1326法(バーネット法)を徹底解説!1326法(バーネット法)の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

1326法(バーネット法)

バーネット法は、資金がパンクするリスクを抑えながら、大きな利益を生み出すことも可能な万能型のマネーシステムです。勝率50%・配当2倍(バカラ、ブラックジャック、ルーレットの赤黒)のゲームに有効となっています。

一攫千金は狙えないものの、時間をかけてコツコツと利益を積み重ねていきますので、リアルカジノよりもサクサクとゲームを進められるオンラインカジノ向けの手法といえます。

ここでは、バーネット法の賭け方や注意点、応用した方法などを分かりやすく説明しますので、しっかりと理解してください。

1326法(バーネット法)の特徴

バーネット法はその名の通り、賭け金を1→3→2→6と上げていきます。
途中で負けるとリセットして最初に戻るので、勝つまで賭け金を上げるマーチンゲール法のように、資金がパンクするリスクも小さく、連勝時にはそれなりの利益も得られます。
同種の賭け方としては、1235法(グッドマン法)があります。
2つの賭け方を比較すると、2ゲーム目の賭け金に違いがあり、

  • 2連勝で利益が確定するが、負けると2単位の損失が出るのがバーネット法
  • 2連勝でイーブンが確定し、負けると1単位の損失が出るのがグッドマン法

と覚えておけばいいでしょう。
グッドマン法をより攻撃的にしたものが、バーネット法です。

1326法(バーネット法)の賭け方

それでは、バーネット法の賭け方を説明します。
基本的な賭け方は以下の通りです。

  1. 最初に1単位を賭ける。
  2. 1単位で負けた場合は、勝つまで1単位を賭け続ける。
  3. 勝った場合は3単位、2単位、6単位と賭け金を増やす。
  4. 4連勝したら、負けるまで6単位を賭け続ける。
  5. 途中で負けたら、最初の1単位に戻る。

4については、決して負けるまで6を賭け続ける必要はなく、「そろそろ負けるだろう。」「○○単位増えたからリセットしよう。」と思えば、最初の1に戻ってもかまいません。
こちらの表を見て、理解してください。
バーネット法賭け方
6勝4敗なので、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)なら2単位のプラスですが、上手くバーネット法がハマっているので7単位ものプラス収支が出ています。
一度でも4連勝できれば12単位のプラスになりますので、かなり楽な展開になることが分かると思います。

1326法(バーネット法)の流れ(使用例)

ルーレットの赤黒(2倍配当)を使って、バーネット法を実践してみましょう。
分かりやすいように、1単位1ドルに設定します。
■1ゲーム目
1ゲーム目
1ドルを賭けて勝ちましたので、2ドルが払い戻され1ドルの利益です。
累計損益:1ドル

■2ゲーム目
2ゲーム目
払い戻された2ドルに1ドルを追加して、3ドルをベット。
負けましたので、累計で2ドルのマイナスになりました。
バーネット法では、負けた場合は最初に戻ります。
累計損益:-2ドル

■3ゲーム目
3ゲーム目
1ドルを賭けて勝ちましたので、2ドルが払い戻され1ドルの利益です。
累計損益:-1ドル

■4ゲーム目
4ゲーム目
払い戻された2ドルに1ドルを追加して、3ドルをベット。
今度は勝ちましたので、累計がプラスに転じました。
累計損益:2ドル

■5ゲーム目
5ゲーム目
今度は2ドルを賭けて勝ちました。
累計損益:4ドル

■6ゲーム目
6ゲーム目
4連勝を目指し6ドルを賭けて勝ちましたので、6ドルの利益です。
ここからは、負けるまで賭け続けてもいいですし、リセットして1に戻っても構いません。
今回は、このまま6ドルを賭け続けることにします。
累計損益:10ドル

■7ゲーム目
7ゲーム目
6ドルを賭けて勝ちましたので、12ドルが払い戻されて6ドルの利益です。
累計損益:16ドル

■8ゲーム目
8ゲーム目
6ドルを賭けて負けました。
これでバーネット法の1セットが完了です。
次ゲームからは、また1ドルに戻って同じように賭けていきます。
累計損益:10ドル
実践例の収支は、このようになります。
実践例収支表
勝ち波に乗って4連勝できると12単位の利益が出ますので、収支がマイナスで停滞しているときなどは、一気に挽回できることが多い手法です。

1326法(バーネット法)の注意点

上手くハマれば破壊力のあるバーネット法ですが、完璧なマネーシステムはありません。
次のような展開になると、損失が膨らんだり利益を出せない負けパターンに陥ります。

2連勝出来ないと損失が膨らむ

バーネット法では1ゲーム目で勝った場合、2ゲーム目に払い戻された2単位+1単位を追加して賭けるシステムになっています。
そこで負けた場合には、最初の1単位と追加の1単位、計2単位の損失が出ます。
そのため、このように1勝1敗が続くと、損失がジワジワと膨らんでしまいます。

1勝1敗が続いた場合(バーネット法)

1勝1敗が続いた場合(バーネット法)
同種の賭け方であるグッドマン法との違いを確認してください。

1勝1敗が続いた場合(グッドマン法)

1勝1敗が続いた場合(グッドマン法)
グッドマン法は、1→2と賭けるので1単位ずつの損失となっています。

4ゲーム目で負けると利益が出ない

もう一度、バーネット法の賭け方を思い出してください。
1→3→2→6ですよね。
2連勝出来れば、3ゲーム目で負けても2単位のプラスで終了です。
しかし、3連勝した場合は4ゲーム目に今までの利益をすべて賭けるため、負けた時には利益が残りません。
そのため、実戦で4ゲーム目の勝敗に偏りが出ると、損益の波がかなり大きくなることを知っておいてください。

1326法(バーネット法)のリスクと解決策

バーネット法の長所と欠点を踏まえて、実戦で使用するときの心構えと賭け方の応用について説明します。

連勝できなくても我慢する

バーネット法は、2連勝して利益が確定・イーブンになるシステムです。
1勝1敗が続いたり、4回目での負けが続くと資金がジワジワと減り続けます。
そんな時に我慢できなくなり、いきなり資金に見合わない金額を賭けたり、その時の気分で賭け額を適当に変えたりしてはいけません。
勝率50%のゲームなら、負けが続いた後は勝ち波がやって来る可能性も十分にあります。

4連勝・5連勝で利益を確定する。

まず、勝率50%のゲームで連勝できる確率をご覧ください。
連勝確率
これを見ると、4連勝の6.2%(1/16)というのは割と期待できますが、5連勝、6連勝になってくると確率が大きく落ちてしまいます。
バーネット法では、1→3→2→6と4連勝した場合は負けるまで6単位を賭けるのが基本となっていますが、5ゲーム目に負けると利益は12単位から6単位へ大きく下がります。
5ゲーム目に勝っても、6ゲーム目に負けると利益は12単位のままです。
したがって、4連勝できた後はあまり欲を出さずに、つねに勝ち逃げすることを念頭におきましょう。

※応用編 4ゲーム目の賭け単位を減らす

バーネット法では3連勝した場合、4ゲーム目に6単位分の利益(1+3+2)を全て賭けます。
勝てば大きな利益が出ますが、負けた場合は利益がなくなってしまいます。
そこで、「出来る限り、リスクを抑えたい。」という人には、4ゲーム目の賭け金を4単位にすることをおすすめします。
1→3→2→4にするわけです。
これですと、4ゲーム目に負けても2単位のプラスで1セットを終了することができます。
勝った場合は、そのまま負けるまで4単位を賭け続けてもいいですし、6単位に増やして負けるまで賭け続けるのもいいでしょう。
その時の流れや資金の状況によって、使い分けてください。

1326法(バーネット法)のポイント

最後に、バーネット法のポイントをまとめます。

  • 勝率50%、配当2倍のゲームで使用する。
  • 2連勝出来ないと損失がジワジワと膨らむが、イライラして賭け金を急に上げたりしない。
  • 4連勝のあとは、欲張って6単位を賭け続けずに「利益確定」「勝ち逃げ」を考える。

バーネット法は、カジノ上級者も取り入れている人が多い優れたマネーシステムです。
連敗時の損失を最小限に抑えながら、それなりの爆発力も持っていますので、勝ち波と負け波を繰り返す長期戦に威力を発揮します。
ぜひ、実戦でその効果をお試しください。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中