事前の準備が大切!オンラインカジノの始め方

年齢制限について

日本国内でも、カジノを除けばギャンブルは比較的充実しています。パチンコやパチスロ、競馬、競輪など、さまざまに楽しむことができるでしょう。ですが、いずれにおいても共通しているのが、年齢制限が存在しているということです。ギャンブルには依存性があり、また大金が動くため、冷静な判断が難しい若い世代においては認められていません。

カジノについては、年齢にかかわらず国内でおこなうことは不可であるのが実際のところです。2018年の現行法においては、違法と位置付けられているためです。カジノを提供した場合、そしてプレイした際には、摘発される可能性も出てくるでしょう。ただ、近い将来解禁されると話題になっているのも事実です。解禁を待ちきれずつい禁断の違法カジノに手を出して捕まるともなれば、何ともばからしいです。近い将来が訪れるまで、待ちましょう。

とはいえ、日本にいるとまったくカジノができないのかといえば、そうでもありません。オンラインカジノを利用すれば、日本に居ながら海外の法律に基づき運営されているカジノがプレイできます。この仕組みによって、ひとまず安心して楽しむことができます。そこで注意しておくべきなのが、年齢制限についてです。国内のカジノ以外のギャンブル同様、海外で運営されているオンラインカジノにもまた、年齢制限が存在します。ではいったい、何歳から始められるのでしょうか。

オンラインカジノで定められている年齢制限

日本において、年齢制限として18歳がよく基準に挙げられます。高校を卒業する年齢であり、また車の免許がとれるようになる節目の年でもあるためです。そしてオンラインカジノでも、18歳未満禁止を掲げているところは多くみられます。日本の定番である18歳という節目の年齢は、海外でも同様の扱われ方をしているのです。そのため、もしあなたが18歳未満であれば、オンラインカジノの登録は難しいと考えておいてください。

またカジノ業者によっては、制限年齢を20歳にしているところもあるようです。パチンコを除く、競馬や競艇といった公営ギャンブルでは、多くがこの年齢を制限年齢としています。オンラインカジノでも、同じような仕組みを取り入れているところが一部みられるのです。もしあなたが18歳以上20歳未満であれば、オンラインカジノの登録はできなくもないですが、種類選びには注意すべきです。

2018年現在、近い将来において成人の基準が変更されると噂されています。現在の20歳から、18歳に引き下げるというものです。ですが、パチンコ以外の公営ギャンブルにおいては改正以降も20歳未満禁止のルールを維持する方向で進めていると、ニュースなどで発表されています。オンラインカジノについても特に変更はない可能性が高いので、引き続き制限年齢の確認は欠かさないよう注意しておくことが大切です。

年齢制限を守らなければどうなるのか

日本国内の場合、制限年齢を守らずギャンブルをおこなった場合、法律違反となってしまいます。そのため場合によっては、補導や逮捕に繋がる可能性もでてくるでしょう。一時の好奇心で人生の経歴に傷をつけるというのは、何とも非効率です。周りの大人が、しっかり教えてやるべきでしょう。

ではオンラインカジノも同様なのかといえば、また違ってきます。オンラインカジノで年齢制限を守らなかった場合起こる展開は、そもそも登録できないという状況です。なぜなら、登録時に厳格な年齢確認がおこなわれるためです。これにより、年齢を偽って申し込みをおこなう若者をふるいにかけています。

年齢制限が設けられているメリット

カジノに強い興味を持つ若者からすれば、年齢制限は邪魔な存在かもしれません。ですが、これは一方でメリットでもあります。カジノは勝つときがあれば負けるときもあるため、慎重さが欠かせません。

そこへきて制限年齢以下の若者の場合、負けを補填したいという気持ちの高ぶりや、金銭感覚のなさが影響して、必要以上にマイナスを膨らませてしまう可能性がでてきます。年齢制限は、こうした展開を未然に防いでくれているともいえます。邪魔どころか、むしろ設けられていることに感謝すべきシステムとさえ表現できるでしょう。

オンラインカジノを始めるために必要な金額

カジノを始める上で、やはり気になるのは必要資金ではないでしょうか。カジノ=ゴージャスでセレブな遊び、そんなイメージを持っている人も少なくないことでしょう。実際に高級カジノなどを訪れれば、最低資金でも結構な大金を求められる場合があります。そこへきて、手軽に楽しみたいオンラインカジノで高額資金が必要となると、少し始めにくいです。

ですが、安心してください。オンラインカジノにおける最低資金は、結構手頃です。もちろん、カジノ業者やゲームによって設定は変わってきますが、50,000円ほどで考えておくと良いでしょう。さらに余裕のある始め方をしたいなら、100,000円程度がおすすめです。

とはいえ、これでも一般的にみればなかなかのまとまった額です。ですが、このあたりのラインは維持すべきといえます。これ以上けちってしまうと、視野の狭いカジノプレイになってしまうでしょう。少額で負けたから、またさらに少額を入金する、そしてまた負ける、そんな負のスパイラルにも陥りかねません。できる限り、余裕のある始め方をおすすめします。

本格的に挑戦したい人からすると、少し軽すぎる額にも思えるかもしれません。ですが、50,000円あれば、ひとまず期待度の高いカジノプレイは可能となります。なぜなら、多くのカジノではボーナスが用意されているためです。初回に限り、入金額の倍にあたる額でプレイできる、一定のフリープレイが用意されているなど、良心的なところも少なくありません。つまり、初心者については用意した金額以上のプレイができる場合が多いというわけです。

逆に気を付けて欲しいのが、最初から大きな額を入金して大勝負に出るという始め方です。同じゲームでも、一度にベットできる金額を自分で決めることができ、賭け額が大きければ大きいほどリターンも膨れ上がる、そんな種類も存在します。たとえば代表的なカジノゲームであるブラックジャックは、最少数十銭とから賭けられますが、大きく攻めるなら日本円で100万円以上にあたる、数万ドルでの別途も可能な場合があります。

大きく賭けて勝てれば良いですが、負けた場合の損失は尋常ではありません。ましてや初心者となれば、可能性はかなり低いはずです。もちろん、慣れてきてから余剰金において挑戦するのであれば、何ら問題ありません。ですが、生活費を削ってまで人生一発逆転を狙うといった方法は、まず理想的といえません。基本は、最低限の投入額からスタートする始め方をおすすめします。

クレジットカードのキャッシング枠

なぜクレジットカードが必要になるのか、それはオンラインカジノにおける支払い方法が、基本的にカード払いであるためです。利用時には、かならず手元に用意しておくようにしましょう。また、クレジットカードがあるからといって、かならず使用可能なわけではありません。キャッシング枠に空きがあるかどうかも、事前に確認しておきましょう。

そもそもオンラインカジノは18~20歳以上でしか登録できないため、クレジットカードの用意はそこまで難しくないでしょう。ただ、キャッシング枠がいっぱいである、ブラックリスト指定されていてどうしても作れない、収入がないといった場合はまた別です。年齢にかかわらず、クレジットカードを作れないかもしれません。

ですが、だからといってすぐに諦めなければならないわけでもないので安心してください。収入やブラックリストの状況にかかわらず、自由に作れるカードも存在します。それは、デビットカードです。分割払いには適さないタイプですが、クレジットカードと同じような形式の番号などが割り振られており、クレジットカード情報の申込時に使うことができます。ただ、オンラインカジノ業者によっては使えない場合もあるようです。この点も、事前に確認しておきましょう。

注意点は、もうひとつあります。それは、キャッシング枠に空きがあるクレジットカードでもなお登録できないケースです。クレジットカードの中には、オンラインカジノへの使用に対して制限しているものも存在するのです。しかもこのケースは、決して少なくありません。複数枚手元にあるようであれば、いくつか試してみると良いでしょう。どうしても難しければ、やはりこちらもデビットカードを試す方法が有効となります。

身分を証明できるもの

前述の通り、オンラインカジノでは年齢を厳格にチェックした上で利用可否が判断されます。そしてチェックされるのは、年齢だけでもありません。他に、身分証明を必須としていることがほとんどです。多額の現金を取り交わすだけに、信用できる人物かをしっかり確認されるのです。

証明に使えるものとしては、運転免許証とパスポートが一般的です。日本国内であれば、身分証明書は他にも複数選択できるかもしれません。ですがオンラインカジノは、あくまで海外の業者です。そのため、世界的に通用するこれら2種類以外、受け付けていないケースがほとんどなのです。パスポートの場合、住所確認には適さない存在であるため、合わせて公共料金の支払い明細も必要になる可能性もあります。

注意点としては、たとえば外国語にしか対応していない業者を利用するケースです。日本語で表記された身分証明書は、審査を通してくれないかもしれません。この場合は、補足メッセージなどでただし書きをおこなっておくとより安心です。もしくは、最初から日本語に対応しているオンラインカジノに絞って選ぶという方法も理想的でしょう。

また、身分証明書の確認は一度とは限らないということも覚えておいてください。前述の通り、オンラインカジノは多額の現金をやりとりする可能性もあるシステムです。それだけに、定期的に身分の確認がおこなわれる場合があるのです。その他、一定額以上の払い戻し請求をおこなう際に、要求される場合があります。こうしたケースにも対応できるよう、初回に使った身分証明書は常日頃から身近な場所に置いておくようにしましょう。

もう一点、登録情報は誤りのないよう正しく入力するということも理解しておくべきです。海外のサービスを利用するのが不安であるため、本名は使用したくない、住所も教えたくない、そういった考え方は避けるべきです。なぜなら、登録した情報と身分証明書の内容が違っていると、トラブルに至る場合があるためです。そもそも、利用を断られるかもしれません。信用できるオンラインカジノを選んで、正しい情報を提出するといった始め方を意識してください。

オンラインバンキングの口座

入金に関しては、クレジットカードの使用が基本となります。ですがそれは、あくまで入金時のみの考え方です。出金した金額に関しては、クレジットカード内に置いておくことは基本的にできません。そこで役立つのが、オンラインバンキング口座を用意するという始め方です。

基本的には、通常の銀行口座と変わりません。ですが、そんな口座をインターネット上で管理できるシステムがあると、同じくオンライン上のサービスであるオンラインカジノ利用時には何かと便利です。インターネット上で入出金や管理ができるオンラインバンキングは、まさにオンラインカジノ向きといえるでしょう。

もしオンラインバンキングの使用に別途申し込みが必要なのであれば、あらかじめ準備しておきましょう。これもまた、オンラインカジノの始め方のひとつと考えておいてください。中でも、外貨口座有りのオンラインバンキングを用意した始め方は、海外のオンラインカジノを利用する上で何かと便利です。お金の管理が、よりスムーズに感じられるでしょう。

銀行の中には、オンラインのみで稼働しているところも存在します。いわゆる、ネットバンクと呼ばれるタイプです。もちろんこちらもオンラインバンキングが利用できるため、オンラインカジノに適しているといえるでしょう。ウェブ上での管理に特化されたサービスなので、一般的な銀行のもの以上に使いやすく感じられるかもしれません。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中