副業としてのオンラインカジノ!?オンラインカジノで稼ぐことは可能なのか

オンラインカジノで稼ぐことは可能?

お金を稼ぐということは、決して簡単ではありません。日々汗水流して、さまざまなストレスに歯を食いしばりながら、はじめてお金は手に入れられます。それだけに、何らかのきっかけで臨時収入が入るととても助かります。代表例としては、宝くじ・競馬・競輪などのギャンブルから、会社ボーナスなどが挙げられるでしょう。とはいえ、これらはあくまで一時的なものに他なりません。安定的な収入にすることは、容易でないでしょう。

そこへきて、オンラインカジノの場合はどうでしょう。通常は海外でしかプレイできないカジノが、日本に居ながら気軽に楽しめるというものです。一般的なギャンブルとは違い、こちらは100%運任せというわけでもありません。知識を蓄える、技術を磨くことで、腕を上げることも可能です。そうなってくると、オンラインカジノを収入源として楽に生活するといった、多くの人が憧れるような展開にも期待できそうなものです。

オンラインカジノで安定的に稼ぐことができれば、仕事の負担は大きく軽減できます。それこそ、前述のような大変さやストレスから解放されて、人生全体がさらなる充実を得られるかもしれません。そして事実、オンラインカジノを副業やメインの収入源としている人も中にはいるようです。日本に居ながらプレイできる貴重なカジノであるオンラインカジノ、興味をもたない手はないといったところです。

ただ、副業にする際も本業レベルを目指したい場合でも、ポイントや注意点はしっかり把握した上でおこなうことが前提となってきます。オンラインカジノは、決して一般的なものでもありません。そもそも通常は日本国内でのプレイが禁止されているわけですから、むしろ特例的な存在ですらあります。安易な気持ちで楽をしたい、そんな考えの人は気を付けてください。

また前提として、最低条件がそろっていなければ、そもそも登録、参加することすらできません。稼ぐ以前の話になってくるので、まずは最低限理解しておきましょう。

年齢制限について

オンラインカジノは、手軽に楽しめるカジノです。ですが、あくまでギャンブルであるに違いありません。そのため、年齢制限が設けられています。海外のカジノをプレイすることになるので、国や地域の法律によって違いがみられる場合もありますが、基本的に18歳を超えた成人した人でしかプレイできません。まずは、年齢が条件をクリアしているか、考えてみてください。

身分証明書について

オンラインカジノの登録時には、年齢確認をおこなうための、身分証明書を求められるのが基本となっています。大金が動く場合もあるので、身分をはっきりさせておかなければならないというのも理由のひとつでしょう。あった方が良い、といったレベルでなく、そもそも用意できなければ登録すらできないのが一般的なルールとなっています。

使える身分証明書としては、次のような種類が一般的です。主には、運転免許証やパスポート、また住民基本台帳カード・マイナンバーカードが使える場合もあります。持っている人持っていない人が分かれるものもあるので、事前に確認しておきましょう。

初期段階で必要になる資金

オンラインカジノの手軽さは、プレイの手軽さだけでもありません。本場のカジノともなると、入場料からベット資金まで、あらゆる面でお金が必要となってくるでしょう。それこそ、セレブな人間でしかそうそう立ち入れないレベルのところも少なくありません。その点オンラインカジノは、少額から始めることが可能です。

ただ、初期入金における最低金額が定められている場合がほとんどです。つまり、手軽に始められるとはいえ、最低限この金額は用意しておかなければならないということです。相場としては、50,000円程度が平均的な値です。これもまた、最低条件として覚えておいてください。

オンラインカジノを副業にする

資金を何倍にも増やすことも可能なオンラインカジノだけに、生活に余裕を持たせる意味でも魅力が感じられることでしょう。本業の合間を使って、給料やボーナスを元手にさらなる資金運用ができれば、より充実した日々に繋げられます。この点、オンラインカジノは何とも適したギャンブルのように思えます。

理由は、数あるギャンブルの中でも手軽であるためです。本業と並行しておこなう副業の場合、本業ほどの力を入れるわけにはいきません。そうなってしまうと、本業が疎かになってしまい、業務内容や人間関係にも影響を及ぼしてしまうことでしょう。さらに、それが原因で副業までうまくいかなくなるとなれば、本末転倒もいいところです。ですがオンラインカジノには、本業と並行してでもなお続けやすいジャンルとなっています。

たとえば、持ち運びができる点です。オンラインカジノをプレイするのは、パソコンやスマホ、タブレット上となります。パチンコやスロット、ましてや実際のカジノともなれば、施設を訪れなければプレイできません。オンラインカジノなら持ち運びが気軽にできるので、ちょっとした通勤中や休憩による空き時間などをうまく活用できます。暇つぶしや気分転換にもなって、一石二鳥ともいえるでしょう。

次に、時間帯を選ばない点です。中央競馬なら週末の日中のみ、パチンコ店なら営業時間だけといった具合に、多くのギャンブルは決まったタイミングでしか楽しめません。オンラインカジノは、ゲームの形を提供するギャンブルであるため、基本的に24時間いつでも遊べる仕組みとなっています。持ち運びできる手軽さと相まって、副業的に役立てたい人には適しているように感じられます。

また、勝てる確率が比較的高いというのも夢の膨らむ特徴でしょう。オンラインカジノは、あくまでギャンブルです。そのため、勝つときがあれば負けるときもあります。負けが込んでしまえば、本業の給料に臨時収入がプラスできるどころか、生活を苦しめることにすら繋がってしまうでしょう。

ですが、同じギャンブルの中でもオンラインカジノは有数の勝率を誇ります。競馬の約3分の1倍、宝くじの2倍とも聞けば、一般的な賭け事とは一線を画すことが窺えるのではないでしょうか。それこそ副業的に、安定した利益も目指せます。とはいえ、運も必要なのが実際のところです。安易に考えすぎず、あくまで余剰資金を使った余裕のある運用として捉えるべきです。

還元率を上げる方法

オンラインカジノがギャンブルとはいえ、稼ぐための環境として考えるのであれば、やはりできる限り勝率を上げたいものです。カジノは、経験や研究によって少なからず勝率を上げることも可能な貴重な存在です。まずはカジノならではのお金の動きを知って、どのように勝率を上げるべきか考えていきましょう。

まず、カジノにおいて本格的に稼ぎを考えるのであれば、還元率と控除率の2つの割合に目を向けるべきです。簡単にいうと、これらは前者がプレイヤーに入る利益、そして控除率は、胴元、つまりカジノ側が手にするお金の割合です。そのためこれらは、プラスすると基本的にかならず100%になります。そして控除率が低く還元率が高ければ高いほど、稼ぎやすくなります。

この点、カジノはとても魅力的に感じられます。前述の勝率の話においても紹介している通り、数あるギャンブルの中でも有数の好条件であるためです。主には、宝くじが控除率54%・還元率46%、競馬は控除率25%・還元率75%、パチンコは控除率20%・還元率80%といわれている中、何とオンラインカジノは控除率5%・還元率95%を誇ります。

とはいえ、これはカジノはカジノでもオンラインカジノに限ったことなので、注意してください。オンラインカジノはカジノ施設を設けない分、土地代や人件費、電気代などが浮かせられる分条件を良くしているのです。いずれにおいても、オンラインカジノがお金を稼ぐ上で適したギャンブルであるに違いはないといえるでしょう。

そしてさらに、この95%という平均値をさらに上げることも可能です。戦略や知識を深めることにより、より良い勝率を実現することにも繋げられます。中でもブラックジャックが、特に還元率アップを狙いやすい種類として知られています。たとえばベーシックストラテジーという手法を使えば、控除率を2%に抑えることが可能です。さらに出札の柄を覚えて残りの札の確率を絞るカウンティングをおこなえば、何と控除率マイナス5%、還元率105%にできる場合もあるそうです。

その他にも、マーチンゲール法・ベアビック法・モンテカルロ法・ココモ法・パーレー法など、賭け方の種類は多彩に存在しています。基本的に汗水をたらさなければ手に入れられないお金を、効率的に稼げるカジノという世界だけあって、長い歴史の中でさまざまな手法が研究されてきているのです。本気で副業などの稼ぎの種としたいのであれば、追求する価値は大いにあるでしょう。

オンラインカジノだけで生活する事は可能?

副業どころか、オンラインカジノを本業にしてしまいたい、そんなことは実現可能なのでしょうか。確かに、オンラインカジノで大当たりした場合の利益は平均的なサラリーマンの給料の比になりません。数百万から数千万、さらには1億円を上回ったケースまで、事実あったそうです。ここまでの大当たりは稀とはいえ、それでも数十万ほどを定期的に当てられるようなら、本業化も大いに可能でしょう。実際、実現はできるのでしょうか。

まず、前例について考えていきましょう。過去にオンラインカジノ一本での生活を実現した人は、存在するのでしょうか。この疑問については、実はいるというのが正解です。オンラインカジノならではの還元率を活かして、それこそ一切仕事で汗水流すことなく生活を送れている、そんなうらやましく思える人物も存在しています。

そもそも、副業レベルの収入を実現するのは、決して難しくありません。それこそ、約95%という高い還元率によって、結構な勝率も実現可能なためです。確定申告の基準が50万円以上であるため、この値を超える利益を得られれば副業と呼べるでしょう。そしてそれは、決して夢物語というわけでもありません。

とはいえ、やはり本業にするとまでなってくると、副業感覚のときよりハードルはさらに高まります。勝てているときは、十分といえるほどの収入が手に入るでしょう。ですが反対に、負けたときのリスクについても考えておかなければなりません。あくまでギャンブルであるため、負ければ軍資金は0にもなりかねません。

結論として、オンラインカジノを本業にする方法は、実現可能であり、先駆者も事実存在してはいるものの、おすすめはできません。安定収入が得られてこその本業であるわけですから、そこへきて万が一も伴うギャンブルは、適さないのです。趣味や副業感覚から始めて、長期間続けてもなおプラスを維持できている、自分だけの攻略法に確固たる自信を持っている、そういったレベルの人であれば、余裕ある資金のもと挑戦しても良いかもしれません。

反対に、副業のスタンスで続けるのは、むしろおすすめですらあるでしょう。本業で稼ぐ収入の余剰金によって、適度に資金をつぎ込む程度であれば、生活の安定を保ちつつ、さらに一攫千金も狙えるためです。オンラインカジノならではの手軽さを活かして、夢を膨らませてみてはいかがでしょう。

稼げるオンラインカジノ

オンラインカジノと一口にいっても、種類はさまざまです。そんな中でも、特に稼ぐことに適したものには、どのようなものが挙げられるでしょうか。

まずオンラインカジノ業者についてですが、口コミ評判が良く、過去の大当たり配当が魅力的なところがおすすめです。評判がいいということは、安全であり、不正の心配などすることなく楽しめるところです。また大当たりの前例を知ることで、期待値を設定しやすくなります。

またもう一点、利用しやすいという特徴にも注目してください。確率勝負であるオンラインカジノは、安定的に継続しておこなうことが重要となってきます。その点、自分の好みに合わないようなところは理想的といえません。日本語対応している、サポートが充実している、好みのゲームが置いてあるといったところを選んで、地道に続けてみてはいかがでしょう。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中