ベラジョンカジノの収益は「一時所得」計算方法と確定申告時の記入例

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

ベラジョンカジノで収益を得る、稼いだ場合は、確定所得が必要です。所得以外に収入があった場合などは、「一時所得」となります。

今後も継続的に発生する所得ではないものであり、資産の譲渡などによって得た収益でない、一時的に発生した所得のことを指します。一時所得について、確定申告の方法を説明します。

ベラジョンカジノで一定額の利益を上げると確定申告が必要となります。確定申告には、支払調書というものが必要になります。確定申告による納税の際、特別控除などを利用すれば、支払金額は減るので、収入総額が大きくなったときは、支払調書を含めた必要書類をまと...
ベラジョンカジノは、インターネットを利用したオンラインカジノ(ネットカジノ)の一つです。現実のカジノには、法規制がありますが、ネットでの法規制は行なわれておらず、問題なく運営されていますが、税金の支払いが必要になることもあります。ベラジョンカジノ...

一時所得とは

一時所得には、具体的には次のようなものがあります。

・懸賞や福引きの賞金
・競馬や競輪の払戻金
・生命保険契約に基づく一時金
・損害保険契約に基づく一時金
・死亡後3年を越えて支給が確定した退職手当金
・法人から贈与された金品
・遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金

ベラジョンカジノの場合は、「競馬や競輪の払戻金」のようなものに該当します。理由としてじゃ、ベラジョンカジノで稼いだお金、つまり、ギャンブルで稼いだお金は、オンラインでも実際のカジノでも法律的に「一時所得」としてみなされます。

ベラジョンカジノは、インターネットを利用したネットカジノで、世界中のプレイヤーと、様々なゲームを楽しむことが出来ます。ただゲームをするだけでなく、実際にお金を賭けることが出来るので、勝てば掛け金に応じた配当金、これが「一時所得」としてみなされ、課税対象になるのです。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得「以外」の所得です。労務や役務の対価として受け取るものでもなく、また、資産の譲渡による対価としての性質も有しないものとされています。

懸賞の賞金、競馬や競輪の払い戻し金なども含まれるのです。

なお、一時所得には非課税のものがあります。損害保険契約の保険金、生命保険契約の給付金のうち一定のもの、相続税や贈与税の対象となるものなどです。

宝くじやサッカーくじの払戻金などは法律に基づき課税の対象にはなりません。迷った場合には税務署に相談しましょう。

一時所得による課税対象

ベラジョンカジノで稼いだお金は、「一時所得」として「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」にあたるため、課税対象となります。

ギャンブルに詳しい方は「競馬にもパチンコにも稼いだお金はあるけど、税金を払ったことないけど、何も言われないぞ!」と思われたのではないでしょうか。

競馬やパチンコ、宝くじなど、日本でできるギャンブルに「一時所得」や「税金」のイメージはないかもしれません。そして、実際、税金を払っている人もいないと思います。

では、ベラジョンカジノには「一時所得」や「税金」がかかるのか?

ベラジョンカジノ「だけ」税金がかかる理由

実は、ベラジョンカジノに「だけ」税金がかかっているわけではありません。競馬やパチンコなども、本来なら稼いだお金は「一時所得」とみなされるため「税金」を支払わなければいけません。

にもかかわらず、「競馬やパチンコで稼いだお金を脱税した!」というニュースは聞いたことがありません。その理由は、勝金(稼いだお金)の受け取り方にあります。

パチンコや競馬は、勝金を現金で受け取りますので、銀行などの記録に残りません。

そうなると、勝金(お金)の流れを税務署側が把握できないため取締りが難しくなり、大目にみられている(見逃されている)のが現状なのです。

※ちなみに宝くじは例外で、あらかじめ税金が天引きされています。

一方、ベラジョンカジノで稼いだお金は、オンラインカジノ上ではわかりませんが、日本円などに出金する際、銀行振込や小切手など記録に残ります。

税務署側がベラジョンカジノで稼いだお金の流れを容易に把握できるため、納税しなければ追及されてしまいますのでしっかりと納税しましょう。

一時所得による納税義務は隠せない

一時所得による納税義務は、ベラジョンカジノだけでなく、競馬や競輪など、様々なギャンブルに適用されるのですが、競馬で50万円以上買っていても、納税していないという方は少なくありません。

それでも取り締まりが無いのは、競馬などの勝ち金は現金で受け取ることが多いため、50万円以上の利益が出たという証明が難しいからといいます。

一方ベラジョンカジノでは、取引はデータで行うため、全ての取引の証拠が残ってしまうため、隠そうとしてもすぐにばれてしまいます。

一時所得の計算方法

一時所得は、総収入額から収入を得るために支出した金額、特別控除額(最高限度50万円)を差し引いた残額です。

総収入額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

収入を得るために支出した金額とは

収入を得るために支出した金額とは、「その収入を生じた行為をするために、又はその収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限る」と考えられています。

例えば、馬券で説明すると

3レースに5万円ずつ均等に馬券を買い、予想が的中したのは1レースでした。このときに支出した総額は15万円ですが、払戻金を得られたのは1レースなので、「その収入を得るために支出した金額」は5万円となります。

特別控除額とは

特別控除額は最高限度額が50万円です。ただし、この特別控除額があるのは一時所得が生じた取引ごとではなく、一時所得全体に対するものと考えられています。

税額の計算方法

「総合課税(各種の所得を合算した額に課税する制度)」方式をとる一時所得では、上記で述べた所得金額の1/2に当たる金額を給与所得などの他の所得と合算し、所得控除額を差し引いて納税額を計算します。一般的な給与や年金の所得と同じですが、課税対象が1/2になるので、納税者に有利な制度といえます。

例えば、さきほどの生命保険の一時金の事例を参考にすると、一時所得とみなされる金額は200万円ですから、その半分である100万円が課税対象となります。

ただし、以下の2つは確定申告ができない一時所得となります。

・懸賞金付き預貯金などの懸賞金
・一時払養老保険や一時払損害保険などの差益(保険期間が5年以下であるなど一定の要件を満たすもの)

これらは、20.315%(所得税15.315%、地方税5%)の税率による源泉分離課税が適用されるため、源泉徴収だけで課税が終了とされているからです。

このように、一時所得はさまざまな種類があり、総収入や所得税の計算方法には十分な注意が必要です。特に生命保険や損害保険の一時金が複数ある場合は、総収入の計算が複雑です。国税庁のホームページを確認したり、税務署に相談したりして、確定申告の手続きを行いましょう。

一時所得は課税対象になるため、確定申告の必要があります。ただ、特別控除なども設けられていますので、一度確定申告が必要かどうか、確認してみましょう。わからないことがあれば、各地域の税務署でも相談を受け付けていますので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

一時所得の確定申告のポイント

給与所得者の場合で、一時所得が生じた年分の確定申告書の書類はA様式となります。

一時所得として儲けが出ても、前述の通り50万円の特別控除があるので、その範囲内であれば課税されません。また一時所得は、給与所得などと合算する前に1/2することになっていますので、忘れないようにしてください。

一時所得が算出されても、給与所得などと合算されるのはその半分ということですので、納税者に有利な制度です。

一時所得の記入方法「A様式」

確定申告書に一時所得を記載する場合は、A様式の書類を使用します。A様式の中に「所得金額」と記載されている部分があり、いくつか項目が分かれています。一時所得は、その中の「一時」と書かれている部分に記載します。

くれぐれも「収入金額等」の「一時」の欄には書き込まないように注意しましょう。また、年度によって表記が変わることもあります。わからない場合は、税務署の方に聞きながら進めるのがよいでしょう。

一時所得には、税金がかかるの?

生命保険の満期返戻金以外にも、さまざまなものがある一時所得。特に競馬や競輪、オンラインカジノのベラジョンカジノの払戻金が一時所得という分類になることを知らなかった方は多いのでは?

果たして一時所得に税金はかかるのでしょうか。もしかかるとすれば、どのように計算すれば良いのでしょうか。

一時所得は課税対象

一時所得は課税対象となります。ただ、一時所得については、手にした額が全て所得としてみなされるのではなく、その収入を得るために使った金額と、特別控除額として50万円を差し引くことができます。さらに、算出された金額を半分(1/2)にした金額が、一時所得として確定申告しなければならない金額となります。

さらに、算出された金額を半分(1/2)にした金額が、一時所得として確定申告しなければならない金額となります。

一時所得額を計算する場合の注意点

かなり優遇されている一時所得の計算方法ですが、注意しておかねばならないことがあります。 それは特別控除額50万円は一案件ごとに発生するのではないということです。特別控除額は、一時所得全体に対する控除額を表します。

特別控除額を引いた金額が「一時所得」

ベラジョンカジノの儲けから賭け金を引いてさらに特別控除額を引いた金額が「一時所得」です。50万未満の儲けであれば【特別控除額】として控除されるため、納税の必要はありません。

会社勤めの方の場合、給与以外に20万以上の収入があった場合確定申告の必要があります。つまり、70万以上儲けていない場合は確定申告の必要はありません。

気をつけなければならないのが、この【支出金額】に「損失額」は含まれないということです。たとえば、「5月20日に50万賭けて200万稼ぎ、5月21日に100万賭けて150万負けた」場合の支出金額は「50万円」です。

「150万円」ではありません。もしくは、負けた分を含めて300万と考えた方もいるかもしれませんが、あくまでも5月20日に50万賭けた金額の「50万円」が【支出金額】になります。

一時所得の計算式は、所得が発生したときのみ適応されます。税金的には、勝ったときの支出しか【支出金額】にはならないのです。「勝つたびに課税される」と考えるとよいでしょう。

なので、一年トータルの収支で考えてはいけません。あとからまとめて税額を計算すると、負けたときの支出まで【支出金額】に計上してしまいがちです。

そうすると、正しい税額を計算することが出来ず、せっかく納税しているのに手間がかかったり損したりしてしまうことも考えられます。ですので、収支はなるべくこまめに記録するのがおすすめです。

確定申告とオンラインカジノ

確定申告は、面倒な作業ですが、逆に言えば、それだけ大きく勝てるチャンスがあるということです。

法律的にも今のところは問題無いので安心して利用する事が出来ますし、インターネットを利用する分、本物のカジノよりもずっと手軽に遊べます。

ベラジョンカジノは、パソコンはもちろん、スマホにも対応しているので、自宅だけでなく、通勤時間の合間など、暇な時間でも遊ぶことが出来ます。小額の掛け金でも遊べるので、気軽にアクセスしてみましょう。

ベラジョンカジノを利用する際は、確定申告についても意識することが大切です。大きく勝てるかどうかは、実際にやってみてからのお楽しみですが、いざ大きく勝ったときに戸惑うことの無いよう、前もって確定申告について勉強しておきましょう。

納税の必要性と確定申告

納税するといっても自分で納税したことがない方も多いと思います。企業勤めの方ならば、企業側が税金関係の処理をまとめてしてくれるからです。

しかし、ベラジョンカジノの勝金は、プレイヤー個人の収入ですので自分自身で確定申告を行い納税する必要があります。

税金のかかる時期・申告時期

税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかります。そして、その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をします。

たとえば、2016年の5月にベラジョンカジノを始めた方は、2016年の12月31日までの収入を2017年の2月16日から3月15日の間に確定申告します。2017年に入ってからの収入は含みませんので注意してください。

確定申告時期は「2月下旬」が良い理由

自分で申告するとなると面倒なため先延ばしにしてしまうこともあるかと思いますが、早めに行くことをオススメします。

なぜなら、この時期(2月16日から3月15日)の税務署は混みです!みんな面倒くさかったり忙しかったりで先延ばしにしてしまうのか、確定申告時期の最終週が特に込み合います!

早く済ませたいという方は、この時期(2月16日から3月15日)の2月16日からの最初の週に集中しますので2月下旬から3月初旬あたりに行っておくといいでしょう。

また、午前中は税務署が特に混みやすいので、3時すぎくらいが良いかもしれません。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中