オンラインカジノの確定申告について

ベラジョンカジノは、3,000円分の無料プレイキャンペーン中!

オンラインカジノで注意しなければいけない税金

オンラインカジノで遊ぶ方の大半は稼ぎたいと考えていると思います。もちろん、オンラインカジノは他のギャンブルと比べ、稼ぎやすい環境にあります。しかし、ただ稼ぐことだけを考えていればいいわけではありません。

オンラインカジノとはいえ、お金を稼いだのであれば、税金を支払う義務があります。会社員の方は、基本的には会社が税金の支払いを代わりに行っています。そのため、あまり実感がないかもしれませんが、働いている方は会社がしっかりと税金を納めています。

そして、オンラインカジノでも利益が出たのであれば会社員と変わらず、税金の支払いを求められます。また、オンラインカジノの場合は、会社が代わりに支払うといったことはもちろんありません。自ら、税金を計算して支払わなければいけません。

オンラインカジノの場合は、税金の支払い方法が若干難しい部分もあるので、当記事でオンラインカジノの税金について記述していきます。どういった点に注意しなければいけないのかをきちんと知っておきましょう。

オンラインカジノの税金は所得税

税金といっても、様々な種類が存在します。オンラインカジノの場合は、利益が出た際に支払うため所得扱いになるので、所得税になります。また、所得税にも様々な種類があります。

雑所得や給与所得、事業所得など10種類の所得税があります。そこで、注意点ですが、オンラインカジノで稼いだお金は配当になるため、配当所得のように思われる方も少なくありません。しかし、実際は配当所得ではなく、雑所得もしくは一時取得のどちらかになりますので要注意です。

また、オンラインカジノの税金に当たる所得税が2種類(雑所得と一時取得)あるという点にも注意しておかなければいけません。オンラインカジノの所得税は雑所得と一時取得のどちらとも該当します。

まず雑所得は他の所得税に該当しないものを雑所得としています。そして、一時取得は労働や資産の譲渡などとは異なる一時の所得のことをいいます。また、これらの所得税は課税条件が違うため、自分に合った方を選択しましょう。

一時所得では特別控除がありますが、雑所得には控除がないけど仕組みが分かりやすいなど、お互いに異なった特徴があります。納税額を安くしたい方は一時所得がおすすめです。

損益の計算方法

所得を計算する際は基本的に利益から経費などを引くことで求められます。オンラインカジノも基本的には同じなのですが、いくつか注意点があります。

通常、経費は仕事に必要な費用であれば問題なく経費扱いになります。しかし、オンラインカジノはギャンブルのため、事務用品などの通常経費にできる物が経費にすることができません。そのため、オンラインカジノでは獲得した賞金からベットした金額を引いた額が所得になります。

他にも気を付けなければいけないことがあります。それがオンラインカジノでゲームを行った結果、マイナスとなってしまった場合です。通常はマイナス分を利益から減らすことが可能です。しかし、オンラインカジノではマイナス分を利益から減らすことができません。つまり、ゲームで勝って利益が大きくなった際に、マイナス分で節税することができないということです。

確定申告しなければいけない場合

オンラインカジノで遊んでいるからといって、必ずしも確定申告をしなければいけないわけではありません。利益がいくらあるかによって、確定申告をしなければいけない場合としなくてもいい場合に分かれます。

ゲームで勝ったとき

オンラインカジノの納税が少し面倒くさい理由が、ゲーム内でお金を何度も動かすためです。というのも、オンラインカジノではクレジットカードなどから決済サービスに入金し、オンラインカジノの業者にお金が送金されます。その後、サイト内で入金したお金がチップに換わり、ゲームで遊ぶことができます。

このように、お金をチップに換える工程だけでも複数の業者にお金が渡っており、お金の流れが複雑化しています。

また、ゲームに勝った際にどのタイミングで確定申告の義務が生じるのかが分からないといった方も少なくないと思います。タイミングとしては自分の口座に稼いだお金を入金したときだと思ってしまいがちですが、実はゲームに勝った時点で確定申告の必要性が出てきます。

利益が大きくなった場合

まず、確定申告が必要な場合というのは、一定額の利益が生じた場合です。これはオンラインカジノも例外ではありません。また、オンラインカジノでは一発大きな当たりを出すとかなりの額が手に入ります。そして、基本的に所得が多くなればなるほど、納税額も多くなります。また、確定申告をしなければいけないのに、しなかった場合は脱税となります。

オンラインカジノは、他のギャンブルと比べて高額配当の可能性が高いです。というのも、オンラインカジノの還元率は95%と、他のギャンブルよりもかなり高く、それだけ稼ぎやすいとも言えます。また、ゲームによっては同席するユーザーによって、高額配当されるなんてことが起こる可能性もあります。そのため、オンラインカジノで大金を手にする可能性も十分あるので、確定申告についてきちんと知っておきましょう。

一定額稼いだ場合

少しでも稼いだら確定申告を絶対にしないといけないわけではありません。というのも、確定申告は既に定められている一定額以上の利益が生じた際に必要となるからです。逆を言えば、一定額を下回っていたら確定申告をする必要はありません。

そこで、確定申告が必要となる場合が20万円以上の所得が発生した場合です。所得が20万円を超えた場合は確定申告が必要なので注意しておきましょう。

確定申告しなくてもいい

会社員の方は確定申告することで場合によってはお金が返ってくることもあります。しかし、オンラインカジノでの確定申告は納税するための申告なので、お金が返ってくるということはありません。

そのため、確定申告が不要なら、わざわざしようとは思わないでしょう。そこで、確定申告をしなくてもいいケースも把握しておきましょう。

利益がない場合

これは当たり前の話ですが、利益がなければ確定申告する必要はありません。また、オンラインカジノの中には無料プレイが可能なゲームもあります。無料プレイで遊んだ場合もお金が一切動いていないので確定申告の必要はありません。

必要額以下の所得の場合

上記で紹介したように、所得が一定額を超さなければ確定申告の必要はありません。所得が20万円以下であれば確定申告は必要ないので、わざわざ申告しなくても大丈夫です。

また、一時所得の場合は50万円の特別控除があるので、所得が50万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

確定申告のやり方

確定申告は一定の条件を満たした場合は必ず行わなければいけません。世の中には、確定申告しなければいけないのに一度もやっていない方もいるでしょう。また、学生の方など確定申告の条件を満たしていない場合は確定申告する必要がないので、やり方は分からないと思います。他にも会社員の方も納税関係は会社が代わりにやっているので、やり方が分からないといった方も多いでしょう。

そこで、オンラインカジノで稼ぎを得て、確定申告が必要になった場合に備えて、確定申告のやり方を紹介します。

確定申告の時期は毎年2月16日~3月15日の間です。オンラインカジノで発生した利益を計算して、前年の1年分の納税額を計算します。その後、必要書類を揃えて税務署に持っていくか、郵送して送りましょう。または、インターネットから確定申告ができるe-Taxを利用することも可能です。

直接税務署に行けば分からないことがあっても、指導してもらえるのであまり悩むことなく確定申告が終わるかと思います。また、郵送の場合は直接行く必要がないので待ち時間を取られることがありません。忙しい場合は、郵送かe-Taxを利用してみることをおすすめします。e-Taxを利用する場合はパソコンの基本的な知識とカードリーダーが必要になります。

直接でも郵送、e-Taxでもきちんと申告書を作成していれば問題ないので、自分が一番やりやすい方法で申告することをおすすめします。

納税の計算は結構面倒だし、難しいので、よく分からないといった方は税務署に直接行かれた方が手っ取り早いです。とはいえ、今の時代、インターネットで様々な情報が発信されているので、納税の計算方法も調べたらいくらでも検索がヒットします。

それでも、収支の計算が複雑すぎて難しい場合は、税理士に依頼するという手もあります。その場合はそれなりの費用がかかりますが、きちんと計算してくれます。かなり高額な所得となっている場合は税理士に依頼してみてもいいかもしれません。

確定申告の申告用紙について

確定申告する際に迷われるのが申告用の用紙です。というのも、確定申告の用紙は職業によって異なるためです。申告書を用意する際は、どの用紙が必要なのかを事前に把握しておきましょう。間違ってもまた用意すればいいだけですが、わざわざ新しい用紙を用意するのも手間なので注意しておきましょう。

確定申告をする際の用紙や手順は個人事業主か法人かでも大きく変ってきます。会社員や学生、フリーターなどオンラインカジノで確定申告をする必要が出た場合は個人事業主として申告することになります。

この際に、青色申告か白色申告のどちらかに分かれるのですが、青色申告する場合は事前に青色申告承認申請書を届けなければいけません。ですので、初めて確定申告する場合は白色申告になることが多いかと思います。

白色申告であれば、青色申告と比べ、比較的簡単に確定申告が済みます。白色申告を確定申告する際は、収支内訳書と確定申告書Bを用意して、必要事項を記入しましょう。

オンラインカジノだからといって、確定申告しなくてもバレないだろうと思っていてはダメです。確定申告の条件を満たしたのなら、必ず申告して納税の義務を果たしましょう。バレないと思い確定申告をしなかったり、万が一忘れたりすると脱税となり、重い罰則が課せられるので、必ず申告しましょう。

ベラジョンカジノで今すぐ遊びたい人
↓↓↓↓↓↓↓↓
当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中