バカラの攻略・必勝法 | パーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

バカラ攻略・必勝法であるパーレー法の賭け方、手順を実際のオンラインカジノのバカラ画像で実践、丁寧に分かりやすく解説します。

パーレー法は、バカラでの資金管理、マネーシステム、システムベット法の1つです。

パーレー法の特徴、実践シミュレーションから検証した確率と期待値。パーレー法のメリット、デメリット、注意点をまとめました。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノの無料プレイで実践してみてください

パーレー法

パーレー法は、ギャンブルのスリルや興奮を味わいたい人にピッタリの攻撃的なシステムベット法です。

獲得した利益を手元に残さず次のゲームへ賭けていくので、連勝が続けば短期間で資金を100倍以上に増やすことも不可能ではありません。

この記事では、そんなパーレー法の魅力や賭け方、注意点、利益を残すコツなどを分かりやすく解説します。

パーレー法の特徴

パーレー法は逆マーチンゲール法とも呼ばれ、バカラのような勝率50%・配当2倍のゲームに有効です。

カジノで遊べるゲームの中では、ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小、ブラックジャック、シックボーなどにも使えます。

パーレー法の魅力は、何といっても「連勝中は、資金が倍々に増えていく」という点です。

ギャンブルで短期勝ち逃げや低資金からの一攫千金を狙うなら、パーレー法をおすすめします。

また、連勝が止まるとこれまでの利益を失いますが、損失分は最初に賭けた1単位のみなので、意外にも破産のリスクは少なく、ローリスクハイリターンな賭け方といえるでしょう。

パーレー法の賭け方

パーレー法の賭け方を説明します。

まず、概要を理解してください。

  1. まず、1単位の賭け金を決めます。ここでは、1ドルにします。
  2. 1ゲーム目は1単位(1ドル)を賭けます。負けた場合は、勝つまで1ドルを賭け続けます。
  3. 勝つと2ドルが払い戻されるので、2ゲーム目に2ドルを賭けます。
  4. 負けた場合は、最初の1ドルへ戻ります。
  5. 勝った場合は4ドルが払い戻されるので、3ゲーム目に4ドルを賭けます。
  6. 以降は、勝って払い戻された金額を全て次ゲームに賭け、負けたら最初の1ドルへ戻ります。

賭け方を表にしました。

パーレー法_賭け方

バカラだと、7連勝で127単位の利益が出ます。1単位を1万円にすると、100万超えの大金を手にすることができるのです。

マーチンゲール法と比較すると、賭け金の増え方は同じですが次のような違いがあります。

 連勝中連敗中
マーチンゲール法 1単位のまま2→4→8→16・・・と増やす
パーレー法2→4→8→16・・・と増やす1単位のまま

このように、賭け方が真逆になっているため、パーレー法は逆マーチンゲール法とも呼ばれています。

バカラでパーレー法の実践

それでは、パーレー法をバカラの実戦に使用してみます。

1単位を10ドルに設定しました。

また、バカラではバンカーの勝率が若干高いのですが、その分手数料を引かれて1.95倍配当になっています。

したがって、今回は2倍配当のプレイヤーのプレイヤーのみに賭けます。

■1ゲーム目
1単位(10ドル)を賭けて勝ったので、20ドルが払い戻されました。累計損益:10ドル

パーレー法_実戦1_勝ち

■2ゲーム目
20ドルをそのままプレイヤーに賭けましたが、負けました。このゲームでは20ドルの損失ですが、1ゲーム目に勝っているので累計損失は最初の10ドルのみです。この点が、パーレー法の良い点といえます。累計損益:-10$

パーレー法_実戦2負け

■3ゲーム目
最初に戻って10ドルを賭けました。勝ったので、20ドルが払い戻されました。これで収支がイーブンに戻りました。累計損益:0ドル

パーレー法_実戦3勝ち

■4ゲーム目
20ドルを賭けて勝ったので、40ドルが払い戻されました。これで収支がプラスに転じます。累計損益:20ドル

パーレー法_実戦4勝ち

■5ゲーム目
前ゲームで獲得した40ドルをそのまま賭けて勝ちました。80ドルが払い戻されて、さらに利益が増えました。累計損益:60ドル

パーレー法_実戦5勝ち

■6ゲーム目
前ゲームで獲得した80ドルをそのまま賭けて勝ったので、160ドルが払い戻されました。4連勝して、そろそろ負けそうなのでここで利益確定しました。累計損益:140ドル

パーレー法_実戦6勝ち

パーレー法の収支シミュレーション

実戦例の収支表は、こちらです。

パーレー法_実戦収支表

今回は安全策を取って4連勝で勝ち逃げしましたが、さらなる大勝ちを狙う場合はもう少し引っ張ってもかまいません。

ライブバカラなどで罫線を見ると、プレイヤーやバンカーが5連勝している場面はしょっちゅうあります。

また、テレコ(勝ち負けが交互に続くこと)、ニコイチ(2勝1敗が続くこと)の罫線にしたがって賭け続けてもいいでしょう。

途中で負けると喪失感は大きいですが、それでも損失は最初の1単位だけです。

パーレー法はギャンブル性が高い賭け方のように見えますが、資金がパンクするリスクが極めて小さい攻略法なのです。

パーレー法の検証結果

パーレー法はリスクの小さな賭け方ですが、実戦で使用する際には以下の点に注意が必要です。

1勝1敗や連勝が続かないとジワジワと資金が減る

こちらのシミュレーションをご覧ください。

パーレー法_1勝1敗だとジリ貧

10回の試行で5勝5敗ですから、定額ベットなら収支はイーブンです。

しかしパーレー法では、獲得した利益を全て次ゲームへ賭けるため、連勝→利益確定しないと損失が少しずつ増えていくのです。

シミュレーションでは2連勝止まりとなっており、ここで利益確定すれば少しは損失が減りますが、パーレー法を使って2連勝で止められる人は少ないと思います。

最低でも、3連勝ぐらいは目指したいたですよね。

パーレー法はコツコツと利益を増やすのではなく、一撃で大きな利益を目指す賭け方ですから、このような展開が続いた時は我慢が必要です。

負けると全ての利益がなくなる

繰り返しになりますが、パーレー法ではトータルの勝敗が勝ち越していても、利益確定前に負けてしまうとマイナス収支になってしまいます。

勝率50%のゲームで、永遠に勝ち続けることは不可能ですから、どこから勝ち逃げしないと利益を残せません。

「どこで勝ち逃げすればいいか分からない。」という人は、こちらの表をご覧ください。

連勝確率_654

これは、バカラのような勝率50%のゲームにおける、理論上の連勝確率です。

資金が100倍になる7連勝の確率は約0.8%(1/128)となっており、100回に1回もありません。

現実的には、3~4連勝あたりを利確の目安にするのがいいかと思います。

ただし、バカラでは確率的にはめったに起きないような偏りが頻繁に起こることも事実です。

「少々のリスクは承知の上で、爆発的な利益を目指したい!」という人は、もう少し引っ張ってもいいでしょう。

パーレー法のデメリットと解決策

パーレー法にもデメリットがあります。実戦において利益を少しでも伸ばすためのコツを解説します。

連勝の波が来るまでで我慢が必要

パーレー法では、1勝1敗や2連勝しては負けの展開が続くと、ジワジワと資金が減っていきます。

そんな時にイライラして、今までの負けを全部取り返そうと大きな金額を賭け、資金を飛ばしてしまう人がいます。

パーレー法なら、一度大きな連勝の波に乗れたら、今までの損失を取り戻した上に大きな利益を掴むことが十分可能です。

調子が悪い時も、熱くならずに淡々と最初に決めた賭け金のルールを破らないようにしてください。

利益確定のタイミングを使い分ける

パーレー法は、連勝途中で負けると利益がなくなってしまうため、止め時が非常に大事です。

したがって、プレイヤーの目的や資金によって、利確のタイミングを柔軟に変えることをおすすめします。

また、獲得した資金をすべて次ゲームに賭けるのがパーレー法ですが、「せっかく6連勝まで来たから、少しお金を残して連勝記録に挑戦したい。」という時は、いくらかを手元に残してもかまいません。

パーレー法は、モンテカルロ法や31システム法のように、「賭け金を間違えると成功しても利益が出ない」ということはありませんから、賭け金を柔軟に変えることが可能です。

初心者の人は、慣れるまでは3~4連勝で利確を繰り返し、少しずつ自分なりの賭け方を確立させていきましょう。

バカラ攻略・必勝法「パーレー法」のまとめ

パーレー法のポイントをまとめます。

  • 少ない資金で大勝ちを目指せる。
  • 勝った資金を次のゲームへすべて賭ける。
  • ローリスクハイリターンな賭け方なので、パンクの可能性は低い。
  • 連勝できず資金がジワジワ減り続けても、賭け金を上げずに我慢する。
  • 目的や資金量によって、利益確定ラインを柔軟に変える。

パーレー法は、バカラの醍醐味を味わえる攻略法です。長所と短所を上手く使い分けて、ぜひカジノで大勝ちしてください。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!