グランパーレー法を徹底解説!グランパーレー法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

グランパーレー法

グランパーレー法は、カジノのマネーシステムの中で恐らく最も攻撃的な賭け方です。少ない資金で大きな勝ちを狙えるシステムとしては、パーレー法があげられますが、グランパーレー法では、さらに大きな利益を狙います。ツボにハマった時の破壊力はすさまじいものがありますが、その分リスクもやや高め。

この記事では、具体的な賭け方、注意点、勝つためのコツを分かりやすく説明しています。しっかりと理解してください。

グランパーレー法の特徴

グランパーレー法はどのゲームにも有効ですが、連勝中に負けると全ての資金を失うため、勝率50%で配当2倍のゲームに用いるのが一般的です。
※バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャックなど。
同種のかけ方に分類できる、パーレー法とグランパーレー法の違いは以下の点が挙げられます。

  • パーレー法は、連勝中に負けると全ての資金を失うが、損失は最初の1単位だけ。
  • グランパーレー法は、連勝で得た利益に+αを追加するため、負けると1単位+αの損失となる。

したがって、どの段階で利益を確定させるかが非常に大事といえます。

グランパーレー法の賭け方

それでは、グランパーレー法のかけ方を倍率2倍のゲームを想定して説明します。
まず、1単位の金額と+αの金額を設定しましょう。
今回は、1単位1ドル、プラスαの金額を1ドルにしました。

  • 最初に1ドル賭けます。負けた場合は、勝つまで1ドルを賭け続けます。
  • 勝つと、2ドルが払い戻されます。
  • 次ゲームでは、2ドル+1ドルの計3ドルを賭けます。
  • 勝つと6ドルが払い戻されます。
  • 次ゲームでは、6ドル+1ドルの計7ドルを賭けます。

これを、負けるまで、または利益確定するまで続けます。
表にするとこのようになります。

【グランパーレー法の賭け方】

グランパーレー法賭け方
パーレー法の賭け方と比較すると、資金の増え方が大きく違うの分かりますね。

【パーレー法の賭け方】

パーレー法賭け方
実戦では、10連勝まで引っ張ることは少ないと思いますが、もし成功したらパーレー法の倍近くの利益が出ます。
一発逆転を狙うときに試したいマネーシステムですね。

グランパーレー法の流れ(使用例)

実際に、ルーレットの赤黒を使い、グランパーレー法を実践します。
今回は、1単位10ドル、プラスαを10ドルに設定しました。
■1ゲーム目
1ゲーム目
10ドルを賭けて勝ちましたので、20ドルが払い戻されて10ドルの利益です。
累計損益:10ドル

■2ゲーム目
2ゲーム目
払い戻された20ドルに10ドルを足した30ドルを賭けて負けましたので、最初の1単位(10ドル)とプラスαの10ドルを足した20ドルが損失となります。
累計損益:-20ドル

■3ゲーム目
3ゲーム目
最初に戻り、1単位の10ドルを賭けて勝ちましたので、20ドルが払い戻されて10ドルの利益です。
累計損益は、-10ドルになります。
累計損益:-10ドル

■4ゲーム目
4ゲーム目
払い戻された20ドルに10ドルを足した30ドルを賭けて勝ちましたので、60ドルが払い戻されて30ドルの利益です。
ここで累計損失がプラスに転じました。
累計損益:20ドル

■5ゲーム目
5ゲーム目
払い戻された60ドルに10ドルを足した70ドルを賭けて勝ちましたので、140ドル払い戻されて70ドルの利益です。
累計損益:90ドル

■6ゲーム目
6ゲーム目
払い戻された140ドルに10ドルを足した150ドルを賭けて勝ちましたので、300ドル払い戻されて150ドルの利益です。
累計損益:240ドル

実践例の収支はこのようになります。
実践例収支表
最初に20ドルの損失が出ましたが、たった4連勝で240ドル(24単位)の利益を出して終了できました。
まさに一撃必殺といった感じの、グランパーレー法の破壊力をお分かりいただけると思います。
カジノで大負けしたときなどに、一か八かでグランパーレー法を使い負けを取り返したら、病みつきになってしまうかもしれませんね。

グランパーレー法の注意点

破壊力抜群のグランパーレー法ですが、配当2倍のゲームでこれだけの利益を出すシステムですから、当然ながら欠点や注意点もいくつかあります。

連勝出来ないときの資金の減り方が大きい

グランパーレー法は、連勝時には大きく利益が出ますが、1勝1敗や2連勝して負けなどの展開が続くと、着実に損失が膨らんで行きます
こちらは、5勝5敗で連勝が2回止まりのシミュレーションです。
グランパーレー法連勝出来なかった場合
フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)だと収支はイーブンですが、グランパーレー法だと10単位ものマイナスが出てしまいます。
参考までに、同じ展開でパーレー法だとどうなるのか見てみましょう。
パーレー法で連勝出来なかった場合
こちらも5単位のマイナスが出ています。
パーレー法の場合は、連勝が途切れても損失は最初に賭けた1単位のみですが、グランパーレー法はさらにプラスα(この場合は1単位)ずつ追加しますので、負ける時は損失も大きくなります。

負けると今までの資金を全て失う

グランパーレー法では、ゲームに勝って払い戻された利益を全て次のゲームに賭けるので、必然的にリスクは高くなります。
そのため、パーレー法と同じく「何連勝で勝ち逃げするか。」のラインが非常に大事になってきます。
この点に関しては、次の章で触れたいと思います。

グランパーレー法のリスクと解決策

ここまで、グランパーレー法の長所と短所を数字を元に説明してきました。
リアルマネーを使った実戦では、さらにメンタル面も重要になってきます。

資金が減り続けても賭け方を変えない

グランパーレー法は、最低でも3連勝、4連勝の勝ち波を掴まないと利益を出しにくいシステムです。
最初から連勝できればいいですが、上に掲載したシミュレーションのような展開が続く場面も当然出てきます。
資金が減り続けると、「1単位の金額を上げて勝負しよう。」「損失分を取り戻すために、一回だけ大きな金額を賭けてみよう。」という誘惑にかられるかもしれません。
成功すればいいですが、失敗して損失を膨らませると、正常なメンタルを保てずさらに大きな金額賭けてパンク・・・ということになりかねません。
グランパーレー法を使うと決めたら、少々の連敗には動じず、淡々とシステム通りに賭け続けるようにしてください。

何連勝で利益確定するか決めておく。

こちらは、バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャックなど勝率約50%のゲームでの連勝確率です。
連勝確率
これを元に考えると、3連勝、4連勝あたりで利益確定して最初に戻るのが無難かなと思います。
ただし、
「大負けしたので損失を一気に取り戻したい。」
「3連勝で利確を繰り返して、収支の波を小さくする。」
「スロットで大勝ちした分はなくしてもいいから、6連勝で100倍を狙う。」
など、人それぞれの考え方があると思うので強制はできません。
グランパーレー法を使う前に、自分の中で損切り・利益確定のラインは決めておきましょう。

※参考 連勝の波を掴みやすいポイント

これは、数学的な根拠はありませんが、ギャンブルで連勝しやすいパターンについていくつか列挙しますので、参考にしてください。

  • バカラでバンカー(プレイヤー)が3連勝したあと、ルーレットで赤(’黒)が3回続いた場合、勝った側に賭けて3連勝ぐらいで勝ち逃げする。
  • ライブバカラの罫線を見て、バンカーとプレイヤーの勝敗に大きな開きがある場合、負けている方が1勝したあと連勝することが多いので、グランパーレー法で賭けて3連勝ぐらいで勝ち逃げする。

他にもいくつかありますが、この記事はマネーシステムの説明がメインなので控えておきます。
このように、ゲームをしているときに自分で気づいたパターンを持っていると、何も考えずランダムに賭けるよりは勝率が多少上がるかもしれません。

グランパーレー法のポイント

最後に、グランパーレー法を使用する際のポイントをまとめます。

  • 何連勝でやめるかを事前に決めておく。
  • 慣れるまでは、3連勝、4連勝で利益確定させることを推奨。
  • じり貧の展開が続いても、連勝の波が来ることを信じて賭け方を変えない。

グランパーレー法は、破壊力抜群のマネーシステムです。
マーチンゲール法やココモ法のように、連敗しても資金が大きく膨らむこともないので、資金がパンクするリスクも小さめといえます。
ぜひ、あなたのベット手法に取り入れてみてください。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中