バカラ好き必見!勝っている時に使うバカラの攻略法まとめ&バカラの必勝法も解説します!

この記事では、バカラで勝っている時に効果的な必勝法を紹介します。バカラの勝率は、バンカー・プレイヤーのいずれにかけても約1/2です。

しかし、カジノでバカラをプレイすると、大きな連勝・連敗の波が訪れることが頻繁にあります。ツイているときに、フラットベット(賭け金を一定額にすること)で賭け続けていると、手にする利益が小さくなってしまいます。

利益をできる限り大きくする賭け方を覚え、バカラに挑みましょう!

パーレー法

パーレー法は、シンプルながらも連勝中の利益を大きく伸ばせる必勝法です。

特に、バカラでツラ(バンカー・プレイヤーの連勝が続くこと)に乗ることができれば、一攫千金も夢ではありません。

パーㇾー法の賭け方

パーレー法の賭け方は、いたってシンプルです。ゲームに勝って払い戻されたチップを、そのまま次のゲームに賭けるだけなので、初心者でもすぐに実践できます。

2倍のゲームに賭けた場合、このように利益が増えていきます。

パーレー法賭け方

バカラでバンカー勝利に賭けて勝つと、払い戻しは1.95倍ですが、分かりやすくするために2倍として計算しています。

10単位を超える辺り(4連勝)では、それほどの破壊力を感じませんが、途中から一気に資金が増えます。

7連勝で127倍、10連勝すれば1023倍にもなります。それでは、勝率が1/2のゲームで連勝する確率は、どれぐらいなのでしょうか?

連勝確率を計算した表が、こちらになります。

連勝確率

7連勝の確率は、約0.8%(1/128)、10連勝は約0.1%(1/1024)と、数字だけ見れば現実味がないと思うかもしれません。

しかし、バカラではバンカーやプレイヤーが7連勝することは、それほど珍しくありません。1シューに最低1回ぐらいは、そのような場面に遭遇します。

したがって、ツイているときなどは、パーレー法を試す価値が十分にあるといえるでしょう。

パーレー法のメリット

  • 連敗中は賭け金が1単位のままなので、資金が急激に減ることは少ない。
  • 連勝して上手く勝ち逃げできれば、大きな利益を手にすることができる。

パーレー法のリスクと解決策

パーレー法では、ゲームに勝って得た利益を、全て次ゲームの賭け金に使います。そのため、何連勝しようが、負ければ今までの利益がなくなってしまいます。

運試しや資金に余裕がある時などは、思い切って勝負するのもいいですが、基本的には、3~5連勝ぐらいで勝ち逃げするのが現実的な方法です。

欲張って深追いしてしまい、後で後悔することのないよう注意してください。

パーレー法をうまく使う3つのポイント

  • 「○連勝したら勝ち逃げする!」という目標額を決めておく。
  • 連勝の波に乗れないときは、テーブルを変える。
  • 連敗が続いてイライラした時に、賭け金を上げたりしない。

グランパーレー法

グランパーレー法は、パーレー法をさらに攻撃的にした必勝法で、今回紹介する中で最も過激なベットシステムです。

ツボにハマった時の破壊力はすさまじいモノがあり、一度味わうと病みつきになってしまうかもしれません。

グランパーレー法の賭け方

グランパーレー法は、ゲームに勝って払い戻された2倍の金額に+αを追加して、次ゲームに賭けます。+αは任意の数字に出来るのですが、1単位を追加するのが一般的です。

グランパーレー法賭け方

このように、6連勝で120単位ものプラスが出ます。最初に紹介した「パーレー法」と「グランパーレー法」の違いを確認してください。

【パーレー法の場合】

パーレー法賭け方

5連勝で26単位もの差が出ており、運よく10連勝出来れば2倍近くもの差が生まれます。+αの金額を増やせば、さらに短時間で大きな利益が出すことができます。

グランパーレーのメリット

  • 波に乗れば、パーレー法よりも資金を大きく増やせる。
  • 短期勝ち逃げしたい人にピッタリの賭け方。

グランパーレーのリスクと解決策

もちろん、グランパーレー法にも欠点はあります。パーレー法では、利益をそのまま次ゲームに賭けるだけなので、連勝中に負けても損失は最初の1単位だけ。

しかし、グランパーレー法は+αの金額を追加するため、連勝が続けば続くほど負けた時の損失が大きくなります。

上手く連勝の波に乗れなかった時の実践例をご覧下さい。

グランパーレー法連勝できなかった場合

このような展開が続くことも当然考えられます。その分、連勝した時には、今までの負け分を一気に取り戻すことが可能なので、我慢することが必要でしょう。

ただ、連勝確率を考えると、グランパーレー法は「3~5連勝での勝ち逃げを基本とする」がオススメです。

グランパーレーをうまく使う3つのポイント

  • 3~5連勝を基本ラインにして、何セットか繰り返す。
  • 実践前に、予め目標利益額を決めておく。
  • 1勝1敗、2連勝止まりの展開が続く時は、他の必勝法に切り替える。

グッドマン法(1235法)

グッドマン法は、連勝時にはそれなりの利益を確保できる上に、資金がパンクするリスクも小さく、攻守のバランスが取れた必勝法です。

2連勝でプラマイゼロ、3連勝で利益が確定するため、大きな連勝がなくても勝ちが先行する展開の時に効果を発揮します。

グッドマン法の掛け方

  1. 最初に1単位を賭け、勝つまで1単位を賭ける。
  2. 勝った次ゲームでは、2単位を賭ける。負けた場合は最初に戻る。
  3. 2単位で勝った次ゲームは、3単位を賭ける。負けた場合は最初に戻る。
  4. 3単位で勝った次ゲームは、5単位を賭ける。負けた場合は最初に戻る。
  5. 5単位で勝った場合は、負けるまで5単位を賭け続ける。
グッドマン法賭け方

5単位で勝った後は、単位を上げずに賭け続けるのですが、「そろそろ負けそう。」「せっかくの利益を失いたくない。」という人は、最初に1単位に戻ってもいいでしょう。

表のように、一度4連勝出来れば11単位の利益が出るので、かなり楽な展開になります。また、連敗しても賭け金は1単位のままなので、パンクのリスクも小さい点が特徴です。

グッドマン法のメリット

  • 2連勝すれば、開始資金より減ることはないので、精神的に安定できる。
  • 4連勝以上できれば、大きな利益を手にすることができる。
  • 連敗中の賭け金が一定のため、資金がパンクする確率が低め。

グッドマン法のリスクと解決策

グッドマン法は、勝って払い戻された利益分を次ゲームに賭けるため、1勝1敗が続くと少しずつ資金が減っていきます。

グッドマン法1勝1敗が続くパターン

表では、テレコ(勝ち負けが交互に続く)が5回続いており、フラットベットならプラマイゼロのところがグッドマン法では5単位のマイナスとなっています。

このような展開の時には、大きな連勝が来るまで我慢するか、他の必勝法へ切り替えるなどの決断を迫られることになります。

グッドマン法をうまく使う3つのポイント

  • 1勝1敗の展開が続き、資金がジワジワ減っても賭け金を変えずに耐える。
  • または、他の必勝法へ切り替える。
  • 4連勝後は、無理に引っ張らずにセットを終了させて、最初に戻る。

バーネット法(1326法)

バーネット法は、グッドマン法と似ていますが、連勝時の利益をさらに大きくすることを考えて作られた必勝法です。

連敗に強く、2連勝でプラマイゼロor利益が確定します。

バーネット法の掛け方とシミュレーションと実践例

バーネット法賭け方

グッドマン法では、勝った次ゲームに利益を上乗せするだけでしたが、バーネット法では、1単位を追加して3単位を賭けます。

そのため、2連勝できれば、3ゲーム目に負けても2単位の利益が残ります。(グッドマン法では残らない。)そして、3連勝後の4ゲーム目で、これまでの利益6単位を全て賭けます。

4連勝後は、負けるまで6単位を賭け続けるor最初に戻るを選択してください。また、4ゲーム目に6単位を賭けて負けると利益が消えてしまうので、「少しでも利益を残したい。」という人は、4単位に変えてもいいででしょう。

バーネット法のメリット

  • 2連勝で利益が確定するので、比較的成功しやすい。
  • 賭け金を柔軟に変えられる。
  • 連敗中の賭け金が1単位のままなので、急激な資金の減少がない。

バーネット法のリスクと解決策

バーネット法では、2ゲーム目に1単位を追加するため、1勝1敗の展開が続くとグッドマン法よりも損失が増えるペースが速くなります。

バーネット法1勝1敗

このような場合は、いったんバーネット法をやめて、他の必勝法へ切り替えた方がいいでしょう。

バーネット法をうまく使う2つのポイント

  • 4連勝目で負けても利益を残したい時は、賭け金を減らす。
  • 連勝できずに勝ち負けが交互に続く時は、他の必勝法を使う。

イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法は、パーレー法の短所を補うことに主眼を置いた必勝法です。

連勝途中で負けても利益が確実に残るため、バカラのツラを追いかける時や「どこまで勝てるか試したい。」という時にも思い切って勝負ができます。

また、連敗中は賭け金が1単位のままですから、資金がパンクする確率も低めです。

イーストコーストプログレッション法の賭け方

  1. 2連勝するまでは、1単位を賭け続ける。
  2. 3ゲーム目は、2ゲーム分の利益(2単位)に1単位を足した3単位を賭ける。
  3. 勝った場合の4ゲーム目は、前ゲームの賭け金 + 前ゲームの利益(この場合は1.5単位)を賭ける。
  4. 以降はこれを繰り返し、負けたら最初に戻る。

イーストコーストプログレッション法の賭け方の表をご覧下さい。

イーストコーストプログレッション法賭け方

途中から数字が細かくなってくるので、小数点を切り捨て、繰り上げても構いません。

パーレー法と比較すると、連勝時の利益の伸びは劣るものの、どこで負けても利益が残るので精神的に安定してプレイできると思います。

イーストコーストプログレッション法のメリット

  • 連勝中に負けても利益が残る。
  • 連敗時の賭け金が1単位のままなので、パンクのリスクが小さい。

イーストコーストプログレッション法のリスクと解決策

イーストコーストプログレッション法は、連勝中の利益を残すことを考えて作られていますが、それでも途中で負けた場合には大きく利益を減らしてしまいます。

連勝中の勝敗による損益の比較表を作ってみました。

イーストコーストプログレッション法勝った時と負けた時の累計利益

連勝すればするほど、累計損益の差が広がっていきます。

もうひとつ注意したい点としては、2連勝後の3ゲーム目に1単位を追加して賭けるため、2連勝止まりの展開が続くと資金がジワジワと減ってしまうことです。

このような場合は、2連勝で利益が確定するバーネット法、グッドマン法などを使うことも考えましょう。

イーストコーストプログレッション法をうまく使う3つのポイント

  • 最初に、目標利益額を決めておく。
  • 「○連勝で勝ち逃げ」のラインを設定する。
  • 2連勝以上できない時は、他の必勝法を使う。

オスカーズグラインド法

オスカーズグラインド法は、長期戦でコツコツと利益を積み重ねていく必勝法です。

特にカジノ上級者に愛用している人が多く、連敗時はベット額を上げず、連勝時に利益を積み重ねていきます。

オスカーズグラインド法の掛け方

  1. 1ゲーム目は、1単位を賭け、勝った場合も負けた場合も同額を賭け続ける。
  2. 2連敗してからが、オスカーズグラインド法のスタート。
  3. 勝つまで1単位を賭け続ける。
  4. 勝った次ゲームは、1単位を追加する。
  5. 以降は同様に、負けた次ゲームは前ゲームと同じ賭け金、勝った次ゲームは1単位を追加し、損失がゼロor利益が出た時点でセット完了。

オスカーズグラインド法の実践例を2つ作りましたので確認してください。

【例1】
オスカーズグラインド法賭け方1

【例2】
オスカーズグラインド法賭け方2
【例2】のように、勝率が5割を切っても損失を取り戻すことが可能です。似たような必勝法に、モンテカルロ法があります。

「オスカーズグラインド法」と「モンテカルロ法」の違いは、

モンテカルロ法→負けた次ゲームで賭け金を上げる。
オスカーズグラインド法→負けた次ゲームに賭け金を上げない。

という点です。

バカラの場合、連敗の波に襲われた際、賭け金を上げるとパンクのリスクがあります。オスカーズグラインド法では、連敗中は賭け金を据え置きで耐えながら、連勝時に損失を取り戻します。

オスカーズグラインド法のメリット

  • 連敗時に資金を急激に減らすことがないので、パンクのリスクが小さい。
  • 連勝中の勢いを使って、損失を取り戻し利益を出す。
  • 勝率が5割を切っても、利益を出すことが可能。

オスカーズグラインド法のリスクと解決策

オスカーズグラインド法の弱点は、「連勝出来ないと損失が膨らむ」という点です。

こちらの表をご覧下さい。オスカーズグラインド法1勝1敗が続く1

オスカーズグラインド法1勝1敗が続く2

勝利した次ゲームで賭け金を上げるため、1勝1敗が続くと損失が膨らんでしまいます。

このような展開の時には、勝った次ゲームに賭け金を上げず、流れが上向くのを待つという方法がおすすめです。

上の表の11ゲーム目以降をアレンジしてみました。

オスカーズグラインド法1勝1敗が続く時の応用した賭け方

これですと、勝った次ゲームも同額を賭けているので、勝ち負けが交互に続いても損失が膨らみません。そして、一度の連勝で損益をゼロに戻しています。

流れが悪いときの参考にしてください。

オスカーズグラインド法をうまく使う3つのポイント

  • 最悪の展開を考慮して、1単位あたりの賭け金を少なめに設定する。
  • 勝ち負けが交互に続くときは、賭け金を上げずにいい流れを待つ。
  • または、他の必勝法に切り替える。

勝っている時に使うバカラの攻略のための必勝法まとめ

バカラで勝っている時の必勝法を6個紹介してきました。流れがいいときは、多少のリスクを背負ってでも、賭け金を大きくしていくことが大事です。

どの賭け方にも長所と短所があるため、状況に応じて必勝法を切り替えるなど工夫してみて下さい。バカラで使える攻略法を紹介させてもらいました。

様々なバカラ攻略サイトでも見かける「これをやればバカラで勝てる!」「バカラの必勝法は!」等、沢山を目にしますが「確実に勝てるバカラの攻略法」は存在しません。

ですが、バカラで勝率を上げてほしい!そして楽しんでほしい!そんな思いから色々な攻略法を説明しあました。

この記事でお伝えしたバカラの攻略法は、ルーレットの2倍配当(赤黒賭け)等にも応用して使えるので、是非機会がありましたら使ってみてください。

記事を参考に色々な賭け方を学び、より勝てるバカラを楽しんでみてください!

ベラジョンカジノは、3,000円分の無料プレイキャンペーン中!