2in1法を徹底解説!2in1法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

2in1法

2in1法は、モンテカルロ法を改良したマネーシステムです。その名の通り、2回分の負けを1回で取り戻す賭け方ですが、マーチンゲール法のように賭け金が大きく跳ね上がることも少なく、初心者や資金が少ない人でも安定して運用できます。

この記事では、2in1法の賭け方、注意点などを分かりやすく説明しますので、しっかりと理解してください。

2in1法の特徴

2in1法は、倍率2倍のゲーム(バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャックなど)に有効です。
モンテカルロ法と同様に数列を用いますが、モンテカルロ法が「1 2 3 」から始まるのに対して、2in1法は「1 1」から始めるので、連敗が続いた場合でも賭け金の増加は比較的緩やかになります。
また、マーチンゲール法やココモ法のように1回の勝利で全ての損失を取り戻すことはできませんが、資金がパンクしたり、テーブルリミット(賭け金額の上限)に引っかかるリスクは少なめです。
全ての数列が消えると損失を確実に回収できるため、「守り重視のシステム」といえるでしょう。

2in1法の賭け方

それでは、2in1法の賭け方を説明します。まず最初に1単位の金額を設定しましょう。
今回は、分かりやすいように1単位1ドルで進めていきます。
2in1法は2連敗した時点からスタートしますので、連勝が続いたり、勝ち負けが交互に続いている場面では1ドルを賭け続けます。
2連敗して、損失が-2になった時点から2in1法を開始します。
頭の中で計算すると間違う恐れがありますので、必ず紙などに数列を書くようにしてください。

  • 1単位をかけて連敗したので、数列を「1 1」と書きます。
  • 次ゲームでは、左端と右端を足した2ドルを賭けます。
  • 勝った場合は数字を消し、負けた場合は賭け金を右端に追加します。
    ※勝った場合 1 1
    ※負けた場合 1 1 2
    次ゲームでは、左端の1ドルと2ドルを足した3ドルを賭けます。

このように、左端と右端を足した金額を賭けて、勝ったら数字を消し、負けたら右端に追加を繰り返して、全ての数字が消えたら2in1法が完了です。
こちらに賭け方のシミュレーションをしましたので、自分で考えながら確認してください。
2in1法の賭け方
シミュレーションでは3勝5敗ですので、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)だと2単位のマイナスですが、2in1法が成功したため、逆に2単位のプラスで終了しています。
爆発力はないものの、小さな利益をコツコツと積み重ねて資金を増やしていくシステムということがお分かりいただけるかと思います。

2in1法の流れ(使用例)

ここでは、ルーレットの赤黒(2倍配当)を使って、2in1法を実践します。
分かりやすいように、1単位1ドルに設定しました。
■1ゲーム目
1ゲーム目
2in1法は、2連敗したところからスタートなので、数列は「1 1」になります。
左端の1と右端の1を足した2ドルを賭けて負けましたので、賭け金の2ドルを右端に追加します。
ゲーム前の数列:1 1
ゲーム後の数列:1 1 2

■2ゲーム目
2ゲーム目
3ドル(1+2)を賭けて負けましたので、賭け金の3ドルを右端に追加します。
ゲーム前の数列:1 1 2
ゲーム後の数列:1 1 2 3

■3ゲーム目
3ゲーム目
4ドル(1+3)を賭けて負けましたので、賭け金の4ドルを右端に追加します。
ゲーム前の数列:1 1 2 3
ゲーム後の数列:1 1 2 3 4

■4ゲーム目
5ゲーム目
5ドル(1+4)を賭けて勝ちましたので、1と4を消します。
ゲーム前の数列:1 2 3 4
ゲーム後の数列:1 2 3

■5ゲーム目
5ゲーム目
4ドル(1+3)を賭けて勝ちましたので、1と3を消します。
ゲーム前の数列:1 2 3
ゲーム後の数列:2

■6ゲーム目
6ゲーム目
数字が1つだけ残った場合は、そのまま賭けます。
今回は2ドルを賭けて勝ちましたので、終了です。
ゲーム前の数列:2
ゲーム後の数列:
実践例の収支表は、このようになります。
実践例収支表
収支はプラマイゼロですが、3勝5敗ですから上出来といえるでしょう。
連勝した時の増加分を加えると、二進一退といった感じで、少しずつ資金が増えていきます。

2in1法の注意点

2in1法は、守りを重視した優秀なシステムですが下記のような点に注意が必要です。

勝負が長引くと損失がジワジワと膨らむ

2in1法は、最初に「1 1」の数列から始めるためリスクは少なめですが、最初に連敗が続き、その後も波に乗れない展開が続くと賭け金が徐々に大きくなってしまいます。
勝負が長引いた場合
1勝2敗ペースが続いており、賭け金も最初の2ドルから40ドル近くにまで増えています。
最終的には、どこかで連勝してプラマイゼロ、または2単位プラスで終了することが多いんですが、残り資金が少なかったり不安な場合は最大賭け金、回数を決めて損切りすることをおすすめします。

1勝1敗が続くと利益が出ない

上の例では1勝2敗が続いた場合でしたが、1勝1敗が続いた場合をシミュレーションするとこのようになります。
1勝1敗が続いた場合
損失は取り戻せますが、利益を出すことも出来ずイーブンの状態が続きます。
結果だけ見ると、「勝てば必ず1単位の利益がでるマーチンゲール法を使っていれば、資金が増えてたのに。」となりますが、未来を予測することは不可能ですので、「2in1法はこういうものだ。」と割り切るしかありません。

連勝時の利益が少ない

2in1法は、損失を確実に取り戻すことを考えたシステムなので、連勝時の賭け金は1単位のままです。
そのため、せっかく5連勝、6連勝と勝ちが大きく先行しても資金は少しずつしか増えていきません。
連勝時の利益を大きく増やしたい場合は、パーレー法(逆マーチンゲール法)のようなシステムを併用するといいでしょう。

2in1法のリスクと解決策

ここまで2in1法の長所と短所を説明してきましたが、もう一度リスクを復習し、勝利するためのコツをアドバイスしたいと思います。

利益を大きくするためのコツ

同種のシステムであるモンテカルロ法と比較して、2in1法は賭け金の増え方が緩やかなので、よほど運が悪くない限りは高確率で1セットを成功させることができます。
そこで、連勝時やシステム成功時の利益を少しでも多くするために、最初の賭け金をやや高めに設定することを提案します。
例えば、マーチンゲール法やモンテカルロ法で1単位1ドルにした場合、2in1法は1単位2ドルにするといった感じです。
ただし、勝負が長引いて賭け金が膨らんできたときのために、最初に「最大賭け金は○ドルで、それ以上になったら損切りする。」「試行回数が○回を超えたら、キリのいいところで損切りする。」というラインを必ず設定しておきましょう。
最初にこれを決めておかないと、熱くなってダラダラと勝負を続けて損失が膨らんでしまう危険性があります。

確実に少額の利益を出したいときに限定して使う

例えば、残高が1970ドルで「2000ドルにしてから、今日はやめたい。」と思ったとします。
マーチンゲールやココモ法、パーレー法などを使うと、ジワジワと残高を減らしたり、まさかの連敗を食らって資金を大幅に減らしてしまう可能性があります。
そんな時に、2in1法だと資金の減り方も遅いし、上記のシステムよりも確実性が高いので少額の利益も出しやすいかと思います。

2in1法のポイント

最後に、2in1法を使用する際のポイントをまとめます。

  • 確実に少額の利益を出したい時に、回数を限定して使う。
  • 最大賭け額、最大試行回数を決めて、それを絶対に守る。
  • 長期戦になった場合、意地になって引っ張らずに損切りする。

2in1法は、賭け額の上限に引っかかったり、資金のパンクというリスクも少なく、安定して運用できる優れたマネーシステムです。
上手く使って、確実に資金を増やしてください。

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中