ベラジョンカジノの特殊機能「自己規制」は、ギャンブル依存症対策の強い味方

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

ベラジョンカジノは、ギャンブル依存症対策がしっかりしているとの口コミがありますが、いったいどのような方法でベラジョンカジノは、ギャンブル依存症の対策を行っているのでしょうか。

ベラジョンカジノは、パチンコや競馬、競艇、競輪、その他のギャンブルと比べても楽しい理由は、ベラジョンには他のオンラインカジノよりたくさんのゲームメーカーを採用、一つのメーカーのゲームばかりではマンネリになりやすいゲームも、たくさんのメーカーのいろんなタイプのゲームができることによって、ユーザーを飽きさせないのです。

ついついベラジョンカジノに熱くなってしまい止まらない人がたくさんいます。負けが込んできて冷静になれず、生活費はおろか手を付けてはいけないお金まで突っ込んで勝負する。

飽きさせない仕組みを持つベラジョンカジノにハマってしまう方のために「自己規制」ができるような機能をつけているのです。

なのでベラジョンカジノは評判も高く人気です。でも、それだけにハマる人が出てくるのは仕方のないことです。

「ベラジョンカジノ」のギャンブル依存症対策に役立つ4つの「自己規制」をご紹介します。

ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策「自己規制」

ベラジョンカジノではユーザ自ら「自己規制」という設定ができるようになっています。「自己規制」とはいったいどのような設定ができるのか、具体的に説明します。

オンラインカジノ-「ベラジョン」のカジノゲームに、依存しすぎたと思ったら
ギャンブル依存症の対策に役立つ、「自己規制」を使ってみましょう。

ベラジョンカジノ中毒の人に冷静になる期間を設けられるようにしてあるのです。”あなたのアカウントがロックされます”の期間は、7日間、30日間、ずっと から選べます。

“タイプ”のところは、少しおやすみしたい、ギャンブル中毒、サポートに不満足やDidn’t win(勝てない)など。もしくは最大負け金額なんてのも選べますね。

こういった規制を自分でかけられるように、というのは他ならぬ私達ユーザーへの配慮です。

楽しく遊んでもらいたいのはベラジョンカジノ運営側、または今ここで紹介している私も同じ思いです。

冷静にやればパチンコなんかよりずっと勝てます。ペイアウト率(還元率)がパチンコは約80%、オンラインカジノは約97%なのですから当然です。

入金限度額

入金限度額を期間と設定し、一定期間における入金総額をコントロールすることができます。設定した期間中に入金した合計が入金限度額を超えてしまうと、メッセージが表示されて、入金することができなくなります。いったん設定すると、解除しても反映されるまでに7日間かかるため、入金抑制に効果があります。

入金限度額を設定すると、一定期間の入金を制限できます。この期間中に入金限度額に達すると、、メッセージが表示され入金できなくなります。ご自分で解除手続きをしても、反映まで7日間必要です。

時間設定

時間設定により、ゲームをプレイする時間を設定することができます。時間設定は、ゲームで遊ぶ時間を設定できます。

1時間単位で、その日プレイする時間を設定すると設定時間になると、強制的にゲームができなくなります。

ロス制限

ロス制限(負け額)をと期間を設定することで、一定期間における負け額をコントロールすることができます。制限に達すると、メッセージが表示され、翌日までゲームができなくなくなります。いったん設定すると、解除しても反映されるまでに7日間かかります。

ロス制限を設定すると一定期間のログ金額を設定できます。この制限に達するとメッセージが表示され、翌日までゲームができなくなります。

ログイン制限

ベラジョンカジノにログインすることを制限することができます。ある一定の期間(一週間、一か月、半年)、もしくは永久にログインを制限することができます。このログイン制限は一度設定するとアカウントがロックされ、期間中は再開できません。また、永久を設定すると、ベラジョンカジノでは永久に再開や新規登録が不可能になります。

ゲームプレイをコントロールするために、ログイン制限を設定できます。制限期間中は、アカウントがロックされ再開できません。お金を賭けてゲームプレイができなくなります。

以上の4つが、ベラジョンカジノの「自己規制」になります。

私が利用している自己規制は、「ログイン制限」の7日間です。これを設定すると、熱くなった頭を冷やせます。あなたもギャンブル依存症対策に役立てて、ベラジョンカジノで健康的にプレイしましょう。

自己規制の設定解除は7日間

ベラジョンカジノの自己規制設定は、解除の申請をしてから実際に解除されるまでに7日間要します。いくら規制をしても、すぐに甘えが生じて「あと少し・・・」となってしまう人でも、クールダウン期間が強制的に設けられるため依存症から効果的にあなたを守ります。

ここまでベラジョンカジノを例に紹介しましたが、オンラインカジノによってはこういった設定画面を用意していないこともあります。

そういった場合でもサポートに連絡することで個別に設定してもらえますので各オンラインカジノのサポートへメールまたはチャットで問い合わせて下さい。

アカウントを作成したらまずは自己規制ルールを設定しておきましょう。

ゲーム中のポップアップメッセージ

ベラジョンカジノでは自己規制以外に、ゲーム中にポップアップを表示させて注意を呼び掛けています。私もベラジョンカジノで遊んでいますが、突然ポップアップが最初は出てびっくりしました。ポップアップメッセージの内容は、「あなたは今何時間プレイしています」「あなたは何時間でいくら負けています。続けますか?」みたいな内容だったと思います。

ベラジョンカジノではちゃんとギャンブル依存症対策を行っているように感じました。他のオンラインカジノでは、このような自己規制設定はあまりなく、あくまで自己責任としているところが多いようです。

その点、ベラジョンカジノはしっかり社会的責任も果たしていて好感が持てることもベラジョンカジノの人気の理由です。

ギャンブル依存症対策の重要性

日本でもカジノ解禁に向けて、ギャンブル依存症対策が急ピッチで進められています。

ギャンブルにお金、使いすぎてはいませんか?
使っちゃいけないお金、使っちゃってませんか?

オンラインカジノに限らず、ギャンブルは自分の捨てても良いお金の範囲で適度に楽しむものです。各オンラインカジノでは自分でお金の使い方を制御出来ない方の為に自己規制プログラムを提供しています。

各オンラインカジノに備わっている自己規制プログラムでは、設定期間内の入金限度額や一度の最大プレイ時間、設定期間内での最大負け額等を設定し、自身のオンラインカジノにおける遊戯に自ら制限をかける事が可能です。

一度プレイを始めると中々やめられない、どうしても使いすぎてしまう、負け額を一定額に抑えたいという方は是非設定してみてはいかがでしょうか。

今回は例としてベラジョンカジノでの自己規制の設定方法をご紹介しました。

そもそもギャンブル業界が自主規制として、ギャンブル依存症対策をすすめなければいけないところ、政府が税金を投入して対策を講じなければならないところにモヤモヤ感が生じますが。

さて一方でオンラインカジノでもギャンブル依存症対策が取られていることをご存知でしょうか?

多くのオンラインカジノであらかじめ最大入金額やログイン回数を前もって設定することで、それ以上つかうことができなくなります。

一度設定すると一定期間解除することができなくなって、たとえ運営にメールしても解除不可能になります。

自己規制システムで、入金しすぎを防ぐことができます。サイトの最下部を見ると、「自己規制」という文字があります。

こちらをクリックすると、自己規制をするための色々な機能を使うことができます。

プレイする前は自分で上限を決めていても、負けると熱くなって大きく負けてしまったなんてことを実感する方も多いと思います。まあ一度二度なら大して問題ではないのかもしれませんが、それが依存症のごとく毎回毎回になると問題です。

また熱くなってしまったため自分の予算を大きく超えて使ってしまった。キャッシングのお世話になってまでギャンブルにつぎ込んでしまったなんてことになっても悲劇でしかありません。

そんな自分のおこずかいの範囲内で遊ぶことがなかなかできない人のために、前もってオンラインカジノの利用を規制しておくことができます。

たとえば負け金の最大額を設定することができます。一か月で1000ドルと設定しておけば、その月は1000$以上負けたら、もうゲームができなくなります。

自分で自己規制できない人は利用してみるといいのではないでしょうか

ベラジョンカジノは楽しいですが、遊び過ぎは禁物。熱くなりすぎて、どんどん入金をして負け続けるのは・・・ちょっと怖いです。

ベラジョンカジノには大枠での入金制限が定められています。また、入金可能金額を個人設定するなど、自己規制できるシステムがあります。熱くなったら怖いな・・・と思う人は、是非試してみてください。

入金制限には2つの狙いがある

ベラジョンカジノの入金規制は、マネーロンダリングやギャンブル依存症の防止のためだと思います。しかし、いずれにせよ、カジノ側の立場になると入金規制はないほうが、稼ぐことができるのに、あえてベラジョンカジノ側が入金規制するということは、ただ単に儲かれば良いと考えている会社(カジノ)ではないことは分かると思います。

ベラジョンカジノは、ギャンブル依存症対策も積極的に行っていて、社会的責任も果たしている、ある程度は信頼できるカジノと言えるのではないでしょうか。

マネーロンダリングの防止

「ベラジョンカジノの入金規制は、資金洗浄防止」というコメントが2chなどにありますが、これも1つだと言えます。たしかに、カジノでは、闇資金をカジノを通して資金洗浄するという、いわゆる「マネーロンダリング」がたびたび問題とされているようです。

日本でもカジノ法案が通りましたが、このマネーロンダリングをどうやって防ぐのかが課題となっているようです。闇資金をマネーロンダリングしようとするなら、その資金は莫大な金額になることはおおよそ予想でできます。

しかし、1回あたり$300しか入金できないのであれば、めんどくさいしのはもちろん、何度も$300を入金することでカジノ側から怪しまれること間違いなしです。

だから、入金制限のあるオンラインカジノでマネーロンダリングしようなんて思わないはずです。つまり、マネーロンダリングの防止になるわけですね。

ギャンブル依存症の防止

ベラジョンカジノには、ユーザ自身がで自分を制限できるシステムがあります。「自己規制」というシステムです。画面上で自分をどのように制限するかを設定できるようになっているのです。

これにより、ユーザは事前に設定することでギャンブル依存症にならないように自分をコントロールすることができるわけです。

ベラジョンカジノでは、社会的責任を果たすための一環として、このような自己規制システムがあると思われます。したがって、ギャンブル依存症にならないために、入金額についてもあるていど規制しているのではないかと言われています。

ギャンブル依存症対策の「自己規制」機能は、ベラジョンカジノは、プレイヤーがギャンブル依存症にならないよう積極的にギャンブル依存症依存症対策に取り組んでいます。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中