バカラの攻略・必勝法 | マーチンゲール法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

バカラ攻略・必勝法であるマーチンゲール法の賭け方、手順を実際のオンラインカジノのバカラ画像で実践、丁寧に分かりやすく解説します。

マーチンゲール法は、バカラでの資金管理、マネーシステム、システムベット法の1つです。

マーチンゲール法の特徴、実践シミュレーションから検証した確率と期待値。マーチンゲール法のメリット、デメリット、注意点をまとめました。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノの無料プレイで実践してみてください

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、バカラでもっともよく使われる攻略法の1つです。

別名「倍賭け方」ともいわれ、カジノ以外に競馬や競艇などでも使われています。

攻撃的な賭け方の代表がパーレー法なら、守備的な賭け方の代表はマーチンゲール法といっていいでしょう。

連敗しても、1勝で損失を全て取り戻して利益を出せることから、一見するとカジノ必勝法にも見えますが、実は様々なリスクをはらんでいます。

この記事では、マーチンゲール法の賭け方だけでなく、実戦例や注意点、利益を上手く増やすコツなどを分かりやすく解説します。

マーチンゲール法の特徴

マーチンゲール法は、バカラのような勝率50%・配当2倍のゲームに有効です。

カジノだと、ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小、ブラックジャック、シックボーなどにも使えます。

どれだけ連敗しても、最後のゲームに勝てば利益が出るため、無限の資金とテーブルリミットの制限がなければ「理論上100%勝てる」のが特徴です。

しかし、どんなに大金を賭けても利益は最初の1単位分しか取れないのと、カジノにはテーブルリミットが設定されており賭け金の上限が決まっているため、使い方を間違えると破産のリスクを合わせ持っています。

マーチンゲール法の賭け方

マーチンゲール法の賭け方を説明します。

賭け方の概要です。

  1. 1単位の賭け金を決め、1ゲーム目は1単位を賭ける。
  2. 勝った場合は、負けるまで1単位を賭け続ける。
  3. 負けた場合は、次ゲームで前ゲームの2倍の金額(2単位)を賭ける。
  4. 勝った場合はマーチンゲール法が成功し1単位分の利益が出るので、最初に戻る。
  5. 負けた場合は、賭け金を4→8→16→32→64→128・・・と勝つまで前ゲームの2倍の金額を賭ける。

賭け方の表を見て、賭け金の増やし方を理解してください。

マーチンゲール法_賭け方

最初は賭け金の増え方が緩やかですが、途中から一気に跳ね上がっているのが分かりますね。

10連敗すると、なんと1023単位の損失になります。

1単位を1ドルとしても1023ドルですから、リスクが大きい上に勝っても利益は1ドルのみ。

ハイリスクローリターンな賭け方といえるでしょう。

バカラでマーチンゲール法の実践

それでは、マーチンゲール法をバカラで実践します。

バカラの勝率はバンカー、プレイヤーともに約50%ですが、若干バンカーの方が高くなっています。

しかし、バンカーに賭けて勝利した場合、手数料(コミッション)を5%取られて、1.95倍配当になります。

今回は、2倍配当のプレイヤーのみに賭けることにして、1単位を10ドルに設定しました。

■1ゲーム目
プレイヤーに10ドル(1単位)を賭けて勝ちました。累計損益:10ドル

マーチンゲール法_実戦1勝ち

■2ゲーム目
前ゲームで勝ったので、今回もプレイヤーに10ドルを賭けました。負けたので、-10ドルの損失です。累計損益:0ドル

マーチンゲール法_実戦2負け

■3ゲーム目
前ゲームで負けたので、プレイヤーに20ドル(2単位)を賭けて負けました。。累計損益:-20ドル

マーチンゲール法_実戦3負け

■4ゲーム目
前ゲームで負けたので、プレイヤーに40ドル(4単位)を賭けて負けました。累計損益:-60ドル

マーチンゲール法_実戦4負け

■5ゲーム目
前ゲームで負けたので、プレイヤーに80ドル(8単位)を賭けて負けました。このあたりから、賭け金が大きくなっていくので、ドキドキする展開ですね。累計損益:-140ドル

マーチンゲール法_実戦5負け

■6ゲーム目
前ゲームで負けたので、プレイヤーに160ドル(16単位)を賭けます。やっと勝てたので、320ドルの払い戻しがありマーチンゲール法が成功しました。マーチンゲール法での利益は1単位の10ドル。1ゲーム目の勝利と合わせて合計20ドルのプラスで終了です。累計損益:20ドル

マーチンゲール法_実戦6勝ち

マーチンゲール法の収支シミュレーション

実戦例の収支表は、こちらです。

マーチンゲール法_実戦収支表

勝率50%のゲームでも、5連敗以上は普通にありますから、マーチンゲール法を使う場合は最初の賭け金を上げすぎないことが大事です。

仮に6ゲーム目で負けていたら、賭け金が320ドル→640ドルと一気に増えるので、資金のパンクやテーブルリミットの上限に引っかかる恐れがあります。

マーチンゲール法の検証結果

マーチンゲール法は優秀なシステムベット法ですが、下記の点に注意する必要があります。

賭け金が上がっても利益は増えない

マーチンゲール法は、どこで勝っても1単位しか利益が出ないシステムです。

連敗が続き、賭け金が500ドル、1,000ドルになってもそれは変わりません。

たった1単位のために、大金を賭ける必要があることを理解してください。

「理論上は負けることがない賭け方」といわれていますが、カジノでは様々な制約があるため深追いしすぎると、取り返しのつかない負け方をしてしまいます。

テーブルリミットを必ず確認する。

マーチンゲール法の壁である資金面での問題をクリアしても、もう1つ問題になるのがテーブルリミットの問題です。

カジノでは、テーブルごとに賭け金の最大額が設定されています。

実戦例で使用したソフトブラックジャックは、画面左上にテーブルリミットが表示されています。

マーチンゲール法_テーブルリミット

最小額0.1ドル、最大額が1,000ドルです。

ライブバカラも同様で、左上にテーブルリミットが表示されています。

マーチンゲール法_テーブルリミットを確認

最小額が1ドル、最大額が50,000ドルです。

手持ちの資金とテーブルリミットから、1単位の金額を決めるようにしてください。

マーチンゲール法のデメリットと解決策

マーチンゲール法のリスクをもう1度おさらいし、実戦で利益を上げるためのコツを解説します。

1単位の金額を低くする

これまでの説明でお分かりの通り、たとえ豊富な資金があったとしても、テーブルリミットに引っかかると利益を出すために必要な金額を賭けられなくなってしまいます。

「勝率50%なら、5、6連敗以上はしないだろう。」と思っている人がいれば、甘いです。

勝率50%の連勝確率を見てください。

連勝確率_654

7連勝が約1%弱ということは、逆に7連敗も同じ確率で起こりえます。

マーチンゲール法では8ゲーム目に256単位を賭けるので、実戦例のように1単位を10ドルに設定したら、2560ドルを賭けることになり、テーブルリミットに引っかかる恐れがあるのです。

試行前には、かならずリミットを確認するようにしましょう。

利益確定と損切りラインを決めておく

マーチンゲールで毎セット必ず利益を取りたい気持ちは分かりますが、時には損切りする勇気も必要です。

成功率が圧倒的に高い賭け方なので、傷が浅いうちに損切りしておけば、短い時間で取り返せますが、8~10連敗まで引っ張って損切りすると、回復するのに相当なゲーム数をこなさなければいけません。

損切りラインを考えずに実践していると、連敗に直面すると熱くなって冷静に判断できないことが多いので、予め「何単位利益を出したら、その日は終了。」「○連敗で損切りする。」という感じでプレイ前に利確・損切りラインを決めておくようにしましょう。

バカラ攻略・必勝法「マーチンゲール法」のまとめ

マーチンゲール法のポイントをまとめます。

  • 負けた次ゲームに前ゲームの2倍を賭け、勝つまで続ける。
  • 成功すれば必ず利益が出る。
  • 手持ち資金とテーブルリミットを必ず確認する。
  • 連敗すると賭け金が跳ね上がるので、1単位の賭け金を上げすぎない。
  • プレイする前に利益確定と損切りの金額を決めておく。

マーチンゲール法は、上手く使えばかなり有効な賭け方です。

たとえ1勝5敗だったとしても、最後の1回に勝てば利益が出せるので、勝率50%のゲームにおいては必勝法に近いといえます。

ただし、それに伴うリスクもありますから、長所と短所をしっかり理解して実戦で使用してください。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!