ベアビック法を徹底解説!ベアビック法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

ベアビック法

ベアビック法は、ルーレットのストレートベットを使ったマネーシステムです。理論上の勝率は、なんと94.5%!上手く使えば短時間で効率的に利益を上げることができますが、システムの弱点を知らずに続けていると、あれよあれよと資金が減っていく危険性もあります。

この記事では、ベアビック法の賭け方、注意点、勝つためのコツを分かりやすく説明しています。
しっかりと理解して、実戦で使ってください。

ベアビック法の特徴

「カジノの女王」と言われるルーレットには、赤黒、大小、ダズン、カラム、ライン、コーナー、ストリートなど多種多様な賭け方があります。
ベアビック法は、その中で配当が36倍のストレートベット(0~36まで37個の数字の中から好きな番号を選ぶ)を使います。
複数の番号に賭けるため、勝った時の利益は1単位ですが、なんといっても勝率が94.5%です。
ほとんど負けることがないので、効率的に資金を増やせる可能性が高いシステムといえるでしょう。

ベアビック法の賭け方

それでは、ベアビック法の賭け方を説明します。
ここでは、分かりやすいように1単位1ドルと設定しましょう。
番号の選び方はいろいろあるので後で紹介するとして、まず覚えてほしいのは
0~36まで37個の数字の中から、35個を選んで賭ける。
ということです。
1ドルずつ35個に賭けると、賭け金は35ドル。
ストレートが当たった時の配当は36倍なので、1ドルの利益。
仕組みとしては、とてもシンプルなので初心者の人でも問題なく理解できると思います。
そして、35個の数字の選び方ですが、これについては様々な選び方があり、「これでないとダメ!」「これだと勝率が上がる!」といったものはありません。
お好きな選び方で結構です。

  • 前回の出目とゼロを除いた35個の数字に賭ける。
  • 前回、前々回の出目を除いた35個の数字に賭ける。
  • 前回の出目とランダムに1つ選んだ数字を外して35個の数字に賭ける。
  • 完全にランダムで2個の数字を外し35個の数字を選ぶ。

このような感じで、数字を選ぶ方法は無限にあり、どれが最良というのは決められません。
いずれにせよ、35個の数字に1単位ずつを賭けて勝てば1単位の利益、負ければ35単位のマイナスということを覚えておいてください。

ベアビック法の流れ(使用例)

ルーレットを使い、ベアビック法を実践してみます。
分かりやすいように、1単位1ドルに設定しました。
番号の選び方は、「同じ番号が短い間隔で続くことが多いので、直近3回の出目は必ず入れて、残り32個はランダムに選ぶ。」という方法を取りました。
■1ゲーム目
1ゲーム目
直近3回の出目が20・17・19だったので、その3個と32個をランダムに賭けました。
勝ちましたので、賭け金額35ドル・払戻金額36ドルで1ドルのプラスです。
累計利益:1ドル

■2ゲーム目
2ゲーム目
直近3回の出目が17・19・29だったので、その3個と32個をランダムに賭けました。
勝ちましたので、賭け金額35ドル・払戻金額36ドルで1ドルのプラスです。
累計利益:2ドル

■3ゲーム目
3ゲーム目
直近3回の出目が19・29・33だったので、その3個と32個をランダムに賭けました。
勝ちましたので、賭け金額35ドル・払戻金額36ドルで1ドルのプラスです。
累計利益:3ドル

■4ゲーム目
4ゲーム目
直近3回の出目が29・33・20だったので、その3個と32個をランダムに賭けました。
勝ちましたので、賭け金額35ドル・払戻金額36ドルで1ドルのプラスです。
累計利益:4ドル

■5ゲーム目
5ゲーム目
直近3回の出目が33・20・9だったので、その3個と32個をランダムに賭けました。
勝ちましたので、賭け金額35ドル・払戻金額36ドルで1ドルのプラスです。
累計利益:5ドル

無事に5連勝することができましたので、5ドル(5単位)のプラスで終了です。
実践例の収支は、このようになります。
実践例収支表

やはり94.5%の勝率は圧倒的で、上の実践例の後もゲームを続けて何連勝できるか実験したところ、46連勝でストップしました。
負けると35ドル(35単位)のマイナスなので、11ドル(11単位)のプラスということになりますね。
ただ、ここまで引っ張るのはあまりおすすめできません。
この後の注意点、解決策でも説明しますが、多くても15連勝ぐらいで勝ち逃げするのが得策かと思います。

ベアビック法の注意点

非常に高い勝率(94.5%)を誇るベアビック法ですが、一回の利益が小さく、負けた時の損失が大きいので、実戦で使用する時には、あまり長いゲームを引っ張るのはおすすめできません。
こちらは、ベアビック法で勝った時と負けた時の累計利益を比較した表です。
勝った場合と負けた場合
これを見れば分かるように、たとえ9連勝しても10回目に負けると26単位もの損失が出ます。
1勝で1単位増えますから、元へ戻す場合には26連勝が必要になります。
ベアビック法の勝率は、35/37で約94.5%。負ける確率は2/37で約5.4%。
20回に1回は負ける計算になりますので、26連勝の途中で負ける可能性も十分にあります。
そうなるとさらに損失が膨らみ、収支をイーブンへ戻すにはかなりの時間がかかるでしょう。

ベアビック法のリスクと解決策

ここでは、ベアビック法のリスクを復習し、おすすめの使い方や勝つためのコツを説明します。

連勝回数を設定し短期勝ち逃げを狙う

ベアビック法の勝率は94.5%ですから、大抵の場合は数連勝できる計算になります。
しかし、長く続けていれば5%の負けに引っかかる可能性が高くなります。
20回に1回の負けというのは、あくまでも確率であり、どこで来るかは分かりません。
しかも、一度負けると36単位のマイナスになりますので、損失を取り戻すにはかなりのゲーム数が必要になります。
以上のことから、ベアビック法を使う場合は多くても10~15連勝ぐらいで一度利益を確定して勝ち逃げすることをおすすめします。

負けが続いたらその日はやめる

上の説明に関連する話ですが、運が悪い時には5%の負けが早い間隔でやってくる可能性もあります。
よくあるパターンとしては、AとBの数字を外して賭けたらAが来た。
「Aが連続することはないだろう。」とAを外したら、連続してAが出たというような展開です。
不思議なものでルーレットを長く回していると、同じ数字が連続して出現したり、2/37を連続して引いてしまうなど、様々なことが起こります。
このような場面に遭遇して資金を一気に減らしてしまうと、普通の人は熱くなって余計な勝負をしてすべて溶かしてしまうなどの危険もあります。
熱くなってはカジノで勝てませんから、ベアビック法の調子が悪い時は勝負を切り上げた方がいいでしょう。
どうしても取り返したいという人は、このサイトで紹介しているパーレー法やバーネット法など、パンクのリスクが少ないマネーシステムに切り替えることをおすすめします。

ランドカジノ・ライブカジノでは使わない

ベアビック法は、35個の数字にベットするため、時間制限のあるライブでは間に合わない可能性があります。
28個や32個しかベット出来なかった場合、勝てば得した気分になりますが、負ければ正しい賭け方が出来なかった上に大事な資金も失うことになり後悔します。
したがって、よほど早くベット出来る自信のある人以外は、ソフト版のルーレットで使用することをおすすめします。

ベアビック法のポイント

最後にベアビック法のポイントをまとめます。

  • 目標連勝数を設定し(5~15回を推奨)、短期勝ち逃げを狙う。
  • 35個の数字に賭けるので、初めはソフト版のルーレットで実践する。
  • 負けが続いた場合は、早めに勝負を切り上げる。

以上になります。
ベアビック法は、欲張らずにある程度勝ったところでやめることが出来れば、高確率で資金を増やせる有効なマネーシステムです。
自分なりのルールを見つけ、上手く使用してください。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中