バカラの攻略・必勝法 | イーストコーストプログレッション法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

バカラ攻略・必勝法であるイーストコーストプログレッション法の賭け方、手順を実際のオンラインカジノのバカラ画像で実践、丁寧に分かりやすく解説します。

イーストコーストプログレッション法は、バカラでの資金管理、マネーシステム、システムベット法の1つです。

イーストコーストプログレッション法の特徴、実践シミュレーションから検証した確率と期待値。イーストコーストプログレッション法のメリット、デメリット、注意点をまとめました。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノの無料プレイで実践してみてください

イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法は、連勝時に利益を残しながら賭け金を増やしていくシステムベット法です。

一度でも負けると利益を全て失うパーレー法の弱点をカバーした賭け方で、連敗にも強いため、資金がパンクするリスクを大幅に減らすことができます。

この記事では、イーストコーストプログレッション法の賭け方や実戦例、注意点、利益を増やすコツなどを分かりやすく説明します。

イーストコーストプログレッション法の特徴

イーストコーストプログレッション法は、最初に決めた1単位を賭けて2連勝した時点からスタートします。

連勝中に獲得した利益を次ゲームへ全て賭けず、手元に残しながら進めていくため、途中で負けても一定の利益が残ります。

爆発力ではパーレー法やグランパーレー法には及びませんが、波に乗ればそれなりに資金は増えていきます。

ミドルリスクミドルリターンな賭け方と理解してください。

基本的には、バカラのような勝率50%・配当2倍のゲームに有効です。

イーストコーストプログレッション法の賭け方

イーストコーストプログレッション法の賭け方を説明します。

ここでは、1単位を1ドルと設定します。

  1. 最初に1ドルを賭け、負けた場合は勝つまで1ドルを賭け続けます。
  2. 勝つと2ドルが払い戻されるので、利益は1ドルになります。
  3. 2ゲーム目も1ドルを賭け、ここで負けた場合は最初に戻ります。
  4. 勝つと2ドルが払い戻されるので、累計損益は2ドルです。
  5. 3ゲーム目は、1ドル+2ドル(2ゲーム分の利益)の計3ドルを賭けます。負けたら、最初に戻ります。
  6. 勝つと6ドルが払い戻され、利益は3ドル、累計利益は5ドルになります。
  7. 4ゲーム目は、前回の賭け金に前回の利益の半分を足した金額を賭けます。この場合は、3 + 1.5 = 4.5ドルを賭けます。
  8. 以降も同様に、前回の賭け金 + 前回の利益の半分を足した金額を負けるまで賭け続けます。

賭け方の表を作りましたので、これを見ながら理解してください。

イーストコーストプログレッション法_賭け方

カジノゲームでは、小数点を賭けられないことがあるので、その場合は端数を四捨五入、切り上げ、切り下げなどで調整します。

ゲームの途中で計算するのが面倒な人は、プレイ前に1単位の金額を決め、賭け金を計算してメモなどに書いておくといいでしょう。

バカラでイーストコーストプログレッション法の実践

それでは、イーストコーストプログレッション法をバカラに使って実践します。

今回は1単位を10ドルにし、プレイヤーのみに賭けます。

バカラの勝率はプレイヤーとバンカーのどちらに賭けても約50%ですが、若干バンカーの勝率が高くなっており、そのためバンカー勝ちに賭けて勝利するとコミッション(カジノの手数料)を5%取られてしまいます。

イーストコーストプログレッション法では、連勝が続くと賭け金・払い戻し金が多くなりますので、5%の手数料もバカになりません。

■1ゲーム目
10ドルを賭けて勝ったので、20ドルが払い戻されました。累計損益:10ドル

実戦1勝ち

■2ゲーム目
今回も10ドルを賭けましたが負けたので、収支はイーブンになりました。累計損益:0ドル

実戦2負け

■3ゲーム目
最初に戻って10ドルを賭けて勝ったので、20ドルが払い戻されました。累計損益:10ドル

イーストコーストプログレッション法_実戦3勝ち

■4ゲーム目
前回と同じ10ドルを賭けて勝ったので、10ドルの利益です。2連勝出来たので、次ゲームからイーストコーストプログレッション法がスタートです。累計損益:20ドル

 

■5ゲーム目
10ドル(前回の賭け金)+ 20ドル(2回分の利益)を足した30ドルを賭けます。勝ったので、60ドルが払い戻されて30ドルの利益です。累計損益:50ドル

イーストコーストプログレッション法_実戦5勝ち

■6ゲーム目
30ドル(前回の賭け金)+ 15ドル(前回の利益30ドルの半分)= 45ドルを賭けます。勝ったので、90ドルが払い戻されて45ドルの利益です。累計損益:95ドル

イーストコーストプログレッション法_実戦6勝ち

■7ゲーム目
ここからは、前回の利益の半分が小数点になるので、1の位以降の端数を切り上げることにしました。45ドル(前回の賭け金) + 30ドル(前回の利益45ドルの半分は22.5ドルなので切り上げ)= 75ドルを賭けます。
勝ったので、150ドルが払い戻されて75ドルの利益です。累計損益:170ドル

イーストコーストプログレッション法_実戦7勝ち

■8ゲーム目
75ドル(前回の賭け金) + 40ドル(前回の利益75ドルの半分は37.5ドルなので切り上げ)= 115ドルを賭けます。
勝ったので、230ドルが払い戻されて115ドルの利益です。累計損益:285ドル

イーストコーストプログレッション法_実戦8勝ち

■9ゲーム目
115ドル(前回の賭け金)+ 60ドル(前回の利益115ドルの半分は57.5ドルなので切り上げ)=175ドルを賭けます。
負けたので、このセットは終了です。続ける場合は、最初に戻ります。累計損益:110ドル

イーストコーストプログレッション法_実戦9負け

イーストコーストプログレッション法の収支シミュレーション

実戦例の収支表はこちらです。

イーストコーストプログレッション法_実戦収支表

パーレー法やグランパーレー法だと、どこで利益確定するか悩みながらプレイするのですが、イーストコーストプログレッション法では、負けても利益を残しているのでメンタル的にも安定します。

バカラでは、バンカーやプレイヤーが10連勝以上することも珍しくないため、止め時が非常に難しいですよね。

そんな人には、イーストコーストプログレッション法がおすすめです。

イーストコーストプログレッション法の検証結果

実戦例では、イーストコーストプログレッション法の長所が出ましたが、もちろん欠点もあります。

連勝中の勝敗で損益が大きく変わる

イーストコーストプログレッション法は、連勝中に利益を残していきますが、それでも連勝が続くにつれて勝った時と負けた時の収支に、大きな開きがでます。

連勝中の勝ちと負けで、どのくらい差が出るのかを表にしました。

イーストコーストプログレッション法_勝った時と負けた時の違い

6連勝以降では、4~5倍の差が生じています。

どんなに優秀なシステムベット法を用いても、勝敗まではコントロールできませんから、止め時は自分で判断するしかありません。

3連勝できないと損失が膨らんでいく

イーストコーストプログレッション法は、2連勝からスタートするのですが、3回目に負けてしまうとマイナスが出ます。

こちらのシミュレーションをご覧ください。

イーストコーストプログレッション法_2連勝後に負けると損失が膨らむ

1ゲーム目と2ゲーム目で2単位の利益が出ていますが、3ゲーム目で3単位を賭けているので、負けると1単位のマイナスになります。

したがって、2勝1敗のペースが続くと勝ち越しているにも関わらず、損失が増えていきます。

他の賭け方にもいえることですが、欠点のない完璧なシステムベット法はありません。

イーストコーストプログレッション法では、2勝1敗が続くと負けパターンと理解しておいてください。

イーストコーストプログレッション法のデメリットと解決策

イーストコーストプログレッション法の長所と短所が分かったところで、実戦で利益を伸ばすコツを解説します。

勝率50%のゲームで使用する

イーストコーストプログレッション法は、「前回の賭け金+前回の利益の半分」を賭けるので、理論上はバカラ以外のゲームでも使用できます。

たとえば、ルーレットの3倍配当である、ダズン・カラムベットなどです。

しかし、イーストコーストプログレッション法は3連勝で利益が確定するので、配当が高い=勝率が低いゲームでの使用はおすすめしません。

勝率50%(2倍配当)と勝率33%(3倍配当)の連勝確率を比較すると、その理由が分かります。

勝率50%(2倍配当)の連勝確率

連勝確率_654

勝率33%(3倍配当)の連勝確率

勝率3分の1の連勝確率

バカラだと3連勝の確率は、約1/8(12.5%)ですが、ルーレットの3倍配当だと3連勝の確率は3.59%しかありません。

バカラの約5連勝分に相当します。

3倍配当での3連勝がどれほど難しいかが、お分かりいただけると思います。

しかも、イーストコーストプログレッション法で満足できる利益が出るのは、4連勝以上ですから3倍配当で使用するのはおすすめできません。

必ず、2倍配当のゲームで使用するようにしてください。

あまり欲張らすに利益確定を早めにする

イーストコーストプログレッション法は、連勝中に利益は残るものの、連勝が進むに連れて勝ちと負けでの累計損益が大きく開きます。

バカラでは、バンカーやプレイヤーの10連勝、テレコ(交互に勝つこと)、ニコイチ(片方の2勝1敗が続くこと)が続くことがよくありますが、いつかは終わります。

最後まで賭け続けると、負けた時に利益を大きく減らすことになります。

したがって、「今日は5連勝で勝ち逃げする。」「スロットで大勝ちして余裕があるから、負けるまで連勝記録に挑戦する。」など、資金や収支の状況によって連勝を引っ張るラインを柔軟に使い分けるようにしましょう。

バカラ攻略・必勝法「イーストコーストプログレッション法」のまとめ

イーストコーストプログレッション法のポイントをまとめます。

  • バカラのような勝率50%のゲームに使う。
  • 2連勝からスタートし、3連勝以上でそのセットの利益が確定する。
  • 3連勝以降は、前回の賭け金+前回の利益の半分を賭ける。
  • 資金や収支状況によって、利益確定のラインを決めておく。

イーストコーストプログレッション法は、連敗時の損失が1単位ずつなので、資金がパンクするリスクはかなり小さめです。

連勝時にも利益を残すため、途中で負けても大きな痛手を負わない点は、ギャンブルにおいて大きなメリットといえます。

勝ち逃げラインを必ず設定し、上手にバカラのテーブルで立ち回ってください。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!