ベラジョンカジノで遊べる全種類のブラックジャックを紹介します。ブラックジャックの攻略、必勝法も図解入りで解説!

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。

ベラジョンカジノのライブカジノに違法性はあるのか?違法ではない理由と日本の賭博法を解説します

ブラックジャックは、バカラやルーレットと並びカジノで人気の花形ゲームです。ベーシックストラテジーと呼ばれる基本戦略やカウンティングを使えば、カジノで最も勝ちやすいゲームとも言われています。

ベラジョンカジノのブラックジャックを攻略するため必勝法には、ベラジョンカジノで遊べるブラックジャックの種類を知っておくことが大切です。

ブラックジャックは、ライブカジノ以外にも低額からでもベットできるテーブルカジノもありますので、ぜひお気に入りのゲームを見つけてください。

ベラジョンカジノで遊べるブラックジャックをライブ・ソフトに分けて説明します。

ブラックジャックはソフトでも楽しめますが、ライブで本物のディーラーを相手にプレイすると楽しさが倍増します。

ベラジョンカジノでは、100以上のテーブルが常時開かれていますので、ブラックジャック好きな人には一度は体験してほしいと思います。

本場カジノの雰囲気を感じながら、稼ぎまくってください!

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。ブラックジャックの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノでも遊んでみてください!

ブラックジャックとは?

ブラックジャックは、カジノで大変人気のあるゲームです。経験や知識によって勝率を上げることができるため、マネーシステムとあわせて勉強すれば、大きく稼ぐことも夢ではありません。

この記事では、そんなブラックジャックのルールや賭け方などを、初心者の人にも分かりやすいように説明しています。しっかりと理解してください。

ベラジョンカジノの「ブラックジャック」の楽しみ方は、2種類!

ベラジョンカジノ内に用意されているブラックジャックには、ライブとソフトの2種類があります。

「ライブカジノ」で遊べるブラックジャック

ベラジョンライブカジノ一覧
ベラジョンカジノのライブカジノは、サイト上部にある「ライブカジノ」をクリックすると一覧が表示されます。

各ライブスタジオを世界の都市に見立てており、ブラックジャックは「Paris(カジノ・パリ)」「Cosmopolitan(カジノ・コスモポリタン)」の2つから選べます。

ベラジョンカジノで遊べるブラックジャックをそれぞれ順番に紹介していきましょう。

カジノ・パリ

パリ・ライブ・ブラックジャック・ロビー
  • テーブルリミット(ドル):0.5(最小) ~ 10000(最大)
  • テーブル数:101
  • ブラックジャックの種類:ブラックジャック・Deluxe Blackjack・infinite Blackjack・ブラックジャック ホワイト・ブラックジャック シルバー・ブラックジャック VIP・ブラックジャック プラチナVIP・ブラックジャック フォーチュンVIP・ブラックジャック グランドVIP・ブラックジャック ダイヤモンドVIP・ブラックジャック パーティ・Salon Prive Blackjack
  • ソフトウェア:Evolution Gaming

フランスのパリをイメージした、高級感漂う雰囲気のライブスタジオです。

業界で圧倒的なシェアを誇るEvolution Gamingのソフトウェアを使っており、ベラジョンカジノのユーザーさんにも人気があります。

驚くべきは、そのテーブル数。

VIPルームも合わせると、なんと100テーブル以上が用意されています!ブラックジャック好きにはたまりませんね。

これだけテーブル数があっても、週末の夜などは満席で座れない時もありますから、自分の予算に合ったテーブルが空いていたら、とりあえずキープしておくことをおすすめします。

ブラックジャックの他には、ルーレット、ポーカー(テキサスホールデム・カジノホールデム・スリーカードポーカー)、バカラ、ドラゴンタイガー、マネールーレットでも遊べます。

「カジノ・パリ」で遊べるおすすめブラックジャック

パリ・ブラックジャック・パーティ
パリでおすすめのブラックジャックは、ブラックジャック・パーティです。画像を見て、普通のブラックジャックのテーブルと雰囲気が違うと思いませんか?

実はブラックジャックパーティでは、他のプレイヤーに相乗りすることができるんです。

各プレイヤーの名前の横には連勝数が表示されているので、ツイてる人に乗ってみると資金を一気に増やせるかもしれません。

もちろん、ベーシックストラテジーに忠実な人に乗るのもアリです。

また、華やかな男女のディーラーさんがイチャイチャしながらテーブルを盛り上げてくれるので、本場カジノのような雰囲気を味わえます。

最低ベット額が0.5ドルなので、普通のブラックジャックに飽きた人や息抜きにもおすすめです。

カジノ・コスモポリタン

コスモポリタン・ライブ・ブラックジャック
  • テーブルリミット(ドル):0.5(最小) ~ 10000(最大)
  • テーブル数:3
  • ブラックジャックの種類:ブラックジャック・VIPブラックジャック
  • ソフトウェア:NETENT

スロットの人気機種を多数輩出している、オンカジ業界の老舗「NETENT」がライブカジノにも進出してきました。

コスモポリタンとは「無国籍」という意味です。

NETENTはライブ分野では新興のため、まだそれほど認知されていないようですが、業界大手なので今後増えて行くと思われます。

ディーラーの直近のカード、ブラックジャックやバーストの確率などが表示されており、データ重視派やカウンティングをしたい人にもおすすめです。

「テーブルカジノ」で遊べるブラックジャック

ベラジョンカジノでは、テーブルカジノ、ソフトウエア版のブラックジャックでも遊べます。

ブラックジャックは、ライブだと時間がかかるので、ゲーム数を多くこなせません。その点、ソフトだと自分一人がプレイヤーなので、サクサクとゲームを進めることが可能です。

ベーシックストラテジーを試したり、外出先などでスマホ片手にブラックジャックで稼ぎたい人は、ソフト版で遊びましょう。

もちろん、正規ライセンスを取得しているソフトなので、イカサマなどはありません。

ベラジョン・ソフトブラックジャック一覧

検索方法は、簡単です。

画像のように、「テーブルゲーム」を選択し、検索ボックスへ「Blackjack」と入力すれば、ソフト版ブラックジャックが出てきます。

  • テーブルリミット(ドル):1(最小) ~ 1000(最大)
  • テーブル数:16
  • ブラックジャックの種類:
    1. Blackjack
    2. Blackjack Pro
    3. Blackjack X Change
    4. Blackjack Multihand
    5. Blackjack Pro – High Limit
    6. Relax Blackjack
    7. Sonya Blackjack
    8. Original Blackjack
    9. American Blackjack
    10. European Blackjack MH
    11. Red Tiger’s Blackjack
    12. Single Deck Blackjack MH
    13. Single Deck Blackjack Pro
    14. Single Deck Blackjack Pro – High Limit
    15. Deal or No Deal Blackjack
    16. Double Exposure Blackjack

テーブルゲームで遊べるおすすめブラックジャック「マジックハンド」

マルチハンドブラックジャック
テーブルゲームのブラックジャックでおすすめは、マルチハンドが可能なゲームです。マルチハンドというのは、複数箇所同時にベットできるタイプのブラックジャックです。

マルチハンドの利点を説明します。

例えば3箇所でチップを賭けて、3つめの場所で点数が16点だったとします。先の2ハンドで絵柄が大量に出てきたら、「小さな数字が来る可能性が高い。」という予想が出来ますよね。

逆に、先の2ハンドで小さい数字ばかり出ていたとしたら、「ベーシックストラテジーではヒットだけど、そろそろ絵柄が出そうだからスタンドしよう。」などという戦略が可能になるのです。

ソフト版は1ゲームごとにカードがシャッフルされるため、純粋なカウンティングというわけではありませんが、意外と有効だったりします。

また、マルチハンドだとディーラーのバーストが続く時などに、短時間で一気に稼いで勝ち逃げすることも可能です。

もちろんその逆もありますから、調子が悪いようなら、テーブルを変えたり1箇所で勝負するなど戦略を切り替えましょう。

ベラジョンカジノのブラックジャックは、ログアウトした状態なら無料版で遊べます。まずは、無料版で自分に合ったゲームを探してみてください。

ブラックジャックの基本ルール

ここでは、ブラックジャックのルールについて簡単に説明します。

ブラックジャック
  • プレイヤー(あなた)とディーラー(カジノ側)が勝負し、カードの合計点数が21に近い方が勝ちとなる。
  • 合計点数が21点を超えた場合はバーストといい、負けになる。
  • プレイヤーが先に、ヒット(カードをもう1枚引く)・スタンド(それ以上カードを引かない)を選択し、合計点数が決定する。バーストした場合は、そのゲームはディーラーの勝ちとなる。

その他にも、ルールや配当をアレンジしたブラックジャックもあるのですが、上記3点を理解していれば大丈夫です。

不安な場合は、ライブだと制限時間内に意思決定する必要がありますので、ソフト版で練習して自信がついてからライブカジノへ移るといいでしょう。

賭ける金額を決めてベット

テーブルごとに決められた賭け金の最低額~最高額(左上の白枠部分)の範囲内で、金額を決めてベットします。

手順1

カードの配布とプレイヤーのアクション

Deal(ディール)ボタンをクリックすると、ディーラーとプレイヤーに2枚ずつカードが配られます。ディーラーのカードのうち1枚は表向き(アップカード)になっています。

手順2

まず最初にプレイヤー(あなた)がアクションします。この場合、合計点数が20点なのでこれ以上カードは引かずにスタンドを選択します。

ディーラーのアクションから勝敗決定・貼り戻し

続いてディーラーのアクションです。

手順3

結果は「24」でバースしてしまいました。

今回はプレイヤーが勝ちましたので、2ドルが払い戻されて1ドルの利益となりました。このような流れでゲームが進みます。同じ掛け金でゲームを続けたいときは「ReBet」を、掛け金を変えてゲームを続けたいときは「New Bet」をクリックすると、新しいカードが配られます。

ブラックジャックの「プレイヤー限定」ルール

ここでは、ブラックジャックでプライヤーのみに可能なアクションを説明します。

ヒット(Hit)

カードを1枚追加すること。合計点数が21点になるまで、何枚でも追加が可能です。

スタンド(Stand)

カードを追加せずに、手元にあるカードのみで勝負すること。

ダブルダウン(Double Down)

「カードを1枚だけ引ける。」という条件で、最初に賭けた金額と同額を賭けること。思うようなカードが来なくても、それ以上は追加できないので、勝率の高いカードを持っている場合に使用します。

■ダブルダウンの例

ダブル

自分の手札が「10」で相手が「5」の場合。ディーラーのアップカードが「5」はバーストしやすい数字と言われています。

こちらは、絵札を引けば合計点数が20点、A(エース)を引けば21点となり勝てる確率が高い組み合わせです。このような時に、掛け金を倍にしてダブルダウンすることができます。

スプリット(Split)

最初に配られた2枚のカードが同じ点数だった時に、カードを2つに分割して新しいカードを追加すること。分割するので、最初の賭け金の同額を追加で賭けることが必要です。

■スプリットの例
最初の配られた2枚のカードが「2」「2」。このような場合、スプリットを選択することができます。

スプリット1

スプリットすると、最初の掛け金をもう一方にも賭けることになります。その後は、順番にヒット、スタンドなどの選択をしてディーラーと勝負します。

スプリット2

サレンダー(Surrender)

最初に配られた2枚のカードと、ディーラーのアップカードを比べ、勝率が低いと思った場合、アクションを起こす前に負けを認めることです。サレンダーした場合は、賭け金の半分が戻ってきます。

■サレンダーの例

サレンダー

プレイヤーの合計点数が15点でディーラーのアップカードが「10」。プレイヤーがヒットするとバーストの確率が高い上に、ディーラーの隠れているカードが6以上の可能性も高く、非常に不利な状況です。

このように勝ち目が薄いとき、アクションの前にサレンダーを選択すると掛け金が半分(この場合は0.5ドル)が戻ってきます。

インシュランス(Insurance)

インシュランスとは、「保険」という意味です。最初にディーラーに配られたアップカード(表向きのカード)がA(エース)だったとしましょう。

この場合、ディーラーがブラックジャックだと予想してインシュランスを選択し、見事に予想が的中すれば、賭け金の半分が戻ってきます。外れた場合は、掛け金の半分を没収されてゲームが進行します。

計算上では、「インシュランスは損をする。」という結果が出ていますので、よほど確信があるとき以外は使わない方がいいでしょう。

ブラックジャックの「ディーラー限定」ルール

プレイヤーの次は、ディーラー側のルールについて説明します。

17以上になるまではヒット

ディーラーは、手持ちカードの合計点数が17点になるまでは、ヒットしなければいけません。例えば16点だった場合、スタンドできないので強制的にカードを追加させられます。

17以上になればスタンド

ディーラーは、手持ちカードの合計点数が17点以上になると、カードを追加できません。例えばプレイヤーが18点でディーラーが17点だった場合、ディーラーはもう一枚カードを引くことができないので、プレイヤーの勝ちが確定します。

ディーラーの点数の範囲

ブラックジャックでは、ディーラー側に「17以上になるまではヒット」というルールがあるため、合計点数が16点以下ということはありえません。最終的なディーラーの点数は、「17」「18」「19」「20」「21(ブラックジャック含む)」「バースト」のいずれかということになります。

そのため、プレイヤー側は自分のカードを21に近づけることの他に、ディーラーがバーストする確率も考えながら戦略を立て、ヒットやスタンドなどの判断をすることで勝率を上げることができます。

ブラックジャックの鉄則:ディーラーの隠れたカードは「10」と計算する

ブラックジャックで点数が10点になるカードは、10・J・Q・Kの4枚です。カードは1~13の13枚ですから、4/13(約30.8%)の確率で10が出ることになります。

したがって、ディーラーの伏せているカードは10である可能性が最も高いので、常に10として計算するのが鉄則です。

ブラックジャックの基本用語

ブラックジャックを楽しむ上で、「最低でも、これぐらいは知っておいてほしい。」という基本的な用語をまとめました。

ブラックカジノ用語:ヒット

カードをもう一枚追加で引くこと。

スタンド(ステイ)

カードをそれ以上引かないこと。

バースト

プレイヤーまたはディーラーの合計点数が21を超えること。

ダブルダウン

賭け金を2倍にして、カードを追加で1枚だけ引くこと。

スプリット

最初に配られた2枚のカードが同じ点数の場合(AとA、8と8など)、ベットした金額と同額を賭けてカードを2つのハンドに分割すること。

インシュランス

ディーラーの表向きカードがA(エース)だった場合、プレイヤーが賭け金の半分を保険として差し出すこと。ディーラーがブラックジャックだった場合は、賭け金の半分が戻ってくる。ブラックジャック以外だった時は、半分の賭け金で勝負を続行する。Insurance(インシュランス)とは、「保険」という意味。

サレンダー

プレイヤー、ディーラーに2枚ずつカードが配られた段階で、勝ち目が薄い時に勝負を諦め「サレンダー」を宣言すると、賭け金が半分戻ってくる。Surrender(サレンダー)とは、「降伏する」という意味。

プッシュ

引き分けのこと。

ブラックジャック

ここでいう「ブラックジャック」とは、プレイヤーまたはディーラーに配られた2枚のカードの合計点数が21点だった場合。

ブラックジャックの「カードの数え方」

ブラックジャックのカードの数え方は、次のようになっています。

  • 10と絵札は全て10としてカウント。
  • 2~9までのカードは、数字通りとしてカウント。
  • A(エース)は、「1」としても「11」としてもカウントできる。

■数え方の例

カード 合計点数
ハートのKスペードの7 配られたカードが「K」と「7」の場合、合計点数は17となる。
ダイヤの4クラブの6 配られたカードが「4」と「6」の場合、合計点数は10となる。
ハートのAダイヤの6 配られたカードが「A」と「6」の場合、合計点数は「17」もしくは「7」となる。
スペードのJダイヤのA 配られたカードが「J」と「A」の場合、合計点数21点のブラックジャック(最高の手札)となる。

勝敗

ブラックジャックの勝敗は、このように決まります。

勝ち

配られたカードの合計点数が、21点を超えない範囲で21点に近い方が勝ちとなります。また、ディーラーがバースト(21点を超えること)し、プレイヤー(あなた)がバーストしていなければ、あなたの勝ちになります。

負け

プレイヤーの配られたカードが21点を超えた場合はバーストとなり、負けとなります。プレイヤー、ディーラーの双方がバーストした場合は、プレイヤーの負けとなります。

また、プレイヤーに配られた3枚のカードの合計点数が21点、ディーラーが2枚のカードで21点だった場合は、2枚で21点(ブラックジャック)の方が強いので、プレイヤーの負けとなります。

引き分け(プッシュ)

ディラーとプレイヤーの合計点数が同じ場合は引き分けとなり、賭けたチップはそのまま返金されます。

ブラックジャックの配当

ブラックジャックの配当は、このようになっています。

  • プレイヤーがディーラーに勝った場合は、賭け金の2倍が払い戻される。
  • プレイヤーがBlackjack(最初に配られた2枚の合計点数が21点)の場合は、賭け金の2.5倍が払い戻される。
  • プッシュ(引き分け)の場合は、賭け金が返金される。

勝ち

合計点数がディーラーよりも21点に近い、またはディーラーがバーストした場合は2倍の配当がつきます。

例:10ドル賭けていた場合は、20ドルの払い戻し。

ブラックジャックで勝ち

ブラックジャック(最初に配られた2枚の合計点数が21点)で勝った場合は、2.5倍の配当がつきます。

例:10ドル賭けていた場合は、25ドルの払い戻し。

引き分け

ディーラーとプレイヤー(あなた)の合計点数が同じ場合は、賭け金がそのまま払い戻されます。

例:10ドル賭けていた場合は、10ドルの払い戻し。

ベラジョンカジノのブラックジャック攻略への近道

ベラジョンカジノでもブラックジャックのゲームの基本ルールは変わることがありません。そのため、正しいオッズとプレイスタイルを見につけることで、勝利は確実に近づいてくることは間違いないでしょう。

バーストのタイミングを理解する

ネットカジノでのゲームであっても、親との勝負をするというブラックジャックのスタイルは変わりません。このゲームの基本ルールを見につければ、そのためにどのようなプレイをしなければならないのか、ということを判断することができます。正しいベットによって、どこで勝負しなければならないのか、ということを判断することができますから、その点を意識してプレイをしてみてはいかがでしょうか。バーストになりそうかどうか、ということはブラックジャックの基本的な賭け方の一つです。

正確なベットのタイミングを見につける

ランドカジノでもベラジョンカジノのブラックジャックであったとしても、正確なベットのタイミングを見につけなければ、当然ながら安定して勝利をすることは出来ません。そのためのオッズの理解や勝利のために、どのような判断をするべきか、という方針があいまいになってしまうと、当然ながらリスクが高くなってしまいます。必然的に安定して勝つためには、どのようなプレイをしなければならないのか、ということも決まってきますから、決して焦ることなく、チャンスを待つ気持ちの余裕や冷静な判断力を身につけるようにすることをお勧めします。

正確なプレイが勝利を呼ぶ

ブラックジャックやポーカーのようなゲームは「オッズ」が直接、勝利につながります。ベラジョンカジノのネットカジノも同様であり、ゲームの基本ルールを理解した上で正しいプレイを積み上げていくことが勝利につながります。ベラジョンカジノも基本的に他のサイトのゲームとそれほど大きく変わりなく変則ルールもありませんから、正しいプレイを積み重ねることによって、勝利に導くことができます。正しいプレイで、安定して勝利条件を積み上げていくことが勝利に直結しますから、ぜひその点を意識してプレイをされてみてはいかがでしょうか。

ブラックジャックはベラジョンカジノでもゲームの基本ルールを見につけていなければ、当然ながら安定して勝つことはできませんし、ミスジャッジによって勝ち金を失うことになってしまうことにつながります。そのようなリスクを回避するためにも、正しいプレイを積み重ねて、安定して勝利が出来るようにしていくことが、最終的に勝つことに直結することにつながるといえるでしょう。

当サイトから登録するだけで「3,000円分」無料で遊べます。