オンラインカジノの始め方!事前に準備しておくべきことは?

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。

オンラインカジノの年齢制限について

日本にはすでに様々な種類のギャンブルが存在しています。しかし、それら全ては年齢制限があり、若いうちには楽しむことができないようになっています。その理由としては、ギャンブルに依存性があり危険な側面を持つことやお金を使った遊びであること、かつ感情的に動いてしまいがちな若い世代には不向きであることが挙げられます。

そして、カジノは現在、日本国内では年齢に関わらず禁止されています。これは現在の法律において違法行為とされているためです。もしカジノをプレイした場合は、賭場を提供している者と共に摘発されてしまう可能性があります。ですが、この法律について現在改定の動きがあり、将来的にはカジノも国内で解禁される方針になりつつあります。なので、今逮捕される危険を冒してまでカジノに手を出すよりは来たる将来を待って、合法となったカジノを楽しむのが得策でしょう。

しかし、現在の日本においてカジノを全くプレイすることができないのでしょうか。実はそんなことはありません。国外で運営されているオンラインカジノでは、日本からでもカジノを楽しむことができます。オンラインカジノであれば、比較的安全にカジノをプレイすることができます。ですが、オンラインカジノでも他のギャンブルと同じように年齢制限が課されています。

オンラインカジノの年齢制限

日本ではギャンブル以外にも様々なことの年齢制限として18歳未満は禁止とされてきています。近年では、成人年齢を現在の20歳から18歳に引き下げる動きも見られます。1つの節目として、高校を卒業し、ある程度自立して行動することができるようになる年齢と見られているのかもしれません。

オンラインカジノでも18歳を年齢制限のボーダーとしているものが多いです。海外でも18歳は1つの節目として見られているのかもしれません。なので、現在18歳未満の方はオンラインカジノを利用することは難しいです。

また、オンラインカジノ業者によっては20歳未満を禁止としているものも見られます。現在18歳は超えているものの、成人していない場合はオンラインカジノの提示している年齢制限をきちんと確認して選ぶ必要があるでしょう。

また、先ほど述べたように日本において成人年齢が18歳まで引き下げられる可能性があります。ですが、成人が18歳となってもなお、現在20歳未満が利用できない公営ギャンブルについては依然として20歳未満の利用を禁止とする方針で進められています。この場合、現在20歳未満の利用を禁止しているオンラインカジノにおいても同様の方針で進められると考えられるので、今後も年齢制限についてきちんと確認してから利用登録をする必要があるでしょう。

年齢制限を守らなかった場合

日本において、制限年齢未満でギャンブルを利用した場合、法律違反となり補導や逮捕される可能性があります。確かに大人の楽しみとして憧れる人もいるでしょうけれど、逮捕歴などがついてその後の人生に支障をきたすのはあまりにももったいないです。きちんと自制し、もし周りにそのような行為をしようとしている人がいたら止めてあげるのが良いでしょう。

また、オンラインカジノの場合は制限年齢未満だと、オンラインカジノはそもそも利用できません。オンラインカジノでは利用登録の際に、非常に厳しい年齢確認が行われるためです。そのおかげで、制限年齢未満の若者が年齢を詐称してオンラインカジノを利用することができなくなっています。

厳しい年齢制限のメリット

厳しい年齢制限はカジノを利用してみたい若者にとっては厄介に思うかもしれません。ですが、冒頭でも述べたようなギャンブルの依存性、金銭的な危険性を考えればむしろメリットとも言えます。カジノはあくまでお金を賭けて行うゲームなので、勝てば利益が生まれ、負ければ損失が生じます。

制限年齢未満の若者は勝って利益を得たときの成功体験から、どんどんカジノにのめり込んでしまう可能性があります。逆に負けたときの損失を補うために次へ次へと資金をつぎ込み、気づけば大きな金銭的不利益を被ってしまう可能性もあります。

このような危険を防ぐ意味でも年齢制限は必要であり、厄介というよりはむしろ若者のためを思って作られている制度であると見ることができます。

オンラインカジノの初期費用

年齢制限の壁を超えた後に気になるのは初期費用でしょう。日本人の我々にとって身近でない分、カジノは海外のセレブたちが嗜むお金持ちの遊びだというイメージがあるかもしれません。もちろん、海外の高級カジノでは初めから大金が必要な場合もあります。

ですがオンラインカジノでは必ずしも高額の資金が必要なわけではありません。提供しているカジノ業者によりますが、50,000円程度あればオンラインカジノを楽しむことができます。より余裕を持って楽しみたい場合でも100,000円程度の資金があれば始めることができます。

当初予想していたセレブな遊びのイメージからすれば少額ですが、これでも遊びとして始めるには他の遊びから考えるとなかなかの大金です。ですが、このくらいの金額は用意しておくべきだと言えるでしょう。

この金額以下で始めると、負けてしまったからさらに少額の資金を費やし、そこで負けたからさらに、というような負のサイクルに陥ってしまう可能性があります。少額で始めることもできると言いましたが、できるだけ余裕を持って楽しめた方が良いでしょう。

逆に、本気で挑戦しようと思っていた人からすれば想像以上に少額で、楽しめるのか不安に思うかもしれません。ですが、上記のような金額さえあれば十分に楽しめます。というのも、大抵のオンラインカジノではボーナスと呼ばれる初回利用の際に適用されるオプションがあるためです。

初めに用意した資金の倍に相当する金額でプレイできたり、初めの数回についてはフリープレイが可能になったりします。始めたばかりの初心者に良心的なこれらのシステムを利用すれば、自分で用意した資金以上のプレイが楽しめるのです。

逆に、初めから気合を入れて資金として大金を入金するときには注意が必要です。ゲームによっては一度に賭けることのできる金額を自分で決めることができます。このとき、一攫千金を狙って大金を賭ければ、勝ったときの利益は膨れ上がります。しかし、負けた場合は損失が大きくなってしまいます。

例えば、カジノゲームの代表であるブラックジャックでは少額では数十銭から、大金では数万ドル(日本円にして100万円以上)までベットすることができてしまいます。大金をかけて勝つことができれば嬉しいですが、負けた場合はかなり大きな痛手になります。

ビギナーズラックという言葉もありますが、実際のところ初心者が大勝をあげられる可能性は低いでしょう。生活費を削ってまで一攫千金のチャンスを狙うのは得策とは言えません。まずは上記で提示した額から初めて、慣れてきた頃に勝って得られた余剰資金で挑戦することを推奨します。

クレジットカードの用意

資金の準備にはクレジットカードが必要になります。というのも、オンラインカジノでの支払いは基本的にカードを使って行われるからです。クレジットカードを用意したとしても、キャッシング枠に空きがなければオンラインカジノで利用することができないので、その点も事前に確認しておくようにしましょう。

オンラインカジノの年齢制限を考えれば、クレジットカードが用意できないということは、ブラックリストに入れられてしまっていたり、収入がないため申請が取り下げられてしまったりしない限り、めったにないと考えられます。仮にそうだとしても、それらの状況を考えずに作ることのできるデビットカードというものもあります。

デビットカードは分割払いには向かないカードですが、クレジットカードと同様に番号が記載されており、カード情報の申請にも使用することができます。ただし、デビットカードは全てのカジノ業者で使えるわけではないので、事前に使用できるカードを確認しておきましょう。

また、所持しているクレジットカードのキャッシング枠に空きがあったとしても、クレジットカード側がオンラインカジノへの利用を制限している場合があります。このような場合はもちろん手持ちのクレジットカードを使用できません。もし、いくつかのクレジットカードを持っているのであれば試してみると使用できるものがあるかもしれません。ですが、このような場合は少なくないので、手持ちのカードが全て使えなかった場合は、上記のようにデビットカードを作成して試してみると良いでしょう。

身分を証明する

先ほども述べた通り、オンラインカジノでは厳しい年齢制限があります。年齢ももちろんですが、それに加えて身分証明書類の提示を求められる場合が多くあります。カジノというゲームの性質上、多額の金銭のやりとりがあるので、信頼できる人物かどうかをきちんと確認する必要があるからです。

使用できる証明書類としては運転免許証やパスポートが一般的です。オンラインカジノは海外で運営されているため、世界的に使用できる身分証明書類が必要となります。そのため、日本で使用できるような保険証等は使用することができない場合がほとんどです。

さらに、パスポートは住所確認に適していないため、公共料金の支払い明細が必要とされる場合もあります。また、世界的に使用できる身分証明書類だとしても、日本語に対応していないオンラインカジノを利用すると、日本語で表記されている身分証明書類では審査が通らない可能性があります。この場合は、申請の際に補足を書き加えておきましょう。または、日本語に対応しているオンラインカジノを利用しましょう。

さらに、初めに身分証明を行なったとしても、再び確認されることがあります。多額の金銭のやりとりがあるオンラインカジノの性質上、定期的、あるいは多額のやりとりが行われる際に身分を確認する場合があるのです。身分証明書類を要求された場合に迅速に対応できるよう、初めの身分証明に使用した書類はきちんと手元に持っておくようにしましょう。

最後に、情報登録の際は誤りや偽りなく申請することが大切です。海外の業者に情報を開示することに抵抗があり、本名や住所を入力したくないという人もいるでしょう。ですが、身分証明証と入力情報を照合されるため、正直に書かなくてはトラブルを招き、最悪の場合オンラインカジノの利用自体を断られてしまう可能性もあります。自分で情報を提供してもいいと思える信頼の置ける業者を選び、正しい情報を入力することを心掛けましょう。

オンラインバンキング口座の用意

資金などの入金はクレジットカードを利用して行います。では、カジノで得られた利益などはどのようにして手元に収めるのでしょうか。そこで使用するのがオンラインバンキング口座になります。

オンラインバンキング口座といっても、基本的には通常の銀行口座と同じです。異なる点は、口座の中身をインターネット上で管理することができるという点です。オンラインカジノで得たお金をオンライン上で銀行口座に移すことができれば非常に便利です。

特にオンラインカジノで海外の業者を利用することを考慮すると、外貨口座のあるオンラインバンキング口座を準備した方が良いでしょう。最近の銀行では、オンラインバンキングのみで使えるネットバンクという銀行口座も存在します。オンラインカジノで利用する場合には、このようなオンラインでの利用に特化した銀行の方が便利に感じることもあるかもしれません。

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。