ライブカジノ人気No.1「バカラの通」になろう!バカラの3枚目が配られる条件を知ってますか?

ベラジョンカジノは、3,000円分の無料プレイキャンペーン中!

バカラで遊んでいる時に「あれ?なんで3枚目のカードが配られなかったんだろう?」「2枚で終わったり、3枚配ったりルールがよく分からない!」と思ったことはありませんか?

実は、バカラの3枚目が配られる条件というのは、意外と細かく決められているのです。バカラの3枚目が配られるその条件について分かりやすく説明します。

バカラの3枚目が配られる条件を知る!

バカラでは、まず最初にバンカー、プレイヤーに2枚のカードが配られます。

その合計点数によって、

  • 3枚目のカードが配られず、その場で勝敗が決定する。
  • プレイヤーのみにカードが配られる。
  • バンカーのみにカードが配られる。
  • 両者にカードが配られる。

とアクションが分かれます。

バカラのテーブルでは、ディーラーがそれらを判断してくれるため、詳しい条件を知らなくても勝敗に影響はありません

しかし「3枚目の条件」を知っていれば「よし!これは高確率で勝てる!」「6か7来い!」などバカラをもっと楽しめます。

そこで今回は、「バカラで3枚目のカードが配られる条件」について、詳しく解説したいと思います。

画像や表を使って分かりやすく説明していますので、一度で全部を理解しようとせず、ゆっくりと覚えていきましょう。

プレイヤー・バンカーに3枚目が配られない共通条件

まず最初は、プレイヤー・バンカーに3枚目が配られない場合についてです。これは、以下の2つに分けられます。

共通条件①:「ナチュラル9」「ナチュラル8」が出た場合、3枚目は配られない

最初に配られる2枚のカードを表向きにし、バンカー・プレイヤーのいずれかの合計点数が「8」「9」だった場合、3枚目のカードは配られず、その時点での合計点数で勝敗が決まります。

例えば、この場合は、バンカーの合計点数が「8」だったので、両者に3枚目が配られず勝敗が決まります。

バカラ ナチュラル

今回は、バンカー「8」vs プレイヤー「2」で、バンカーの勝ちです。

ちなみに、最初に配られた2枚の合計点数が「8」だった場合を「ナチュラル8」、「9」だった場合を「ナチュラル9」、共通の呼び名として「ナチュラル」といわれています。

共通条件②:バンカー・プレイヤーがともに「6」か「7」の場合、3枚目は配られない

最初にバンカー・プレイヤーに配られたカードの合計が、両者ともに「6」または「7」だった場合は、3枚目のカードは配られず、その時点での点数で勝敗が決まります。

非常にレアなケースですので、見る機会は少ないと思いますが、覚えておいて下さい。

例えば、ソフト版でこの条件が出た場面です。

バカラ PBともに6か7

バンカー「7」、プレイヤー「6」で勝敗が決まり、3枚目のカードは配られません。

プレイヤーに3枚目が配られる条件

プレイヤーに3枚目が配られる条件は、プレイヤーの合計点数が「5」以下で、バンカーの合計点数が「7」「8」「9」以外です。

例)プレイヤーに3枚目が配られるパターン

バカラ プレイヤーに3枚目が配られる

プレイヤーの2枚の合計点数はA(1点)+ J(0点)で「1」、バンカーの合計点数が「6」です。したがって、プレイヤー側に3枚目のカードが配られました。

プレイヤー側のルールを表にまとめましたので、確認してください。

2枚の合計点数アクション
8、9ナチュラル(プレイヤー、バンカーともに3枚目のカードは引かない)
6、7スタンド(3枚目のカードは引かない)
0、1,2,3,4,5,バンカーが8、9以外の時、3枚目を引く

バンカーに3枚目が配られる条件

複雑なのが、バンカー側の条件です。かなり細かく決められているので、表にまとめました。

2枚の合計点数アクション
8、9ナチュラル(プレイヤー、バンカーともに3枚目のカードは引かない)
7スタンド(3枚目のカードは引かない)
6プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、3、8、9」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
5プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、2、8、9」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
4プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、8、9」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
3プレイヤーの3枚目のカードが「8」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
0、1、2プレイヤーの2枚の合計が「8、9」以外の場合は、3枚目を引く

丸暗記するのは難しいので、この2つの規則性を覚えて下さい。

  1. バンカーが「7」以上の場合、バンカー側に3枚目のカードは配られない。
  2. バンカーが「6」以下の場合、プレイヤーの合計点数によって決まる。

2.についてですが、プレイヤーが3枚目を引いた時点で、バンカー側の合計点数が上回っていれば3枚目のカードは引きません。逆にプレイヤー側が上回っていれば、3枚目を引きます。

例)バンカーに3枚目が配られるパターン

バカラ バンカーに3枚目が配られる例

この場面では、プレイヤーが「6」でバンカーが「3」です。このままではバンカーの負けになるので、バンカーに3枚目のカードが配られます。

例)バンカーに3枚目が配られないパターン

バカラ バンカーに3枚目が配られない

この場面では、すでにプレイヤーに3枚目が配られて、5対2でバンカーが勝っています。ここでバンカーがカードを引く必要はないので、3枚目は配られずバンカー勝利が決まります。

お分かりいただけたでしょうか?

プレイヤーの3枚目のカードに対する、バンカー側のアクションを表にまとめました。

バカラ バンカー3枚目の条件表

このように、「プレイヤーの点数を上回っているときに、バンカーは3枚目を引かない。」というルールがあるため、バカラではバンカーの勝率が若干高くなっているのです。

したがって、「バカラは、悩んだらバンカーに賭けろ。」という格言もあります。

ただし、バンカー勝利に賭けて勝った場合、5%がカジノ側の手数料として引かれるので、配当が1.95倍になることを覚えておきましょう。

バカラのカードが配られる全体的な流れ

バカラで、カードが配られて勝敗が決まるまでの流れをチャートにしました。

バカラ ゲームの流れ

まとめ~3枚目が配られる理由を覚えればバカラの楽しさUP~

最後にバカラの3枚目が配られる条件についてまとめます。

  • バンカー・プレイヤーいずれかがナチュラル(ナチュラル8、ナチュラル9)の場合、3枚目のカードは配られず、2枚の合計点数で勝敗が決まる。
  • バンカー・プレイヤー両者の2枚の合計点数が「6」「7」だった場合、3枚目のカードは配られず、2枚の合計点数で勝敗が決まる。
  • プレイヤーの2枚の合計点数が「5」以下で、バンカーが「7」「8」「9」以外だった場合、プレイヤーに3枚目のカードが配られる。
  • プレイヤーの合計点数によってバンカーに3枚目が配られるか否かが決まる。
  • プレイヤーに3枚目のカードが配られ、バンカー側の点数が上回っていれば3枚目は配られず、下回っていれば配られる。

言葉にすると分かりにくいかもしれませんが、実際にゲームに参加していれば、徐々に理解出来るようになるでしょう。

最初にも言いましたが、3枚目の条件を完璧に知らなくても、十分にバカラを楽しむことができます。

しかし、これらのルールを分かっていれば、2枚のカードが表向きにされたときや、3枚目が配られる時のドキドキ感が高まり、バカラをもっと楽しむことができます。

3枚目の条件を覚えて、バカラ必勝法とともに細かいルールも覚えて、ぜひバカラ通になって下さい!

ベラジョンカジノで今すぐ遊びたい人
↓↓↓↓↓↓↓↓
当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中