オンラインカジノは本当に合法?利用する上での注意点

ベラジョンカジノは、3,000円分の無料プレイキャンペーン中!

オンラインカジノは合法?

オンラインカジノを利用する際に多くの方が気にしているのが法律関係です。まず、日本ではカジノは禁止されており違法とされています。そのため、日本でカジノ店を営業したら即摘発されます。また、違法に営業されているカジノ店に客として利用しても摘発されてしまいます。カジノは一攫千金のチャンスがありますが、摘発されてしまっては意味がありません。

そこで注目したいのがオンラインカジノです。オンラインカジノは世界中のユーザーが楽しんでおり、オンラインカジノで一攫千金を果たした方もいます。そんな今話題のオンラインカジノは日本に居ながらでもカジノが楽しめることから日本でも注目を集めています。

本来、カジノと言えばランドカジノのことを指します。ランドカジノはカジノ店を訪れてマシンやディーラー相手にカジノゲームをプレイします。そのため、これまでは日本に住んでいる方がカジノを楽しむためには海外に渡航する必要がありました。

しかし、オンラインカジノの登場により、日本に居ながらでもカジノで遊べるようになりました。また、現在ではインターネットが急速に普及したことや回線が年々高速になっていること、映像技術の向上などによりオンラインカジノを快適に楽しめるようになりました。

ランドカジノほどのゴージャス感はありませんが、カジノを気軽にプレイしたい方にはオンラインカジノはとても嬉しいサービスです。また、オンラインカジノはランドカジノのように高額な入場料を取られることがない点も気軽にカジノをプレイできる理由の一つです。

とはいえ、日本でもプレイできるオンラインカジノですが、本当に法律面で問題はないのでしょうか。そこで、日本でのオンラインカジノに対する扱いや法律面について解説します。

オンラインカジノを利用する上での注意点

当然ですが、法律は国それぞれで内容が異なります。日本では違法とされていることが、国によっては合法ということもあります。カジノもその一つです。日本ではカジノは違法な娯楽ですが、海外ではカジノを合法としている国が多くあります。また、中には産業としてカジノビジネスに力を入れている国も多々あります。

しかし、上記で紹介しているように日本でカジノは違法です。そのため、カジノが違法の日本ではオンラインカジノも禁止されているのではないだろうかと思っている方は少なからずいます。しかし、日本ではオンラインカジノを完全な違法扱いとしていません。正確にはグレーゾーンと表現されます。

というのも、オンラインカジノは海外で運営されており、サーバーも海外にあるので、日本で運営されておらず、違法とはなっていません。そのため、完全に合法というわけではないのですが、一応は日本に居ながらオンラインカジノで遊んでも逮捕されるといったことはありません。

また、現在ではオンラインカジノはグレーゾーンで、通常のランドカジノは違法となっていますが、近い将来合法的に日本でもカジノで遊べるようになる可能性は十分あります。というのも、カジノ法案(統合型リゾート整備推進法案)が出されており、国がカジノ合法化に向けて一歩踏み出しているからです。

しかし、現在ではカジノは違法とされているので、オンラインカジノを利用する上で様々な点に注意を払う必要があります。まず、利用しようとしている、もしくは現在利用しているオンラインカジノサイトが本当に海外で運営されているのか確認しておきましょう。

運営している業者は海外に拠点を置いているけど、サーバーは日本のものを使っている場合や、反対にサーバーは海外だけど運営業者が日本に拠点を置いている場合は違法となってしまいます。そのため、どこで運営されているのか、どのサーバーを使っているのかをきちんと確認しておかなければいけません。

また、安全にオンラインカジノを利用するためには、ライセンスを取得しているサイトを利用することがおすすめです。オンラインカジノにおけるライセンスとは、政府からの監査を通過することで発行される許可書になります。

ライセンスを取得しなくても、オンラインカジノを運営することはできますが、ユーザーから信頼してもらうためにもライセンスを取得しようと試みる業者は多くいます。監査は国によって基準が異なりますが、かなり厳しい国もあります。監査が厳しい国からライセンスを発行してもらっているオンラインカジノサイトでは、ほとんどトラブルがないので安心して利用できます。

カジノは賭博罪

日本でカジノ店を営業、利用した場合、賭博罪に該当します。しかし、オンラインカジノでは基本的には該当しません。というのも、賭博罪には国外犯処罰規定がないため、海外で運営されているオンラインカジノを利用しても問題はありません。

また、賭博罪では共犯性を重視するため、賭場を提供する業者と客の双方を同時に摘発する形を取ります。しかし、オンラインカジノでは業者は海外ですし、そもそもオンライン上のサービスとして提供されています。これらの理由から、オンラインカジノにおいては共犯性が曖昧なので、摘発される恐れは極めて低いです。

オンラインカジノとはいえ、お金を賭けてカジノゲームをプレイしていることには変わりありません。しかし、共犯性を立証しにくいため、賭博罪にすることができません。そのため、オンラインカジノは日本国内でも遊ぶことが可能ですが、グレーゾーンだということは忘れないようにしておきましょう。

オンラインカジノでの摘発事例

上記でオンラインカジノは日本に居ながらでも摘発されることなく遊べると紹介しましたが、実は過去に摘発事例はあります。それが2016年に起きた事件です。また、起訴された人は3人いたのですが、そのうち1人は不起訴となったことでも注目されていました。

3人の内の2人に関しては、自ら罪を認めたことから賭博罪が適用されてしまい、10万円程度の罰金を支払うことになりました。しかし、不起訴になった1人は、略式起訴を受け入れずに、裁判を行う姿勢を見せました。そのため、賭博罪を確実に立証できないということで、起訴を取り上げて不起訴となりました。

このことから、オンラインカジノで起訴されたとしても、自白があれば立件することが可能とはなりますが、自白が取れない場合は賭博罪を立証できないので不起訴となります。

そして、この事件で不起訴が出たことは、オンラインカジノ業界で大きな話題になりました。というのも、この不起訴によってオンラインカジノで賭博罪を立証することが難しいということが明確になったからです。また、この不起訴以来、現在までに逮捕者は出ていません。

違法なオンラインカジノとは?

オンラインカジノで摘発されるリスクは非常に低いですが、それでも注意を怠ってはいけません。そこで、オンラインカジノで違法となるケースを紹介します。

まず、日本でランドカジノを営業、もしくは国内のランドカジノを客として利用することは違法として広く知れ渡っています。しかし、店舗内で実際のカジノではなく、オンラインカジノを楽しむことができる場所を提供しているケースはどうなるのか知らない方も多いと思われます。

結論を述べると、店舗内でオンラインカジノができる場所を提供した場合も違法となります。こちらは、実際に2007年に起こっており、有罪判決が下されました。自宅の回線が弱くてスムーズにゲームができない場合や、同じカジノ好きと輪を広めたいと思っても、店舗内でオンラインカジノを提供される場所へ足を運ぶことは止めておきましょう。最悪、逮捕されてしまいます。

また、違法となりやすいオンラインカジノとして、日本人専用のルームがある場合も注意しておきましょう。オンラインカジノは海外でのサービスです。しかし、日本人向けにサービスが提供されているようなことがあれば、警察はこれ見よがしに何かと理由を付けて検挙しようとします。そのため、明らかに日本人向けに提供されているオンラインカジノサイトは危険なので登録は控えておきましょう。

最後に、オンラインカジノを利用する注意点として、自分がオンラインカジノを利用していることを外部に漏らさないことです。インターネットの普及により、ブログやSNSを利用しやすくなったため、個人が簡単に情報を発信できるようになりました。だからといって、自分がオンラインカジノを利用しているという情報を安易に発信しないようにしましょう。

やはり、やましいことをしていなくても、オンラインカジノはグレーゾーンの娯楽なので、変にサイバー警察の目に止まらないように気を付けましょう。

ベラジョンカジノで今すぐ遊びたい人
↓↓↓↓↓↓↓↓
当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中