オンラインカジノを利用していたら摘発される?

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。

オンラインカジノの摘発例

日本ではカジノが禁止されていることもあり、カジノ関連のニュースといえば、ほとんどがカジノの摘発のニュースです。日本国内でカジノ店を運営するか賭け事を提供すると摘発の対象となります。

もちろん、日本国内のカジノ店や賭け事の運営側だけではなく、お客側も摘発される可能性は十二分にあります。カジノは勝つことで大きな額を稼ぐことができる可能性をもったギャンブルですが、逮捕されては意味がありません。

しかし、オンラインカジノであれば、日本にいながらでもカジノで遊ぶことができます。オンラインカジノのサイトのサーバーを海外に置いており、海外で運営していることから、日本にいながらでもカジノが遊べる環境が整っています。

オンライン上で遊ぶため、摘発されることはほとんどないと考えられます。そのため、オンラインカジノは海外だけではなく、日本でも注目されています。

しかし、実際にはオンラインカジノの摘発事例はあります。2016年にオンラインカジノで遊んでいた3人が摘発されたことがあります。安全に遊べると思われていたオンラインカジノで摘発が起こり、オンラインカジノ業界全体に大きな影響を与えています。

もちろん、上記で紹介したように、オンラインカジノは海外のサーバーにサイトがあり、運営元も海外なので、日本からでも一応は合法的に遊ぶことができます。しかし、摘発があったように、完全に合法かと言われると、合法だと言い切ることはできません。

つまり、オンラインカジノはグレーゾーンに当たるということです。通常は安全に遊ぶことができるのですが、注意しておかなければ摘発される可能性を秘めていることになります。

世界中で注目を集めているオンラインカジノですが、オンラインカジノが浸透しだしたのは最近のことです。これからさらにオンラインカジノの認知度は上がり、ユーザーも増えると思われます。ユーザーが増える度に摘発者も増えてしまうのはオンラインカジノ業界全体に悪影響ともいえます。ユーザーが安心して遊べるためにも摘発されないように注意を払いましょう。

そこで、次なる摘発者が出てこないためにも、なぜオンラインカジノで摘発者が出てしまったのか、その原因を知っておきましょう。

オンラインカジノで摘発が起こった原因

2016年の摘発の原因には、様々なことが重なり、摘発という最悪の事態を引き起こしてしまいました。基本的には、グレーゾーンのため、海外サイトのオンラインカジノを利用していれば、摘発されることはありません。

しかし、カジノ自体は禁止されているため、警察側の意向としては、やはり何とか取り締まりを強化して摘発しなければ、という思いがあると思います。そんな中、様々なことが重なり、摘発される事態となりました。

日本語版で遊んでいた

上記で紹介したように、オンラインカジノは海外サーバー、かつ運営元が海外に拠点を置いているため、当たり前ですが外国語が使われています。しかし、日本人ユーザーのために日本語に対応したオンラインカジノも結構あります。というのも、日本では通常のカジノが禁止されているため、オンラインカジノを利用する日本人が多くいるためです。

オンラインカジノ側からしたら、多くの日本人ユーザーを取り込もうと考えると、日本語に対応させるのは有効な手段です。

日本人ユーザーとしても、日本語対応していれば使いやすくて良いのですが、一方、日本人向けにオンラインカジノが提供されていると思われてしまう可能性があります。元は海外で運営され、外国人向けに提供されているオンラインカジノが、日本人向けに提供されているとなると、いくらサーバーが海外にあろうと、摘発の恐れが出てきます。

ディーラーが日本人

オンラインカジノの中には、実際のディーラーがリアルタイムでゲームを進行するタイプのカジノがあります。ユーザーとディーラーがオンライン上で画面越しにカジノを行うスタイルとなっています。そして、2016年の摘発時に行われていたカジノがディーラーとユーザーがリアルタイムでカジノを行うタイプのブラックジャックでした。

また、摘発時のカジノでディーラーを務めていたのが日本人でした。日本語対応のオンラインカジノで、なおかつディーラーが日本人となれば、もはや日本人向けサービスと思われても仕方のないことかもしれません。

そして、これらの原因以外にも、ある法律が摘発の原因となっています。カジノで摘発を行う際には、賭博罪として摘発を行います。この賭博罪というのは、共犯性が大きな鍵を握っています。というのも、賭博罪では賭け事を提供する者だけではなく、その賭け事に参加していた者もまとめて摘発しようという考えのもとにあります。

また、当たり前の話ですが、賭け事は提供者と参加者がいることで成り立っているので、賭博罪として摘発を行う際は、提供者と参加者の両方を摘発することが望ましいと考えられます。

そのことから、ディーラーとユーザーの両方が日本人であったという点が、摘発に大きな影響を与えています。ディーラーとユーザーのどちらも日本人であれば、外部から見たら日本人が日本人に賭け事を提供しているように見えてしまうからです。

ライブカジノの提供時間

最後に1点、オンラインカジノで遊んでいた時間帯も摘発に影響を与えていると考えられます。オンラインカジノはパチンコなどの他のギャンブルと違い、いつでも遊ぶことが可能です。そのため、仕事の休憩中や寝る前に少しだけ、といったように自分の生活スタイルに合わせて遊ぶことができます。

しかし、ディーラーがリアルタイムでゲームの進行を行うライブカジノの場合は、ゲームの提供時間に制限があります。そして、摘発時のライブカジノの時間帯は日本時間で夜に行われていました。昼間の場合は、仕事をしているため休憩時間でなければ遊べませんが、夜であれば、仕事帰りでゆっくり遊ぶことができます。このライブカジノの時間帯設定が、日本人向けにカジノを提供しているように見えてしまったのかもしれません。

日本語対応、ディーラーが日本人、ライブカジノの提供時間、この3点が重なってしまったことで、摘発という事態になってしまいました。これら一つ一つは大した問題ではありませんが、全てが重なってしまったことが摘発に繋がってしまいました。

摘発後の対応

オンラインカジノで摘発される可能性はかなり低いですが、上記で紹介したように、場合によっては摘発の可能性もあります。そのため、オンラインカジノで遊ぶなら、最悪の事態に注意しながら遊ぶ必要があります。

また、万が一摘発された場合の対応についても知っておきましょう。上記で紹介した摘発例では、3人が摘発され、実際に逮捕されたのは3人の内2人です。3人とも同じようにオンラインカジノで遊んでいたのに、なぜ1人だけ逮捕されなかったのかという点に、摘発後どのような対応をするべきかという回答が隠されています。

というのも、逮捕されなかった1人は略式起訴だったためです。略式起訴とは、罰金を支払うことで裁判を行わずにことを済せる手続きです。また、明確な自白を行わなかったことも逮捕されなかった理由の一つです。

カジノ関係で摘発する場合、基本的には賭博罪として共犯性を明確にする必要があります。上記で紹介したように、賭け事の提供者と参加者の両方を同時に摘発するのが理想的な形となっています。しかし、摘発した際のライブカジノでディーラーをしていた日本人はカジノが合法な海外にいたため、ディーラーも同時に逮捕することができないという点を弁護士が指摘したことで不起訴となりました。

このことから、万が一オンラインカジノで遊んでいたことで摘発された場合は、自白だけは避けましょう。一度自白してしまうと、その自白がきっかけで逮捕まで至ってしまいます。自白しなければ、弁護士を通して正当性を訴えることが可能です。

また、この2016年の事例も一緒に伝えると、なお効果的です。同じような場面で不起訴になった人がいるという前例があると、起訴することが難しくなります。万が一摘発されるような事態になったとしても、落ち着いて適切な対応を心掛けましょう。

オンラインカジノで遊ぶだけでは摘発されない

摘発が起こったという過去はありますが、オンラインカジノで遊んでいるだけで摘発されることはありません。また、万が一摘発されたとしても、不起訴の前例がある以上、状況が同じであれば、同様に不起訴に持っていくことができます。

もちろん、ただ遊んでいるだけで摘発されることはありませんが、確実に違法だと分かるようなことをしてしまえば摘発から逃れることはできません。また、そのような状況であれば不起訴にすることもできません。オンラインカジノでは、過去に数十億もの当たりをだしたユーザーもおり、日々大きな額が動いています。そこで、ついついやってはいけないことに手を出してしまうと逮捕される事態になります。

オンラインカジノは基本的に安全に遊ぶことができるのですが、それでもカジノが違法な日本ではグレーな遊びだと言えます。2016年の摘発例のように、様々な要素が重なることで、警察は摘発するために動きます。

そのため、オンラインカジノで遊んでいるということを自分から外部に漏らすことは避けましょう。最近ではSNSを通してなんでも発信できるので要注意です。もちろん、自分がオンラインカジノで遊んでいることが警察に知られたからといって、それだけで摘発されることはありません。しかし、だからといってわざわざ自分がオンラインカジノで遊んでいるということを発信する必要はありません。ただただ危険度が増すだけです。

そのため、勝って稼いだら誰かに伝えたくなるとは思いますが、オンラインカジノで遊んでいるということを発信しないようにしましょう。

ライセンス取得のオンラインカジノは合法

一昔前よりも大分安全に遊ぶことができるようになったオンラインカジノですが、リスクが0になったわけではありません。少しでも安心して遊ぶなら、国からのライセンスを取得しているオンラインカジノで遊ぶことをおすすめします。

ライセンスを取得するためには、政府からの監査を通過しなければいけません。そのため、ライセンスを取得したオンラインカジノは言い換えると国が安全性を認めたとも言えます。また、ライセンスは国ごとに基準が異なります。監査が厳しい国のライセンスであれば、日本のようにカジノが禁止されている他国の事情を把握した上で、ライセンスの監査を行っている国もあります。

ライセンスを取得している場合は、ほとんどがオンラインカジノのサイト内に掲載されているので、登録前に確認しておきましょう。安全にオンラインカジノを楽しみたいなら、ライセンスを取得しているオンラインカジノを利用するようにしましょう。

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。