになります。しかし、マーチンゲール法では、マーチン完了時点で1単位分の利益が出るので、今回は2ドル(2単位)のプラスで終わっています。

マーチンゲール法の欠点

連敗していたとしても、1回勝てれば負け分を取り戻すことができるマーチンゲール法ですが、「絶対勝てる」わけではありません。

マーチン実践例収支

マーチンゲール法のシミュレーションの結果を見た通り、どれだけ連敗が続いても、一回の勝利で負けは必ず取り戻せます。

しかし、ゲームが続行できなくなる状況に陥った場合がマーチンゲール法の欠点となります。

マーチンゲール法は、テーブルの最大賭け額に注意が必要です。

賭け金が大きくなりすぎて、所持金が無くなってしまう。テーブルリミット(ベット金額の上限)を越えてしまって、それ以上の金額が賭けられなくなります。

マーチンゲール法は、「マックスベット(ベット額の上限)」にも注意

オンラインカジノは、1度にベットできる額に上限が設けられています。

オンラインカジノでゲームを選ぶ際、各ゲームごとに最小ベット額と最大ベット額が定められているので、この点は注意しておきましょう。

その上限ベット額以上にベットする必要が出てきた場合、マーチンゲール法は崩壊してしまいます。

試行回数が増えるにつれて、「数ドルの勝ちじゃ物足りないから、もう少し最初の賭け金を増やそう。」という誘惑にかられることもあると思いますが、必ず金額設定の前に「○連敗までは大丈夫。」「○連敗で損切りする。」とシミュレーションすることが大事になります。

ゲームが続行できなければ、それまでの「負け」は取り戻せません。

マーチンゲール法において「最大ベット額は、最大の欠点」となります。「テーブルリミット」は、どんなに資金があっても仕様上直面する問題のため回避できません。

マーチンゲール法を使用する場合は、最大ベット額を最も注意すべき点だと言えます。

マーチンゲール法より「短期的に勝ち逃げ」を狙う場合

マーチンゲール法の欠点である「堅実だが、勝ったときの利益が小さい」は、グレートマーチンゲール法で解決できます。

グランマーチンゲール法を徹底解説!グランマーチンゲール法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します

グレートマーチンゲール法は、負けるたびに前回の損失額の2倍を加算していくというやり方です。

マーチンゲール法は、勝った時に得られるプラス額は常に一定ですが、グレートマーチンゲール法では、連敗がかさむ毎に、取り返す金額も増えていくのが特徴です。

グレートマーチンゲール法は、賭け金が加速度的に増えていき、勝ったときの利益も後になるにつれて大きくなっていくので、大きな金額を儲けるにはとても美味しい攻略法といえます。

短期的に膨大な投資額を必要とするのでマーチンゲール法同様に資金残高に余裕のある方でないと価値ある攻略法とは言えません。

ただし、マーチンゲール法より短期的に勝ち逃げを狙う時は、グレートマーチンゲール法がおすすめです。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法の注意点について説明します。マーチンゲール法では、負けた場合に単位を上げていくわけですが、途中から急激に賭け金が上昇していきます。

例:9連敗して10回目に勝った場合

マーチンゲール

上の例の場合ですと、7連敗の時点で累計損失額は-127単位です。

次ゲームでは128単位賭けますので、1単位1ドルで始めた場合、この時点で255ドルを使っていることになります。「1回勝って1ドルの利益じゃ物足りない。」と1単位を5ドルで始めていたら、1275ドルです。

リアルマネーでやってみると分かりますが、このあたりになると精神的にかなり追い詰められ状態になります。

そしてもうひとつ問題になってくるのが、カジノ側のベット上限額です。マーチンゲールを使うと、必ずどこかで1単位勝てるようになっているため、カジノ側の対策として掛け金の上限額を設定しているわけです。

実践例のルーレットでは、ベット上限額は5000ドルでした。

1単位10ドルに設定した場合は9連敗(賭け金2560ドル)の時点で、次に5120ドルを賭けられず、負けが確定します。仮に賭けられたとしても、次に5120ドルで負けた場合の累計損失額は10230ドルにもなります。

例)1単位10ドルで始めた場合

10ドルベットマーチン

これだけ大きな金額を賭けて、勝ったとしても、利益は最初の10ドルのみ。リスクに見合ったリターンとは言い難いかもしれませんね。

マーチンゲール法は、有効なのか?

マーチンゲール法は『有効なシステムベット』の一つです。マーチンゲール法の欠点と注意点を紹介しましたが、マーチンゲール法が有効に機能するには、特徴を正しく理解して使えばシステムベットとして有効です。

マーチンゲール法は、どのような条件でも勝てる『オンラインカジノの必勝法』ではありませんが、大きな連敗さえしなければ、着実に所持金を増やしていけます。

マーチンゲール法は、『所持金』とのバランスを考えたうえでベット額の上限を自分自身で決めたり、ある程度のプラス収支を得られたら止めたり等といった「リスク回避の方法」を意識し、使用する事をおすすめします。

マーチンゲール法は、間違いなく『理論上、負けないシステムベット方法』です。

マーチンゲール法のリスクと解決策

ここでは、マーチンゲール法の欠点と、それを補うための使い方について説明します。

マーチンゲール法の「賭け金」が急激に増加する

ここまで説明してきたように、マーチンゲール法は、連敗が続くと途中から賭け金が大きく跳ね上がり、勝っても利益は最初の1単位のみなので、損大利小のマネーシステムといえます。

「勝率50%だったらさすがに10連敗はしないだろう。」と思った方は、実際にやってみれば分かりますが、ルーレットで赤(黒)が10回以上続くことは、それほど珍しいことではありません。ライブバカラでは、ディーラーの19連勝というのを目撃したこともあります。5割の確率でもこのような偏りが起こりうるということは、常に頭の中にいれておきましょう。

マーチンゲール法を使いこなすコツ

それでは、マーチンゲール法は全く使えない攻略方法なのでしょうか?

矛盾するようですが、「使い方次第では、強力な攻略法になりえる。」というのが筆者の考えです。たしかに「同じ色が10回以上連続する。」ということはありえるのですが、それほど頻繁に起こるというわけではありません。

従って、「ルーレットで赤が8回続いた後から、マーチンゲール法を開始する。」「バカラでバンカーが5連勝したら、プレイヤーにマーチンゲール法で賭け始める。」という方法なら、かなりの高確率で勝つことができると思います。

ただし、「途中から掛け金が跳ね上がる」、「ベット上限額に引っかかる」という問題をクリアするために、必ず損切りラインを設定することが必要です。個人的には、累計損益が100単位を超える7連敗辺りを損切りラインにするのがいいかと思います。

連敗が続いたときは、

「赤が15回続いたから、今度こそ黒が来るだろう。」「1回勝てば利益が出るんだから、もう一回だけ勝負してみよう。」「ここで損切りしたら、取り戻すのに時間がかかりすぎる。」と、ついつい損切りラインを超えてしまいたくなります。

しかし、そこは鉄の心を持って、最初に決めたポイントで必ず損切りするようにしましょう。

マーチンゲール法のポイント

最後に、マーチンゲール法を使う場合のポイントをまとめます。

  • 大きく連敗しても、資金の枯渇・賭け金の上限に耐えられるよう、最初の開始資金を設定する。
  • 損切りポイントを決めて、絶対にそれを守る。
  • 自分で設定した賭け始めのポイントが来るまで我慢する。

マーチンゲル法は、使い方によっては非常に強力な攻略法でありカジノでコンスタントに利益を出している、上級者の人も使用しているマネーシステムです。

マーチンゲール法を使用する場合は、「資金残高に余裕がある」「上限ベットリミットが高い(もしくは無い)ゲームを選択」「利益取得に欲張らない」そんな人に向けた攻略法といえます。

まずは無料モードや低額ベットで試行錯誤し、自分なりの使い方を考えてください。

バカラ予想アプリのB-Focus(ビーフォーカス)を検証、評判まとめ、B-Focus(ビーフォーカス)は、ベラジョンカジノのバカラでも使用可能!

ベラジョンカジノのポーカーで勝てない人必見!ポーカーのルール、遊び方、必勝法、楽しみ方。勝率アップの方法も解説

ベラジョンカジノのライブバカラ攻略・必勝法を紹介。バカラのルール、掛け方、配当、勝率をまとめました

ベラジョンカジノのルーレットで勝てない人必見!ルーレット攻略に欠かせないルール、遊び方、必勝法を知ろう!勝率アップの方法も解説します

意識していなくても、負けを取り返そうとするときに無意識にマーチンゲール法を使用することは、普通にありえますのでマーチンゲール法を使うのはギャンブラーの一般的な心理だと言えます。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

この記事をシェアする