1235法(グッドマン法)を徹底解説!1235法(グッドマン法)の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

1235法(グッドマン法)

グッドマン法は、ゲームに勝ったときの利益を残しながら、少しずつ賭け金を上げていくマネーシステムで、勝率50%・配当2倍のゲーム(バカラ、ブラックジャック、ルーレットの赤黒など)に有効です。

勝利時に賭け金を上げる代表的なシステムとしてはパーレー法がありますが、グッドマン法は連勝時に利益を残すため、攻守のバランスが取れた賭け方といえるでしょう。

この記事では、グッドマン法の賭け方や、注意点、勝つためのコツを分かりやすく説明しています。しっかりと理解して、実戦に取り入れてみてください。

1235法(グッドマン法)の特徴

グッドマン法は名前の通り、勝利時に賭け金の単位を1→2→3→5と上げていきます。
2連勝したあとの3ゲーム目で、最初に賭けた1単位分の利益を残し、負けても収支はイーブンになるように作られています。
パーレー法の場合ですと、勝利時に払い戻された資金を全て次ゲームに賭けるので、賭け金を1→2→4→8と増やしていきます。
そのため、どこかで負けると利益が全て消えてしまい、最初の1単位分が損失になりますよね。
この点が、「グッドマン法は守りを重視したマネーシステム」といわれる理由です。
しかし、1→2→3→5と連勝が続いた場合は、負けるまで5単位を賭け続け攻めに転じます。
通常時は、資金の減りを最小限に留め、連勝時は一気に資金を増やす優れたシステムといえるでしょう。

1235法(グッドマン法)の賭け方

それでは、グッドマン法の賭け方を説明します。
基本的な賭け方は以下の通りです。

  1. 最初に1単位を賭けて、勝った場合は2単位、3単位、5単位と賭け金を増やす。
  2. 負けた場合は、1単位に戻る。
  3. 1→2→3→5と4連勝した場合は、負けるまで5単位を賭け続ける。

こちらの表を見て、理解してください。
グッドマン法の賭け方
勝敗は10勝10敗ですので、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)なら収支はイーブンですが、グッドマン法を使って大きな連勝が来たため、3単位のプラスで終了しています。
このように、1度でも4連勝できると11単位のプラスになり、非常に楽な展開になります。

1235法(グッドマン法)の流れ(使用例)

ルーレットの赤黒(配当2倍)を使って、グッドマン法を実践してみましょう。
分かりやすいように、1単位1ドルに設定します。
■1ゲーム目
1ゲーム目
1ドルを賭けて勝ちましたので、2ドルが払い戻されて1ドルの利益です。
累計損益:1ドル

■2ゲーム目
2ゲーム目
2ドルを賭けて負けましたので、次ゲームからは1ドルに戻ります。
累計損益:-1ドル

■3ゲーム目
3ゲーム目
1ドルを賭けて勝ちましたので、2ドルが払い戻されて1ドルの利益です。
収支はイーブンに戻りました。
累計損益:0ドル

■4ゲーム目
4ゲーム目
2ドルを賭けて勝ちましたので、4ドルが払い戻され収支がプラスに転じました。
累計損益:2ドル

■5ゲーム目
5ゲーム目
3ドルを賭けて勝ちましたので、6ドルが払い戻されました。
累計損益:5ドル

■6ゲーム目
6ゲーム目
5ドルを賭けて勝ちましたので、10ドルが払い戻されました。
4連勝を達成しましたので、あとは負けるまで5単位を賭け続けます。
累計損益:10ドル

■7ゲーム目
7ゲーム目
5ドルを賭けて勝ちましたので、10ドルが払い戻されました。
この辺りになると、どこまで行けるのがワクワクしてきます。
累計損益:15ドル

■8ゲーム目
8ゲーム目
5ドルを賭けて負けてしまいました。
これでグッドマン法の1ターンが終了です。
次ゲームからは、最初の1単位に戻ります。
累計損益:10ドル

実践例の収支は、このようになります。
実践例収支表
今回は5連勝でしたが、勝ち波に乗っているときなどは、1・2・3・5・5・5・5、、、と連勝が続く場合もあります。
そんな時は、「行けるところまでいってやろう。」と5単位を賭け続けてもいいですし、「さすがにそろそろ負けるだろう。」と思ったらリセットして1単位に戻っても結構です。
パーレー法ですと、負けると全ての資金が飛んでしまいますが、グッドマン法の場合は

  • 2連勝で収支がイーブン
  • 3連勝で利益が確定
  • 4連勝以降はいつやめても利益が確定

なので、精神的にも楽な状態で賭けられるのが利点といえます。

1235法(グッドマン法)の注意点

守りを第一に考えながら、連勝時には一気に利益を増やせるグッドマン法ですが、次のような注意点があります。

2連勝できないと、損失が少しずつ膨らんで行く

グッドマン法は、2連勝で損益プラマイゼロが確定しますが、1勝1敗の展開が続くとこのようにジワジワと損失が膨らんでいきます。
1勝1敗が続いたパターン
勝敗数は5勝5敗なので、フラットベットだと損失は出ませんが、グッドマン法では2ゲーム目は払い戻された金額をそのまま賭けるので、負けると累計で1単位のマイナスとなります。
とはいえ、連勝すればこの程度の損失はすぐに回復できますから、必要以上に気にする必要はないでしょう。

守り重視のため、大きな勝ち波が来ても爆発的には増えない

グッドマン法の賭け単位は、1→2→3→5で、5回目からは負けるまで5単位を賭け続けます。
パーレー法の1→2→4→8→16→32と比較すると、連勝が続いた場合の資金の伸び方はどうしても見劣りします。
したがって、「一攫千金を狙うよりも、リスクを小さくしてコツコツ資金を増やしたい。」という人向けのシステムといえます。

1235法(グッドマン法)のリスクと解決策

ここでは、ディフェンシブな賭け方であるグッドマン法のリスクと、少しでも利益を増やすためのコツを説明します。

連勝できない展開が続いても我慢する

「グッドマン法は、最低でも3連勝しないと利益が出ない。」ということはお分かりいただけたかと思いますが、実戦では1勝1敗、2連勝のあと負ける、という展開が長く続くことも十分に考えられます。
そのような時に、イライラしていきなり残り資金に見合わないような大金を賭けて、一気に損失を取り戻そうとしないでください。
いつも自分の思うように連勝できていたら、カジノは潰れてしまいます。
勝率50%のゲームでは、勝ち負けが交互に来る、大きな連勝(連敗)が来る、という場面は頻繁に訪れます。
グッドマン法では、連敗時の賭け金は1単位ですので、パンクの心配をするような資金の減り方はありません。
最初に決めた金額をシステム通りに淡々と賭け続けることが大事です。

1単位あたりの賭け金を上げる

グッドマン法は、マーチンゲール法やモンテカルロ法のように連敗が続いても賭け金が膨れ上がることがないので、資金がパンクするリスクはとても小さいといえます。
そこで、利益を大きくするための方法として、賭け金を上げるという方法をおすすめします。
上の実践例では、分かりやすいように1単位を1ドルに設定しましたが、1単位5ドルと仮定してみました。

1単位5ドルの場合
1単位5ドルに設定
1単位1ドルの場合

実践例収支表
このように、たった1回5連勝しただけで大きな利益を上げることができます。
それでいてパンクする可能性は限りなく小さく、賭け金額の上限に達することもありませんから、1単位の金額を上げるのは有効な考えだと思います。

1235法(グッドマン法)のポイント

最後に、グッドマン法のポイントをまとめます。

  • 勝率50%、配当2倍のゲームで使用する。
  • パンクの心配が少ないので、1単位の賭け金を上げる。
  • 4連勝のあとは、目標金額やその日の流れに応じて「負けるまで続ける」「勝ち逃げ」を選択する。
  • 連勝できない展開が続いてもイライラしない。

グッドマン法は、守りを重視しながらも連勝時は大きな利益が期待できる、バランスの取れたマネーシステムです。
ぜひ、実戦で取り入れてみてください。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中