ベラジョンカジノで出禁はない!稼ぎすぎても勝ちすぎても出禁されない理由とは?

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

ベラジョンカジノの『出禁』について解説します。出禁とは『出入り禁止』の略称です。

ラスベガスのようなランドカジノの場合は、出禁はありますが、ベラジョンカジノでは出禁の可能性はあるのでしょうか?

ベラジョンカジノで稼ぎすぎ、勝ちすぎてしまったがために出金しようとしてもそれができなくて、さらに出禁になってしまったらどうしようと心配をする人もいるかも知れませんが、そのようなことはないので安心して遊ぶことができます。

ベラジョンカジノを利用したことがない人が一番心配するのが勝ち過ぎによる出禁ですが、ベラジョンカジノに限らずオンラインカジノでは出禁は、存在をしない言われています。

稼ぎすぎた場合でも「出禁」にならない!

ベラジョンカジノは、一人の客と勝負をしているのではなく、大多数の客と勝負をしていて全体で収支がプラスになれば良いのです。

なので稼ぎすぎても一人や二人が大勝ちをしたからと言ってもベラジョンカジノは、出禁にするほどではないためです。

勝っている客を追い返すようなことはベラジョンカジノからすれば愚策なのです。

これらの理由から普通に遊んでいる分には、追い出されることはなく安心して遊ぶことができ、運によっては稼ぎ続け、勝ち続けることができます。

稼ぎすぎた、勝ちすぎても出禁させない理由

プレイヤーがベラジョンカジノで勝ちすぎたからといって出禁にしてしまうことはない理由があります。

そもそもベラジョンカジノの経営は、数百人ではなく数百万人以上のユーザーを抱えて成り立っています。

数百万、数千万の中で大勝利する人、稼ぎする人が数人いても、ベラジョンカジノの経営にはまったく支障ありません。

その中で一日でたまたま100万円以上勝ち、一週間で1,000万円以上勝つ人は数人はいると思います。

ベラジョンカジノ側がその数人のアカウントを特定して排除した場合、つまり事実上の出禁にしたとします。

出禁を受けた人の中には、SNSなどで出禁にしたオンラインカジノの悪評を書く人も現れるでしょう。

「不正行為は一切していないのに勝ちすぎただけで追い出された!」「このオンラインカジノは利益しか考えていない、自分たちの利益にならないユーザーを追い出す極悪サイト」のような文言が飛び交うわけです。

これらが拡散されてしまうと結果的にベラジョンカジノ側にとっては不利益になるのです。

なぜなら新規プレイヤーが警戒して入ってベラジョンカジノに登録しないからです。実際には、ベラジョンカジノは、出禁させたくできないのです。

稼いでいる、勝っている客を追い返す、出禁にするようなことは、ベラジョンカジノからすれば愚策なのです。

むしろ、そういう人がたまに居た方が宣伝効果が非常に高く、ベラジョンカジノは、販促費として考えることもできます。

不正行為で「出禁」になることがある!

何らかの不正行為や迷惑行為をしているのであれば、ベラジョンカジノでの勝ち負け関係なく出禁になる可能性はあるので注意しましょう。

不正行為をしていないならベラジョンカジノで出禁になることはないです。

パチンコでは、人の顔や行動がリアルにわかるので不正行為がわかれば出禁可能です。

しかし、ベラジョンカジノは、パソコン、スマートフォンを利用してインターネットでやり取りする仕組みなので『プレイヤー側の顔』が見えません。

その点で考えるとベラジョンカジノの場合、出禁は難しいと思います。

ただし、出禁ではないですが強制的に退会させたり、アカウントを再登録できないようにすることはできます。

※アカウント登録の際に顔写真付きの身分証明書を提出していれば『顔』はわかってします…。

不正行為は一切せずに稼ぎまくった場合

パチンコのようなゴト行為をしているわけでもなく、ただ独自で編み出した攻略法を駆使して毎日大金を勝ち続けたユーザーがベラジョンカジノに居たとします。

ギャンブルですから大勝する人もいれば、大負する人もいます。

ユーザーからすれば勝ち続けているので楽しいでしょうか、経営しているオンラインカジノ側からすればあまりよろしくない存在かもしれません。

出禁の意味と出禁になる理由とは?

出禁とは『出入り禁止』の略称です。お店側が『他人への迷惑行為』『店の利益を著しく損なう行為』を判断し、特定の人物に対して入店を拒否・禁止することを指します。

例えば、スーパーマーケットの場合、万引きをして捕まった人は『店の利益を著しく損なう行為』として出禁を言い渡すことができるわけです。

スーパーマーケット側からすれば、1つの商品を万引きされると、その分の利益を補うためには数個以上の商品を販売しなければなりませんので大変です。

だから悪質な客は「二度と来ないでください」という出禁を命じなければいけないことになります。

では、ギャンブル別に出禁は、どうでしょうか。

出禁の場合(競馬編)

競馬の場合、レースに負けた腹いせに大勝した人を殴ればもちろん出禁です。また組織的不正行為により儲けた人も出禁です。

わかりやすく説明すれば、ある馬だけを勝たせる(単勝狙い)ために他の馬に乗る『騎手』に脅迫を含めた圧力をかけて勝たせないようにする、もしくは3連単よりも3連複(的中した時の配当は単勝より高い)にして、指定した以外の騎手に圧力をかけて勝たせないように行為が出禁に該当します。

最近では許可なく競馬場の内部を動画撮影してYouTubeにアップさせただけで、賭け事に関わっていなくても出禁を命じられたケースがあります。

出禁の場合(パチンコ・パチスロ編)

パチンコの場合は『ゴト』と呼ばれる行為が発覚すれば出禁の対象になります。

例えば、パチンコ玉をスタートチェッカーに玉が集まるように、磁石をくっつけて離してくっつけて離してを繰り返す行為がパチンコにおけるゴト行為の一種です。

またパチスロの場合は、不正な電波により設定を意図的に6に変えたり、BIGボーナス連チャンを誘発したりなどのゴト行為が挙げられます。

パチスロにおいて、設定6とは一番出玉が期待できる設定なのです。

過去には『吉宗』という機種でゴト行為により一日にして20,000コイン以上強制的に出し抜かれたケースがありました、さすがにここまでくれば、単に出禁だけでは済まないかもしれません。

※『ゴト』とは不正行為で出玉を稼ぎ、換金して利益にする行為。これだけで悪質行為なので出禁モノだが、場合によっては詐欺罪として警察に突き出され立件されることもある。

ベラジョンカジノでの「出禁」事例はない!

実際にベラジョンカジノで出禁されたという声はありません。仮に出禁になったらどんな感じになるのでしょうか?

ベラジョンカジノは、不正、イカサマを働き利益を得ている人達を出禁にすることはあります。

例えば、ブラックジャックのカードカウンターも含まれます。ベラジョンカジノ側からカードカウンターと判断されてしまったら、如何なるいい訳をしても通りません。

注意すべきは、大きなベット額の落差です。

目立つほど、賭け金に、ある時点から差を付けベットUPした時点から常に勝つと怪しまれます。

ベラジョンカジノは、多くのお客様にプレイを楽しんでもらいたいため、カジノの利益にならない人はカジノの都合と言う事で出入り禁止にすることも自由なのです。

貴方は来なくていい、他のカジノに行きなさいと・・・・まさかと思われるかもしれませんが、これは、不正を働いた場合などは、オンラインカジノでも行われるのです。

オポジットベットを繰り返し、ゲーム数と賭け金を増やしたように見せかける行為やそれに類するプレイヤーによるイカサマ行為などが原因です。

何かの理由を作って登録の取り消し、アカウントの排除などベラジョンカジノ側は、王レイヤーを出禁にすることもあります。。

その辺に配慮しながらゲームをすることが長くゲームをしながら利益を得る方法なのです。

ジャックポットなどによる利益は問題ありません。あれはカジノ側が仕掛けるプロモーションのためです。

例)オンラインカジノで出禁される場合

ベラジョンカジノ含め、オンラインカジノから出禁を言われる場合、書類の不備や使用しているIPアドレスの相違によって起こりえます。

出金申請する際にサポートに連絡するのを忘れてしまい、そのせい怪しまれ出禁にまで発展するケースもあります。

一度出禁になってしまったら、アカウント凍結あるいは抹消されてしまうので同一アカウントでのプレイ再開はほぼ皆無に等しい状態といっても過言ではありません。

些細なミスは出禁になり得るということです。

ベラジョンカジノで出禁の可能性はない!

ランドカジノにしろ、ベラジョンカジノカジノにしろ、パチンコ店のように勝ちすぎて出入り禁止になることはありません。

ベラジョンカジノは、数百万、数千万の中で大勝利する人が数人いても、カジノ経営にはまったく支障はないです。

むしろ、そういう人がたまに居た方が宣伝効果が非常に高く、販促費として考えることも出来ます。

大数の法則を乗り越えて勝ち続けるのは不可能です。ただし、その法則につかまりづらくうまく勝ち逃げする方法はあります。

大数の法則を逆利用したルーレットの攻略法。もうひとつは、カウンティングとストラテジー表を駆使したブラックジャックの攻略法でしょう。

大数の法則に従い何もしなかったとしても、最後には同元が儲かるようになっているため、一人や二人の大勝ちして出入り禁止にして、悪評を立てられた方のダメージが大きいと言えます。

違法オンラインカジノの出禁問題

ベラジョンカジノの話ではありませんが、違法なオンラインカジノ、いわばライセンスを取得していない違法オンラインカジノであれば大勝したユーザーを出禁にすることがあります。

違法なオンラインカジノは、もう、完全に自分たちの利益しか考えていません。

小勝ちした人は、そのまま出禁させずに放置、大勝した人だけ出禁、追い出す、入金処理はスムーズにいっても出金申請も受理せず、ボーナスは受けとれず、これは違法なオンラインカジノの被害例です。

こんなことにならない為にも優良のベラジョンカジノをお勧めします。

オンラインカジノで悪意があって恣意的な出禁があるとすれば、それは、違法なオンラインカジノぐらいでしょう。

ベラジョンカジノのような有名なオンラインカジノで仮にあなたが出禁のような措置がとられるとすれば、ユーザーの些細なミスの積み重ねが招きモノだと考えます。

一日に日本円で100万円勝ったとしても、それだけでは基本的にはベラジョンカジノは、出禁にはなりません。

パチンコや競馬のように組織的に仕組んで利益をむさぼって、発覚したら出禁になるのとは異なり、オンラインカジノでは、ユーザー同士が手を組んで仕組んで利益を手にすることはかなり難しいので、それ系における出禁はないと言えます。

 

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中