ベラジョンカジノのライブバカラ攻略・必勝法を紹介。バカラのルール、掛け方、配当、勝率をまとめました

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

ベラジョンカジノのバカラを攻略するため必勝法を学ぶ前に、まず、ベラジョンカジノで遊べるバカラの特徴を知っておくことが大切です。

オンラインカジノ、ランドカジノでもお馴染みの王様ゲームといえばバカラ!ベラジョンカジノでもバカラは、ライブカジノ人気No.1のゲームです。

バカラはヨーロッパやアジアのカジノではポピュラーであり、バカラは、カジノのテーブルゲームの中で最も人気があるゲームの一つ。

バカラは、シンプルで楽しみやすく、勝ち易さに優れたゲームです。バカラのルールや遊び方、罫線を使った楽しみ方についてまとめています。バカラはルールが単純で還元率もよく手堅い勝負ができるゲームです。

バカラの種類からルール、そして確率論に基づいた戦略を初心者の方でも簡単に理解できるように詳しく説明していきます。

初心者からハイローラーまで幅広い愛好家のいるバカラ、基本的なルールと戦略、勝率を上げる方法、バカラ必勝法などを解説、バカラの世界観を理解することでその醍醐味に迫ってみましょう。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノでも遊んでみてください!

バカラとは?

バカラは、トランプを使ったカードゲームのこと。賭博としても行われる。日本のおいちょかぶに似たものです。手札の合計点の末尾の数を争うゲームとなり、9または9に近い数が勝ちとなる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%A9

バカラは、「カジノの王様」と言われるほど人気のあるゲームです。ちなみにバカラの意味は、イタリア語で「ゼロ」です。

バカラのルールは、いたってシンプルながらも、奥の深さを併せ持ち、カジノ初心者から上級者まで幅広いギャンブラーを虜にしています。

カジノの中でも大金が動くゲームということで、ランドカジノではVIP待遇でもてなすバカラ専用の部屋が用意されているほどです。

日本でも数年前に、バカラにのめり込んだ某大手企業の経営者が、会社のお金を横領して数億円を溶かしたという事件もありました。

この記事では、初心者の人にも分かりやすいようにバカラのルールや種類、賭け方などを説明します。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノでも遊んでみてください!

バカラのルール

バカラ1枚目

バカラのルールは、シンプルで簡単です。勝敗は、配られたカードを合計した数字が「9を超えない範囲で、9に近い方が勝ち」になります。

基本的には、

  • BANKER(バンカー)の勝ち
  • PLAYER(プレイヤー)の勝ち
  • TIE(引き分け)

のいずれかを予想して、それに賭けるだけです。

カードはルールにしたがってディーラーが配り、めくってくれるので、「カードを引く、引かない」についてあなたが意思決定する必要はありません。

また、バンカー、プレイヤーいずれかの勝ちに賭けていた場合、引き分けですと賭け金は返金されます。

バカラの勝敗

バカラでは、BANKER(バンカー)とPLAYER(プレイヤー)に配れたカードの合計が、「9を超えない範囲で9に近い方が勝ち」となります。

こちらの例をご覧ください。

バカラの勝敗

白丸で囲ったプレイヤーの合計点数は、「1+5」で6点。黄色丸で囲ったバンカーの合計点数は、「0+3+4」で7点。「9を超えない範囲で9に近い方が勝ち」というルールなので、このゲームはバンカーの勝ちになります。

バカラの遊び方と流れ

それは、バカラのゲームがどのように進んでいくのかを画像を使って説明します。

バカラの遊び方①

手順1

まず、賭け金を決めてテーブル上にベットします。テーブルによって、賭け金の最少額と最大額が決められています。(左上の白で囲った部分を参照。この場合は、1ドル~100ドルの間で賭けられます。)

今回は、プレイヤーに10ドル賭けました。

バカラの遊び方②

手順2

賭け金と賭ける場所が決まったら、「Deal」ボタンを押します。

バカラの遊び方③

手順3

バカラのルールによってカードが自動的に配られ、勝敗が決まります。勝った場合はチップが払い戻され、負けた場合は没収されます。

今回は勝ちましたので、20ドルが払い戻されて10ドルのプラスになりました。あとは、最初に戻り同じ流れを繰り返します。

バカラのカードの点数と数え方

まず、カードの数え方を覚えましょう。バカラのカードの数え方は、簡単です。「A(エース)」は1として数え、「2~9」はそのままカウント、「10と絵札」は全て10点としてカウントします。

こちらの例を見て、確認してください。

カード数え方
ハートの2クラブの72+7で合計点数は9になる。
ダイヤの6ハートの136+0(絵札は0として計算する。)で合計点数は6になる。
スペードの5クラブの1ダイヤの95+1(Aは1として計算する。)+9で15となるので、下一桁を取って合計点数は5になる。

難しい点はないと思いますので、数ゲームもすればすぐに慣れるでしょう。

バカラのカードの配られ方

バカラでは、最初に2枚のカードがバンカー、プレイヤーに配られ、その2枚の合計した数字によって3枚目のカード引くかどうかが決まります。

プレイヤーにカードが配られる場合

カード2枚の合計アクション
8、9ナチュラル(プレイヤー、バンカーともに3枚目のカードは引かない)
6、7スタンド(3枚目のカードは引かない)
0、1、2、3、4、5バンカーが8、9以外の時、3枚目を引く

バンカーにカードが配られる場合

カード2枚の合計アクション
8、9ナチュラル(プレイヤー、バンカーともに3枚目のカードは引かない)
7スタンド(3枚目のカードは引かない)
6プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、3、8、9」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
5プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、2、8、9」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
4プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、8、9」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
3プレイヤーの3枚目のカードが「8」以外の数字だった場合は、3枚目を引く
0、1、2プレイヤーの2枚の合計が「8、9」以外の時は3枚目を引く

バンカーが3枚目を引く条件が細かくなっていますが、実際のゲームでは、ディーラーが自動的に行ってくれるので完全に覚える必要はありません。

バカラの3枚目が配られる条件

バカラは、ある一定の条件を満たすと3枚目が配られます。

バカラは、プレイヤーとバンカーに配られるトランプの数は2枚ですが、条件が整った場合にのみ、3枚目が配られます。

ディーラーがルールに従ってカードを配布するのでこの3枚目が配られる条件を覚えなくてもゲームはできますが、3枚目が配られる条件を知っていればバカラが一段と楽しめるようになります。

「3枚目が配られる条件」「3枚目が配れられない条件」について解説いたします。

プレイヤーに3枚目が配られる条件

プレイヤーの合計値が5点以下の場合は、3枚目を引きます。

バンカーに3枚目が配られる条件

バンカーの合計値が2点以下の場合は、3枚目を引きます。

プレイヤーの合計が6か7点、バンカーの合計値が5点以下の場合は、3枚目を引きます。

バンカーが3~6点の時は、プレイヤーの合計次第で3枚目を引きます。

プレイヤー、バンカーに3枚目が配られない条件

プレイヤー、バンカーのいずれかの合計が8か9点の場合は「ナチュラル」と言い、どちらも3枚目は引きません。

バカラの基本の賭け方

バカラ賭け方

※この画像の例では、プレイヤーに10ドル賭けています。

バカラにおける賭け方は基本的に3つです。BANKER(バンカー)、PLAYER(プレイヤー)、TIE(引き分け)の中からあなたが好きなものに賭けることができます。

  • バンカー
  • プレイヤー
  • タイ

バカラのペアの賭け方

バカラは、プレイヤーペア、バンカーペア、どちらかのペア、パーフェクトペア、ビッグ、スモールなどバンカー、プレイヤー、タイ以外にも特殊な賭け方があり、さらに配当を増やすことが可能です。

ペア(PAIR)

ペアは、最初に配られる2枚が8、8などの同じ数字になるかに賭けるベット(掛け方)です。ペアもタイと同じく、プレイヤーとバンカーの勝負に関係なく、ペアでなければ、賭け金は没収されます。

バカラのペアは、高額賞金が狙えますが、勝つ条件の難易度も高く、賭け方、倍率、配当も異なります。

賭け方勝つ条件配当
どちらかのペアプレイヤーとバンカーに配られたカードのどちらかがペアまたは両方ペア5倍
バンカーペアバンカーに配られたカードがペア11倍
プレイヤーペアプレイヤーに配られたカードがペア11倍
パーフェクトペアバンカーとプレイヤーに配られたカードのどちらかが同じスートのペア25倍
ビッグプレイヤーとバンカー両者のカードの枚数が4枚以上0.54倍
スモールプレイヤーとバンカー両者のカードの枚数が4枚1.5倍

ペアを指定するのか、パーフェクトペアがあるかも予想しつつ、ビッグかスモールかも考慮して高配当を狙うのか、地道に勝率5割を狙って稼いでいくのか。

ほぼ勝率5割ということでプラスにするならば勝ち越し1でほぼOKです。さらにビッグやスモール、ペアを賭けることでバカラは、高配当を狙える仕組みになっています。

しかし、バンカーとプレイヤーの2択以外は、とても勝ちにくい賭け方になります。勝率や儲けを上げるためにも、賭け方はPLAYER(プレイヤー)とBANKER(バンカー)の2択にすることをおすすめします。

ルールや仕組みはシンプルですが、実は奥が深いゲームでもあることがお分かりいただけたと思います。

バカラの配当

バカラの配当は、このようになっています。

賭け方配当
バンカーの勝ち1.95倍
プレイヤーの勝ち2倍
引き分け9倍(8倍の場合もある)
バンカーペア11倍
プレイヤーペア11倍

プレイヤーの勝ちに賭けた場合の配当が「2倍」、バンカーの勝ちに賭けた場合の配当は「1.95倍」と、同じ勝ちに対する配当でもそれぞれ違いがあることに気づいた方もいると思いますが、これには理由があります。

BANKER(バンカー)の勝ちに賭けた場合、バンカーコミッション(手数料)として5%差し引かれ「1.95倍」となります。「バンカー=ディーラー=胴元(カジノ運営)」というイメージです。

コミッション(手数料)徴収

「バンカーの勝ち」に賭けて当たった際は、ベラジョンカジノ側が5%コミッション(手数料)が引いて1.95倍で払戻しされます。

この理由は、バカラのルール(3枚目のカードを引く条件などの関係)でバンカーの方が若干勝率が高くなっているため、勝利時に5%のコミッション(手数料)が取られるため、バンカーの方がプレイヤーより少しだけ勝率が高くなります。

バンカーの勝ちはつまり、カジノ運営の勝ちということになりますので、その分カジノに手数料を払うということになります。

参考までに、バンカーまたはプレイヤーの勝率、引き分けの出現率を紹介します。

結果確率配当
バンカー(BANKER)の勝ち約45.86%1.95倍
プレイヤー(PLAYER)の勝ち約44.62%2倍
引き分け(TIE)約9.52%9倍(8倍の場合もある)

3枚目のカードを引く条件などの関係で、バンカーの方が若干勝率が高くなっているため、勝利時に5%のコミッション(手数料)が取られます。

賭け方配当確率控除率
バンカーの勝ち1.95倍約45.86%1.24%
プレイヤーの勝ち2倍約44.62%1.06%
引き分け9倍(8倍の場合もある)約9.52%14.36%

バカラは、控除率を見ても分かるように、配当の高い賭け方は基本的プレイヤーに対して分が悪くできています。

引き分けの確率は、10回に1回よりも少ないにも関わらず、配当金は9倍、もしくは8倍となっているので、割に合わないと言えるでしょう。

バカラで遊ぶ際は、なるべくタイやペアには賭けない、又は強い予感がした時だけ賭けて、ゲーム中はプレイヤーかバンカーのどちらがが来るか、この1点だけに集中して遊びましょう。

バンカーのハンドは、プレイヤーのハンドの後に決定されるため、バンカーが勝つ確率の方が高くなります。そのため、長時間プレイする場合には、バンカーに賭けていた方が勝つ可能性が高く、儲けやすくなるということです。

短時間の場合にはそこまで確率は影響しませんが、長時間プレイするときの参考にしてみてください。

ライブバカラ攻略・必勝法は、使い分ける!

バカラは、ギャンブルゲームの中でも古い歴史を持っているゲームです。昔から親しまれてきたゲームだからこそ、いろんな方によって勝つための攻略法がいくつも生み出されています。

「ベラジョンカジノのライブバカラで勝ちたい!勝率を上げるための攻略法ってあるの?」と思っている人は、ライブバカラの攻略法には、状況によって判断する必要があることを覚えておいてください。

  • 負けた時に使う攻略法
  • 勝った時に使う攻略法

ライブバカラで勝率や儲けを上げていくためには、これらの状況に応じた攻略法を勝負によって使い分けて行くことが大切です。

バカラは、控除率(ハウスエッジ:手数料)が他のゲームと比べて少ないため、他のゲームよりも勝つ可能性が高いゲームです。攻略法をうまく使い分けて勝率を上げていきましょう。

バカラ好き必見!勝っている時に使うバカラの攻略法まとめ&バカラの必勝法も解説します!

バカラ好き必見!負けた時に使うバカラの攻略法まとめ&バカラの必勝法も解説します!

ベラジョンカジノのバカラは、ランドカジノと異なり、オンラインカジノのためメモを取りながらプロギャンブラー上級者向けのバカラ攻略・必勝法も試してみることもできます。

ベラジョンカジノのバカラで勝つためのプロギャンブラーも愛用するバカラ攻略・必勝法を使う

代表的なライブバカラの攻略・必勝法4選

ライブバカラでフラットベット(常に同じ金額を賭けること)を続けた場合、試行回数が増えれば増えるほど、カジノ側が設定したコミッション分負けることになります。

その壁を乗りこえるために、必勝法といわれるベット金額を調整したマネーシステムが必要となるのです。

まずは、代表的なライブバカラ攻略・必勝法を4つ紹介します。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負けた次ゲームの賭け金額を勝つまで倍々に増やす必勝法です。賭け方にちなんで、「倍賭け法」とも呼ばれています。

ネット上でカジノの攻略法を検索すると、必ず出てくる賭け方なので、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

マーチンゲール法の掛け方

  1. 最初に1単位を賭ける。
  2. 勝った場合はそのまま次ゲームも1単位を賭け、負けるまで続ける。
  3. 負けた場合は、次ゲームで2倍の2単位を賭ける。
  4. 勝った場合は最初の1単位に戻り、負けた場合は4→8→16→32→64と勝つまで賭け金を2倍にしていく。

マーチンゲール法を使ったシミュレーションと実践例です。

マーチンゲール法賭け方

3連敗後の5ゲーム目で8単位を勝ったので、マーチンゲール法が成功しました。

このように3連敗程度で済めばいいのですが、実戦で試してみると、勝率約1/2のバカラでも、10連敗程度は割と頻繁に経験します。

マーチンゲール法は、途中から急激に賭け金が膨れ上がりますので、自分の資金やテーブルリミットにも注意が必要です。

マーチンゲール法のメリット

  • 成功すれば、必ず利益が出る。
  • 複雑な計算が必要ないので、すぐに使える。
  • 何連敗しても、1勝すればプラス収支になる。

マーチンゲール法のリスクと解決策

何連敗しても1勝すれば利益の出るマーチンゲール法は、理論上は必勝法といえるのですが、現実には「マーチンゲールで破産してしまった。」という人が、後を絶ちません。

理由は2つあります。

1つめは、「途中から賭け金が急激に跳ね上がる」という点です。

バカラで、バンカー・プレイヤーに賭けた場合の勝率は約50%にも関わらず、10~15連敗程度は珍しくありません。

1単位を10ドルとして、10連敗した場合のシミュレーションを作りました。

マーチンゲール法連敗シミュレーション

途中から賭け金、損失が急激に増えるのが分かると思います。

2つめは、カジノのテーブルリミットの問題です。

一般的なバカラのテーブルリミット額は、10000ドルというところが多いので、上記の表だと11ゲーム目の10240ドルを賭けれませんから、負けが決まります。

これらを考慮すると、マーチンゲール法を使用する際は、「○連敗したら損切り」というラインを決めておくのが必須といえるでしょう。

そして、損切りラインに達したら、そのセットはきっぱりと捨てて負けを受け入れることが重要です。

マーチンゲール法をうまく使う3つのポイント

  • 目標利益額やセット数を決めておき、ダラダラと続けない。
  • 「マーチンは○回まで。」と回数を決めておく。
  • 「バンカー(プレイヤー)の○連勝(連敗)のあとに賭け始める」など、自分のルールを決めておく。

グッドマン法(1・2・3・5法)

グッドマン法は、連敗に強く、連勝時はそれなりの利益も得ることができる、オールラウンド型の必勝法です。

資金がパンクするリスクも小さいので、精神的に追い詰められることもなくプレイできます。

グッドマン法の掛け方

  1. 1ゲーム目は1単位を賭けて、勝つまで1単位を賭ける。
  2. 勝った次ゲームからは、単位を2→3→5と上げていく。
  3. 途中で負けたら、最初の1単位へ戻る。
  4. 最後の5単位で勝ったら、単位を上げずに負けるまで5単位を賭け続ける。

実戦でグッドマン法を使った場合の収支表をみて、賭け方を確認して下さい。(単位:ドル)

グッドマン法賭け方

グッドマン法が成功した場面は、12~17ゲーム目の部分です。

16ゲーム目、17ゲーム目のところでは、「連勝の利益を残すために最初の1ドルに戻る」「行けるところまで勝負する」など、様々な戦略が可能です。

グッドマン法では、2連勝でプラマイゼロ、3連勝で利益が確定します。

グッドマン法のメリット

  • 連敗中の賭け金が1単位のままなので、悪い波の時にも耐えられる。
  • 2連勝でプラマイゼロ、3連勝で利益が確定する。
  • 4連勝後は、勝ち逃げ、連勝記録に挑戦など柔軟な対応が可能。
  • 長時間の試行に耐えられる。

グッドマン法のリスクと解決策

グッドマン法は、ディフェンス面を考慮したベットシステムなので、リスクらしいリスクというものはありませんが、爆発力にやや欠けるのが弱点です。

また、3連勝しないと利益が出ないため、勝ち負けを交互に繰り返したり、2連勝止まりの展開が続くと資金がジワジワと減っていきます。

その場合は、大きな連勝が来るまでベット金額を上げたりせずに我慢することが必要です。また、マーチンゲール法や他の必勝法へ切り替えることも考えましょう。

グッドマン法をうまく使う3つのポイント

  • 長期戦を視野に入れて実践する。
  • 目標利益額に応じて、4連勝後の賭け金額を決める。
  • 大きな連勝がないときは、他の必勝法へ切り替える。

ハーフストップ法

ハーフストップ法は、難しい計算式などもなく、初心者でもすぐに実行可能な必勝法です。
賭け単位については明確な基準はありません。
最初に目標利益額を決め、それを達成した後は、利益の半分を残し、残った資金はどのように賭けても構いません。

ハーフストップ法の賭け方

賭け方は自由に決めていいのですが、例としてパーレー法を用いた場合で説明します。

今回は、1単位10ドルでパーレーを用いて、3連勝をワンセットとしました。目標利益額は100ドルとし、達成後は50ドルを残し、残りの50ドルを使ってゲームを続けます。

ハーフストップ法賭け方

10ゲーム目で累計損益が100ドルに達したので、以降は50ドルを残してゲームを続けています。その後も連勝が止まらず、15ゲーム目で220ドルの利益が出ました。

ここで、「利益が150ドルになったらセットを終了」に止め時を再設定。以降はマーチンゲール法(3回で損切り)に切り替えましたが、7連敗。

全て使い切るのはもったいないので、利益が150ドルに減ったところで終了しました。このように、大きな連勝と連敗を繰り返すことはよくあるので、資金管理の参考になるかと思います。

ハーフストップ法のメリット

  • 賭け方を自由に決められる。
  • 目標達成後は、負けても利益が残る。
  • 賭け金の急激な増加がないので、安心して遊べる。

ハーフストップ法のリスクと解決策

ハーフストップ法は、賭け方よりも資金管理に重点を置いた必勝法です。そのため、自由度は高いものの、利益を出すための手法について別途覚える必要があります。

資金を増やすシステムについては、この記事で紹介しているマーチンゲール法、グッドマン法、ピラミッドを参考にして下さい。

また、設定した利益の半分を失った場合は、ダラダラと引き伸ばしたりせず、スパッと切り上げる強いメンタルが必要です。

ハーフストップ法をうまく使う3つのポイント

  • 目標利益だけでなく、損切りラインを予め設定しておく。
  • 目標利益を達成後、半分を失ったら必ず切り上げる。
  • 賭け方については、自分の合ったシステムをマスターする。

ピラミッド法(ダランベール法)

ピラミッド法は、連敗で増えた損失を少しずつ取り戻しながら、利益を出す必勝法です。
マーチンゲール法のように、連敗しても急激に賭け金が増えることもないので、精神的に安定して実践できるのが特徴です。

ピラミッド法の掛け方

  • 1ゲーム目は1単位を賭け、勝った場合は負けるまで1単位を賭け続ける。
  • 負けた場合は、賭け金を1単位追加する。
  • 以降は、勝ったら賭け金を1単位減らし、負けたら1単位を追加する。
  • 賭け金が0になったらセット終了だが、累計損益がプラスになったら、任意の時点で終わらせても良い。

表を見て、ピラミッド法の賭け方を理解して下さい。

ピラミッド法賭け方

20回試行して勝敗は9勝11敗ですが、最終的には6単位のプラスで終了しています。

キリのいい20ゲームまで続けていますが、19ゲームの時点でプラス収支になっており、この時点でやめてもいいでしょう。負けが先行する展開になっても、賭け金が大きくならない点に注目して下さい。

ピラミッド法(ダランベール法)のメリット

  • 連敗しても賭け金が急激に増えないので、パンクのリスクが小さい。
  • 勝率5割以下でもプラス収支が可能。
  • 止め時を自由に決められる。

ピラミッド法(ダランベール法)のリスクと解決策

ピラミッド法は、守りを第一に考えられたベットシステムのため、爆発力に欠けるという弱点があります。せっかく1ゲーム目から連勝しても、賭け単位が1のままですから、それほど資金が増えません。

したがって、ピラミッド法が有効なのは、「少なくてもいいから、確実に資金を増やしたい。」という場面です。

もっと大きく増やしたい!という人は、グッドマン法やパーレー法などを使いましょう。

ピラミッド法(ダランベール法)をうまく使う3つのポイント

  • 目標利益額、損切り額を設定しておく。
  • 流れが悪い時や損失を取り戻したら、最後までセットを続けずに終了させる。
  • 資金が少ない時や確実に少額勝ちで終わりたいときに使用する。

バカラ攻略・必勝法を覚えておくと便利!

バカラで勝つための代表的な攻略法である資金管理法(ベットシステム)を使ったの必勝法を4つ紹介しました。

カジノには控除率というものがありますので、常に一定額を賭け続けていると、大数の法則に飲み込まれ資金が減少します。したがって、これらの必勝法をうまく使いこなすことが、カジノで勝つために必要です。

どのシステムにも長所と短所があり、自分の性格や資金面などを考慮して選択して下さい。また、その日の調子や、テーブルの流れを読んで、勝ち逃げ・損切りの判断もできるようしましょう。

「必勝法は理解出来たけど、試す場所がない。」と人には、オンラインカジノをオススメします。一度登録して入金すれば、自宅や外出先など、好きな時にバカラ、ルーレット、スロットなどを楽しめます。

このサイトでは、日本人の利用者がもっとも多いといわれている「ベラジョンカジノ」について、登録方法から遊び方まで詳しく解説しています。

ぜひ、オンラインカジノで本場さながらのギャンブルをお楽しみ下さい。

バカラのスクイーズ(絞り)を楽しむ

バカラのスクイーズ(Squeeze)は、何の数字かを見ていく「絞り(しぼり)」のことです。縦方向・横方向・斜め方向でもめくる方向も自由です、カードを少しずつめくり、勝敗を少しずつ確認します。

絞るときは、数字部分を指で隠します。

最も大きく賭けた人、「最高額者」に与えられる権利となりそれぞれベットした客に絞る(スクィーズ)権利があります。

スクイーズ(Squeeze)は、最高金額をベットした人に絞りの権限が与えられるシステムとなっているため、絞りを楽しみたいがために高額ベットする人も少なくありません。バカラで大金が動く理由の一つがこれです。

ディーラーの役割

バカラにおいては、ディーラーはルールにのっとって、バンカーとプレイヤーにカードを配り、それをめくる役割があります。ヒット、ステイの選択権はありませんので、ディーラーによって勝率が変わるということはありません。

ただし、ライブではディーラーによってカードの配り方やめくり方のスピード、スムーズさが違いますので、快適にゲームを楽しむためにはディーラー選びも大切になります。

ベラジョンカジノのライブバカラは、3種類

ベラジョンカジノのライブカジノは、世界の都市に見立てており、現在は「Paris(パリス)」「Singapore(シンガポール)」「Cosmopolitan(コスモポリタン)」の3つがあります。

カジノ・パリス

ライブ・パリステーブルリミット($): 1(最小)~ 15000(最大)
テーブル数:10
バカラの種類:スピードバカラ
Baccarat・手数料なしバカラ・バカラスクイーズ・Dragon Tiger・ブントバンコ・Salon Prive Baccarat
ソフトウェア:Evolution Gaming

カジノ・パリスは、ライブカジノに特化したEvolution Gamingの多彩なバカラを楽しめます。絞りを楽しみたい人、サクサクとゲームを進めたい人、ハイローラー向けなど、必ず自分に合ったテーブルが見つかるでしょう。

バカラの他には、ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、ドリームキャッチャーで遊べます。

コントロールスクイーズカジノ・パリスは、全てのプレイヤーが絞り(スクイーズ)を行える、コントロールスクイーズバカラです。リアルカジノへ出かける前の練習にも使えますよ!

カジノ・シンガポール

カジノ・シンガポールテーブルリミット($): 1(最小)~ 2000(最大)
テーブル数:10
バカラの種類:バカラ・スピードバカラ・プレミアムバカラ・VIPバカラ
ソフトウェア:HoGaming

アジア系の美女がディーラーとしてゲームを進行してくれるのが、カジノ・シンガポールです。ゲームの種類はパリスに劣りますが、通常のバカラを楽しむ分には十分ですので、ディーラーの好みや相性で選ぶといいでしょう。

バカラの他には、ブラックジャック・シックボー・ドラゴンタイガー・ルーレットで遊べます。

シンガポール・バカラカジノ・シンガポールは、普通のバカラです。日本語対応なので、安心して遊べます。また、ディーラーが美女揃いですので、タイプの女性を見つける楽しみもありますよ。

カジノ・コスモポリタン

コスモポリタン ブラックジャックカジノ・コスモポリタンは、ソフトウェアの業界大手プロバイダである、NETENT(ネットエント社)が提供しているライブカジノです。バカラはありませんが、ブラックジャックとルーレットがあり、低額からでもベットできる初心者に優しい仕様となっています。

ベラジョンカジノで稼げるライブバカラ4選

ベラジョンカジノ内で遊べるライブバカラから、勝ちやすいライブバカラをランキング形式で紹介します。

No Commission Baccarat(手数料なしバカラ)

手数料なしバカラ

ノーコミッションバカラのおすすめポイント

  • バンカーに賭けて勝っても手数料を取られない!(6以外の時に限る)
  • 罫線でゲームの流れが分かる!
  • 必勝法、システムベットの計算が楽!

通常のバカラでは、ディーラーに賭けて勝った場合、5%のコミッションを取られてしまいます。

しかし、ノーコミッションバカラでは手数料を取られずに、賭け金の2倍が返ってくるのです。ただし、バンカーが6で勝った場合は50%の手数料が取られるため、最終的な控除率は同じ計算になります。

「控除率が同じなら、意味がないのでは?」と思うかもしれませんが、そうではありません。

実戦だと、ディ-ラーが6で勝つ時は1~9の1/9ですから、出ないときは全く出ないのです。しかも、バカラはディーラーの方が勝率が高いので、ノーコミッションバカラで遊ぶ時は、ディーラーへ多めに賭けた方が得策といえます。

さらに、倍率が2倍か1.5倍(6で勝った時)ということは、モンテカルロ法やマーチンゲール法などのシステムベットの計算が楽になることを意味します。

通常のバカラで必勝法を使う時は、1.95倍も2倍にして計算する人が多いと思いますが、ノーコミッションバカラなら正しい賭け額で計算しやすいのもメリットです。

Salon Prive Baccarat

vipバカラ

Salon Prive Baccaratのおすすめポイント

  • 最大ベット額が15000ドル!
  • ディーラーと1対1で勝負できる!
  • 大量のポイント還元が期待できる!

「カジノで遊ぶからには、大勝ちしたい!」というギャンブラーにおすすめなのが、ハイローバカラのSalon Prive Baccaratです。

マックスベットが15000ドルですから、ハイローラーの方も満足できるのではないでしょうか。ただし、テーブルに座るためには、最低持ち込み額が6000ドル必要な点に注意してください。

ベラジョンカジノでは、サイト内で使った金額に対してポイントが還元されるのですが、Salon Prive Baccaratで遊んでいたら、いつの間にかポイントも相当溜まっているはずです。

「バカラで勝って、ポイントも貯まる。」一石二鳥を狙ってください!

スピードバカラ

スピードバカラ

スピードバカラのおすすめポイント

  • 待ち時間が少ない!
  • 多くのゲームをこなしたい人にピッタリ!
  • テーブル数が多いので、流れのいい所を選べる!

スピードバカラは、他のバカラよりもベット時間が短めになっています。しかも、最初からカードを表向きで配るため、結果がすぐに分かるのです。

スクイーズ(絞り)や裏向きのカードをめくる瞬間のドキドキ感も、バカラの魅力ではありますが、「どうせ結果が変わらないんだから、余計な演出はいらない。」という人には、スピードバカラがおすすめです。

空いた時間を使って、スマホ片手にちょっとだけ稼ぎたい時でも、多くのゲームをこなせますよ。

また、スピードバカラはテーブル数も多いため、罫線を見たり、好みのディーラーを見つけてじっくり勝負する、といった使い分けも可能です。

バカラコントロールスクイーズ

バカラコントールスクイーズ

バカラコントロールスクイーズのおすすめポイント

  • 自分でカードをめくれる!
  • ランドカジノの興奮を自宅やスマホから味わえる!
  • ベットしなくてもカードをめくれるので、絞りの練習が出来る!

本場カジノのような臨場感を味わいたい人には、バカラコントロールスクイーズがおすすめです。

このテーブルでは、全てのプレイヤーが自分でスクイーズできるのです。

ランドカジノだと、そのゲームで一番高額のチップを賭けた人が絞りの権利を持つので、少資金で遊ぶ人は絞りを見学するだけになってしまいます。

そんな人は、コントロールスクイーズで絞りの楽しさを体験してください!また、チップを賭けなくても絞ることができますから、不安な人は何度か練習してみるといいでしょう。

主なバカラの種類

バカラは、いくつか種類があります。主なバカラの種類を説明していきます

スピードバカラ

スクイーズ(絞り)なしで行われるバカラで、ミニバカラともいわれます。ルールは通常のバカラと同じですが、スクイーズがないためゲームの進行が早く、最低賭け額も低く設定されているところが多くなっています。

バカラスクイーズ

絞り
ディーラーがカードを少しずつめくりながら見せる、スクイーズ(絞り)があるバカラです。ルール自体は通常のバカラと同じですが、絞りのあるテーブルで遊んでいる人は高額を賭ける上級者やハイローラーが多く、本場のカジノのような醍醐味を味わえます。

ノーコミッションバカラ

コミッション(手数料)がないバカラです。ただし、バンカーに賭けて「6」の合計点数で勝った場合は、払い戻し額が半分の1.5倍となります。

通常のバカラでは、バンカーが勝つと5%のコミッション(手数料)を差し引かれます。

例えば、バンカーの勝ちに100ドル賭けていたとすると、5ドルが差し引かれ195ドルが払い戻されます。ノーコミッションバカラでは、コミッションを取られないため200ドルが払い戻されます。

ただし、バンカーが「6」で勝利したときは50%のコミッションが差し引かれるため、100ドルを賭けていたとするとコミッションを50ドル取られ、50ドルが払い戻されます。これを「ロクハン」といいます。

コミッションバカラ

バンカーの勝利を予測してチップを賭けてゲームに勝った場合、コミッション(手数料)が自動的に引かれます。この引かれたコミッションの残りが払い戻される仕組みとなっています。(通常1.95倍が多い)

ミニ(小)バカラ

通称「絞り=スクィーズ」。バカラにより、そのゲームで1番多く金額を賭けた方が2枚目のカードや3枚目のカードをめくる作業を任されますが、ミニバカラはディーラーが全自動で行いますので、めくる作業はありません。

ビッグ(大)バカラ

そのゲームで1番多く賭けた方がディーラーに代わって2枚目、3枚目のカードを開ける事ができるタイプのバカラです。

7UPバカラ

通常のバカラはプレイヤーとバンカーそれぞれに2枚ずつのカードが配られますが、7UPバカラではプレイヤーの1枚目のカードが「7」で固定されています

パワーバカラ98

パワーバカラ98はサイコロを使用したバカラです。カードが配られる前にサイコロが1個振られます。サイコロの出目が「3」の場合、そのゲームの回はパワーハンドと呼ばれ、通常の配当がさらに増します。

スリーカードバカラ(三公バカラ)

通常のバカラは、プレイヤー(架空)とバンカー(架空)の勝負を予想してチップを賭けるゲームとなりますが、スリーカードバカラの場合はプレイヤー(あなた)とディーラー(親)の勝負となります。勝敗の決まり方は通常のバカラと変わりません。

通常のバカラとの違いは、ディーラー対あなたの1対1の勝負であること、バンカーやプレイヤーのルール(3枚目を引くかどうかの選択)が無くなることです。

バカラの用語

ヒット(Hit)

カードを引くこと。

スタンド、ステイ(Stand、Stay)

カードを引かずに、場に出ているカードのみで勝負すること。

ルック

ゲームに参加せず、見ているだけのこと。ランドカジノでは、ルックが続くと注意されますが、オンラインカジノでは自分の賭けたいタイミングが来るまでルックしても大丈夫です。

プッシュ

引き分けのこと。

ピクチャー

絵札のカード(J、Q、K)のこと。バカラでは10も含まれる場合があります。

ナチュラル

バンカー、プレイヤーへ最初に配られた2枚のカードの合計が「8、9」であること。どちらかがナチュラルであった場合、相手は3枚目のカードを引けません。

デッキ数

ジョーカーを除く52枚のカード(A~Kx4種類)のことを1デッキといいます。バカラでは、通常8デッキを使用してゲームを行います。

コミッション(ハウスエッジ)

バンカーに賭けて勝った場合、5%の手数料が取られ、これをコミッション(またはハウスエッジ)といいます。この手数料によって、カジノが運営されています。

ロクハン

ノーコミッションバカラ(バンカーが勝っても5%の手数料を取られないゲーム)において、バンカーが「6」で勝った場合のみ、配当金が50%没収されます。このことをロクハンといいます。

アウトコミッション

ランドカジノでは、チップを現金に交換するときに3~5%の手数料を取られるところがあります。オンラインカジノは、アウトコミッションはありません。

イン・アウト

インはカジノへ入金すること。アウトは逆に地ぷを換金すること。

ミニマムベット・マキシムベット

自分が座ったテーブルでゲームに参加する際の、最低賭け額をミニマムベットといいます。また、最高賭け額をマキシムベットといいます。マーチンゲール法などを使い、負ければ倍プッシュで賭け金を上げ続けた場合数連敗すると、マキシムベットに引っかかりベットできない可能性があります。

オポジットベット

両張りのことです。バカラの場合ですと、バンカーとプレイヤーの両方に賭けることで、プレイヤーが勝つと±0、バンカーが勝つと0.5単位のマイナスになります。

オンラインカジノなどで、ボーナスをもらい消化条件(ボーナスの40倍の金額を賭ける必要があるなど)のクリア、コンプポイント(賭けた金額によってもらえる換金可能なポイント)の獲得を目的としてオポジットベットを行う人がいます。

しかし、オンラインカジノでは原則オポジットベットは禁止されており、見つかると獲得賞金を没収される、出金できないなどのペナルティを受けますので、絶対にやらないようにしてください。

バカラを攻略するための必勝法への近道

インターネットカジノのゲームでも、バカラは単純で分かりやすいゲームです。そのためすぐにルールを学ぶことが出来、実際に遊べるようになるので、カジノ初心者にもオススメのゲームです。

分かりやすいゲームで気軽に楽しむ

カジノのゲームといえば、トランプゲームが有名ですが、その種類は非常に多く、カジノによって採用しているものは異なります。バカラは、カジノの代表的なゲームの一つで、ベラジョンカジノをはじめ、インターネットカジノでも良く採用されています。極めて分かりやすいルールのゲームなので、誰もが気軽に楽しむことが出来、複雑な戦略も一切必要ありません。初めてカジノで遊ぶという方に、分かりやすい仕様です。

数字で競うゲーム

バカラは、場に出たトランプの数値で勝敗を決めます。基本ルールは、プレイヤー側とディーラー側でトランプを3枚めくり、9に近い数字を出した側にお金を賭ければ、配当金を得られるという仕組みです。それ以外には特に必要なことは無く、ひたすら勝ちそうな側にお金を賭けていくだけで、勝敗が決まります。しいて言えば引き分けになるときもありますが、そちらの確率は非常に低いので、意図的に無視してプレイヤーとディーラーのどちらが勝つか予想する方が多いです。

運が非常に重要

バカラでは自分の運が求められます。カードチェンジなどを行うことも出来ないので、めくったトランプに一喜一憂する以外には、特に何もしないままになりやすいです。ベラジョンカジノなどのような、インターネットカジノの場合は、演出を派手にしていたり、他の参加者とのチャット機能もあるので、気が向いたら、周りの人とコミュニケーションを取るのもオススメです。特に負けている時は、気持ちを切り替えて次に望んだほうが、良い流れをつかみやすくなるといいます。

賭ける場所の倍率とコミッション

ギャンブルは、賭け金の倍率とコミッションが、賭ける場所によって変更されます。プレイヤー側にお金を賭ける場合は、掛け金は一般的なカジノなら2倍程度に設定されており、特に他のところと変わったところはありません。それに対してディーラー側は、当たる確率が高いため、バランスを合わせるために1.95倍の掛け金を受け取れるよう設定しています。引き分けに賭けた場合は、掛け金の9倍を得られますが、ここが当たることはめったにありません。

バカラには、本当に基本的なルールしか必要無いため、誰もがすぐに遊ぶことが出来るようになります。その分出来ることは少ないという方もいますが、初心者の方も、カジノの遊びがどのようなものか知ることが出来ます。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

この記事をシェアする