オンラインカジノには違法性はあるのか? 違法になる行為を知っておきましょう

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。

オンラインカジノの違法性とは?

「違法」と言われると、そもそも法律的に禁止されている危険なもののように感じるでしょう。確かに、オンラインカジノの違法性は無視することができませんが、その全てが違法とされているわけではありません。

しかし、実際にオンラインカジノの利用者の中で逮捕された人もいるため、利用には注意が必要です。オンラインカジノの本来の目的は、ゲームとして楽しんだり、それを通じてお金を儲けたりすることです。ですが、その利用によって自身の逮捕歴を作ってしまっては、本末転倒です。なので、オンラインカジノを始めるにあたっては、まずその違法性・危険性についてしっかり把握し、注意しておかなければなりません。

それでは、オンラインカジノは違法なのか、という質問に立ち返ってみます。冒頭でも述べたように、オンラインカジノは全面的に違法というわけではなく、あくまで法律を侵してしまうリスク(=違法性)を伴うということです。もし本当に全て違法なのであれば、ネット上に大々的にウェブ広告を打ち出している運営業者は全て摘発されてしまってもおかしくありません。カジノと言っても、あくまでオンラインで運営されているため、比較的摘発のされにくい安全なカジノギャンブルとして提供されているのです。

皆さんもご存知の通り、カジノは日本国内では禁止されています。しかし、日本国内に居ながらカジノを楽しみたいという方も少なくありません。そこでオンラインカジノ業者は海外のサーバーで運営されている海外向けカジノを日本で提供することで、日本でもカジノを楽しむことができる環境を作り、需要を得ているのです。オンラインカジノの運営拠点は海外のため、日本から利用しても法律に抵触しません。これがオンラインカジノを日本でも利用できる理由です。

ですがこの考え方は、極めてグレーです。確かに、海外で運営されているカジノを利用しているとも解釈できますが、考え方次第では違法にカジノを利用している、つまり犯罪であると捉えることもできてしまうためです。そのため過去には少ないながらも逮捕者が出ています。

ですが、逮捕者が出てしまったのはある条件が偶然重なったケースにすぎません。オンラインカジノは法的にグレーな存在であることを認識した上で、どのような行為が違法で、どのような行為が許されるのかをきちんと把握し、注意すれば逮捕されずに安全に楽しむことができます。

ここでは、オンラインカジノの利用が違法と認められるケースについてその傾向を詳しく紹介していきます。法律上の違法性を確認するほか、わかりやすい実例も併せて理解を深めておきましょう。

オンラインカジノにおける違法行為

オンラインカジノにおいて違法と見なされないためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。注意点を理解し、違法行為を避けてプレイすることで、オンラインカジノをより安全にプレイすることができるでしょう。これから、それらの注意点を紹介していきます。

共犯性

オンラインカジノにおいて、違法行為と見なされるか否かでは「共犯性」が重視されます。カジノにおいて、警察は賭場を提供している者(ディーラー)とユーザーを一緒に摘発しようとするので、提供者がいるかどうかが重要になります。その点、オンラインカジノではゲームタイプ(システムを相手にするカジノゲーム)が主流なので、あまり関係がありません。

一方、日本語によって作られ、日本人ディーラーが仕切っている日本人に焦点を当てたようなライブタイプ(ウェブカメラを通してディーラーとカジノを行うタイプ)のオンラインカジノには注意が必要です。特にライブカジノでは、リアルタイムのような臨場感でプレイできるため、オンラインといってもディーラー側とユーザー側の間に関係性が生まれる状況ができてしまう可能性もあります。こうなってしまうと、ユーザーとディーラーの間の親密な関係のもとにおこなわれるカジノとみなされ、ユーザー側の共犯性が問われてしまいかねません。

海外で運営されている英語のオンラインカジノよりも、日本語で作られている方が我々日本人からすると親しみやすいです。しかし、明らかに日本人をターゲットとしているオンラインカジノは、この共犯性を疑われないためにも利用しないように気をつけましょう。

日本で運営されているオンラインカジノの利用

繰り返し述べていますが、カジノは現在日本国内で禁止されています。これはプレイヤーとして参加することも、カジノを運営・提供することも禁止されています。オンラインカジノが比較的安全にプレイできるのは、カジノの禁止されていない国外で運営されているためです。なので、日本で運営されているものはオンラインカジノであっても利用してしまえば違法とみなされてしまうでしょう。

ギャンブルは、運営側に多大な利益が発生します。もちろん、このギャンブルの中にはカジノも含まれます。そのため、日本人の中にもギャンブルを運営して利益を得たいと考える人もいます。そのような人の中には海外で運営されているオンラインカジノと称して国内で運営する人もいます。この場合、表向きは海外で運営されているとしているため、ユーザー自身が気づかぬ間に国内運営のオンラインカジノを利用して摘発されてしまう可能性もあります。

利用するオンラインカジノの運営拠点が海外だからといって一概に安全というわけでもありません。例えば、日本国内でオンラインカジノをプレイする目的の施設でプレイすると摘発されるリスクが高まります。あくまで、個人で楽しむものとしてオンラインカジノを一人で利用した方が違法性を疑われることなくより安全に楽しむことができるでしょう。

オンラインカジノの利用状況の漏えい

カジノが国内で禁止されている以上、オンラインカジノといえど警察は法律に抵触しそうなものは極力摘発したいと考えている対象になります。なので、不用意に自らがプレイした証拠を外部に示してしまうと、警察の目に触れて摘発する対象とされかねないのです。安全に楽しむためには極力オンラインカジノを利用していることを外部に漏らさないようにすることが大切です。特に、ブログやSNSなど一般の人が簡単に世界に情報を発信することができるようになった現代においては、自身の近況などを書き込む感覚でうっかりオンラインカジノの利用を漏らしてしまう可能性があるので注意しましょう。

最近では警察のサイバー部門が設置されるなど、ネット上の情報を取り入れた違法行為の摘発も盛んに行われています。個人的に誰に見せるというわけでもなく書いたネット上の内容が警察の目に止まって、自分の想像している以上の問題に発展してしまう可能性も考慮しておかなければなりません。

オンラインカジノの逮捕事例

上記で複数の注意点を述べましたが、それでもオンラインカジノは基本的にはリスクの少ない安全な娯楽であることは間違いありません。その理由は、現状で日本におけるオンラインカジノ利用者の逮捕はかなり少ないからです。少ないというのは、具体的にいうとある1つのオンラインカジノにおいて、3人程度の逮捕者しかいません。しかも、この逮捕者というのも、上記のような注意点を押さえられておらず、偶然が重なったが故の逮捕だったと言えるでしょう。

では、その逮捕者たちが摘発されたときの状況を詳しく説明します。摘発されたのは、日本語でのサービスを提供しているオンラインカジノ業者でした。しかも、日本人がディーラーをするライブカジノでした。ここまででいかにも共犯性が疑われそうな状況であることが分かると思います。

さらに、このオンラインカジノではカジノをプレイしていた証拠が確認できてしまうシステムだったことも摘発の原因でした。実際にプレイすると、現実のカジノの賭場でプレイしているかのごとく、お互いの手札が見えるようなシステムを導入していました。ユーザーとしては臨場感があって良いかもしれませんが、これは一度プレイするとカジノをしていることが一目でわかってしまうシステムでした。そのため、プレイヤーとして潜入捜査をしていた警察に見つかり、現場を押さえられてしまうこととなりました。

それに加え、摘発されたプレイヤーはクレジットカードを使用してカジノを利用していました。皆さんもクレジットカードを使用していれば分かると思いますが、クレジットカードは使用履歴が残ってしまいます。そのため、この利用明細等が動かぬ証拠として存在してしまったため、逮捕される結果に繋がりました。

ここまでで、かなりリスクの高い行為が多かったのですが、さらに悪いことに逮捕者らは自らがオンラインカジノを利用していることを外部に公開していました。プレイしている様子をブログや動画サイトに投稿することで多くの人の目に触れる状況を作ってしまっていました。

このように、先ほど挙げた注意点の全てが重なって、逮捕者が出ることとなりました。翻って考えると、プレイヤーは先ほどの注意点をきちんと留意してプレイしていれば摘発されるに至るリスクは少ないとも言えます。

逮捕されてしまったときの罪状は?

注意点は先ほどまでで、実際の逮捕の事例を挙げながら説明しました。その点を注意すれば比較的安全にオンラインカジノをプレイできるのですが、万が一摘発され、逮捕されてしまったとき、どのような罪に問われるのでしょうか。

これは基本的には賭博罪というものにあたり、この刑罰が適用されると考えられます。賭博罪には単純賭博罪と常習賭博罪の2種類があります。単純賭博罪はカジノのように禁止されているギャンブル行為を一時的な娯楽として楽しんだ場合に適用されます。この場合は、特に処罰は受けず、本人の自白に委ねられることが多いです。

一方で常習賭博罪では禁止されているギャンブル行為を繰り返し、常習的に楽しんでいると認められたときに適用されます。この常習賭博罪においては50万円以下の罰金、または科料が課せられます。

また、ギャンブルに関係する処罰において重要なのは先ほども述べたような共犯性(必要的共犯)です。基本的に違法賭博のプレイヤーが罰せられる場合は同時にディーラーも罰せられます。ですがオンラインカジノはプレイヤーとディーラーが同じ場所にいるわけではないため、両者を合わせて摘発しにくい性質を持っています。その上で、上記に挙げた逮捕例は共犯性が認められ、違法行為とみなされてしまう状況が重なった極めて稀なケースであると言えるでしょう。

こうしてみると、万が一摘発されてしまっても大きな処罰なく、あったとしても軽い刑で済むように見えます。仮に罰金が課されたとしてもカジノで十分に稼いでいれば問題ないのでは、と思うかもしれません。しかし、上記の逮捕例で逮捕された3名は実名報道をされてしまっています。自らがその場で被る罰は軽いものだったとしてもその後の自分の生活や、家族の生活を考えると、やはり逮捕されないように注意することは大切だと言えるでしょう。

日本のカジノ合法化について

ここまで、カジノが違法とされている日本においてオンラインカジノでカジノを楽しむ方法について述べてきました。ですが、海外ではカジノが提供されている国も多く存在し、国によってはリゾート産業としてカジノ事業を支援している国もあります。

このような文化は日本にも少しずつ広まってきており、近年ではカジノの合法化が期待されています。経済的に余裕があるとは言えない日本にとって、カジノを中心としたリゾート施設を作ることで国内外からの観光客を集めることは収入を増やす上で有効な策でしょう。

現在もどの地域にカジノを作るかの議論がなされており、合法化されて日本国内でカジノを楽しむことができる日も近いかもしれません。

実際に日本にカジノができることでオンラインカジノも堂々と楽しむことができるようになるでしょう。ですが、オンラインカジノならではの楽しみ方は依然として評価されるでしょうし、衰退することはないと考えられます。ランドカジノには入場料金などで多額の初期費用が必要になると考えられるため、ウェブ上で手軽に少額から楽しむことができるオンラインカジノはこれからも多くの人に楽しまれるでしょう。

カジノが合法化されれば、ここまでで挙げてきたような注意点を気にすることなく、オンラインカジノも楽しむことができる時代が来るかもしれません。ニュースで度々目にするカジノ合法化ですが、これはオンラインカジノでもランドカジノでも、カジノに興味を持つ多くの人々から注目を集めています。

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。