バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の図解で詳しく解説。3,000円分の無料プレイ可能!

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

Slider

バカラ攻略・必勝法であるグランパーレー法の賭け方、手順を実際のオンラインカジノのバカラ画像で実践、丁寧に分かりやすく解説します。

グランパーレー法は、バカラでの資金管理、マネーシステム、システムベット法の1つです。

グランパーレー法の特徴、実践シミュレーションから検証した確率と期待値。グランパーレー法のメリット、デメリット、注意点をまとめました。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノの無料プレイで実践してみてください

グランパーレー法

グランパーレー法は、数あるバカラの攻略法の中で破壊力という点では、最高峰に位置するシステムベット法です。

攻撃的な賭け方の代表といえばパーレー法ですが、グランパーレー法では、さらにリスクを取って大きな利益を取りに行きます。

この記事では、そんなグランパーレー法の賭け方や注意点、勝つために必要なコツなどを分かりやすく説明しています。

バカラで一攫千金を目指す人は、ぜひ挑戦してみてください。

グランパーレー法の特徴

グランパーレー法は、バカラ以外にも勝率50%・配当2倍のゲーム(ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小、ブラックジャック、シックボーなど)に有効な攻略法です。

グランパーレー法の元となっている、パーレー法との違いはこのようになっています。

  • パーレー法は、勝って払い戻された資金を全て次ゲームに賭ける。
  • グランパーレー法は、勝って払い戻された資金に+αを足して次ゲームに賭ける。

一度負けると全ての利益を失う点は同じですが、グランパーレー法では追加した資金も失うので、よりハイリスクハイリターンな賭け方と言えるのです。

グランパーレー法の賭け方

グランパーレー法の賭け方を説明します。

まずは、概要をご覧ください。

  1. 1単位の賭け金、+αの金額を決める。(今回は1単位を1ドル、+αを1ドルとします。)
  2. 1ゲーム目に1ドルを賭ける。
  3. 負けた場合は、勝つまで1ドルを賭け続ける。
  4. 勝った次ゲームでは、払い戻された2ドルに+α分(1ドル)を足した計3ドルを賭ける。
  5. 勝ったら6ドルが払い戻されるので、次ゲームではそれに1ドルを足した計7ドルを賭ける。
  6. 以降はこれを利益確定、または負けるまで繰り返す。

賭け方を表にしました。(1単位を1ドル、+αを1ドルとした場合。)

34c8bf268f728f2e2036ec921f68542c - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

参考)グランパーレー法とパーレー法の違い

パーレー法との賭け方とは異なるます、資金の増え方の違いを確認してください。

72d1b73b1e04bd24ace1eaf88a5ff8e8 - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

2つを比較すると、バカラでツラを意識し始める4連勝あたりから、利益の差が大きく開いていきます。

パーレー法なら7連勝で100倍超えですが、グランパーレー法では7連勝で200倍を超えます。

連勝中も手持ち資金を追加していくので当然といえば当然ですが、バカラで最も攻撃的な賭け方というのがお分かりいただけるかと思います。

バカラでグランパーレー法の実践

それでは実際に、グランパーレー法を使ってバカラを実践します。

バカラの配当は、プレイヤーが2倍、バンカーが1.95倍です。

バンカーの方が勝率が若干高いため、手数料を取られるわけですが、グランパーレー法は賭け金が大きくなるので、5%の手数料は結構大きくなってしまいます。

したがって今回は、プレイヤーのみに賭けます。

1単位を10ドル、+α分は10ドルに設定しました。

■1ゲーム目
まず1単位(10ドル)を賭けます。勝ったので20ドルが払い戻されて、10ドルの利益です。累計損益:10ドル

01048fccf322a5dc9634f1f87b62c2e1 - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■2ゲーム目
払い戻された20ドルに10ドルを追加した30ドルを賭けます。負けたので、次ゲームでは10ドルに戻ります。損失は、1ゲーム目の10ドルと+α分の10ドルです。累計損益:-20ドル

a56df2e6feaa70860d2603c89cb2c72b - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■3ゲーム目
10ドルを賭けて勝ったので、20ドルが払い戻されました。累計損益:-10ドル

14c655da2914ccd0cd9da84d4902b885 - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■4ゲーム目
払い戻された20ドルに10ドルを追加した30ドルを賭けます。今度は勝ったので、60ドルが払い戻されてプラス収支に転じました。累計損益:20ドル

4c218eaa95e83c8e5780e4a290d0f30a - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■5ゲーム目
払い戻された60ドルに10ドルを追加した70ドルを賭けます。勝ったので、140ドルが払い戻されました。累計損益:90ドル

642ba0a52b648a8157e35ea255432efa - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■6ゲーム目
払い戻された140ドルに10ドルを追加した150ドルを賭けます。勝ったので、300ドルが払い戻されました。累計損益:240ドル

e98cb9bae61cbc2f7849f26c802bb3f0 - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

大幅なプラスになったため、ここで利益確定させました。

グランパーレー法の収支シミュレーション

こちらが収支表です。

84e408b437d56e7235686f2a4611e54f - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

たった4連勝で240単位のプラスになりました。

グランパーレー法は上手くハマると、このように一気に資金を増やすことが可能です。

グランパーレー法の検証結果

実戦例は上手くいきましたが、グランパーレー法にも弱点があります。

1勝1敗や連勝出来ないときに資金の減り方が早い

グランパーレー法は、勝った次ゲームで常に+α分を足していくため、連勝出来ない時には資金の減り方が早くなります。

1勝1敗や2連勝止まりのシミュレーションをご覧ください。

0359b0c6c1c1a3d1b68d1cf4d6021102 - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

10回の試行で5勝5敗ですから、フラット(定額)ベットだとプラマイゼロ、マーチンゲール法でも利益を出せる展開ですが、グランパーレー法では10単位のマイナスになっています。

パーレー法だと、連勝中に負けても損失は最初の1単位だけなので、この場合は5単位のマイナスです。

6daeabb1eaf76c2914cc133d63a4ccef - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

連勝時のリターンが大きいということは、このようなリスクも合わせ持っていることを理解しておいてください。

負けると全ての利益を失う

グランパーレー法は、勝ったゲームの利益と+α分を全て次ゲームに賭けるため、何連勝していても負けると全ての利益を吐き出してしまいます。

理論上は分かっていても、リアルマネーを使った実戦で5連勝や6連勝後に負けると、喪失感はかなりのものになります。

したがって、ある程度の連勝で利益を確定する必要があるのですが、この点については後で詳しく説明します。

グランパーレー法のデメリットと解決策

ここまで、グランパーレー法のメリットとデメリットを解説してきました。

ここでは、実戦において上手く利益を残す方法を提案します。

連勝できない展開が続いても賭け金を上げすぎない

グランパーレー法は、一撃で数十倍の利益を出せるシステムベット法ですが、最初から上手くいくとは限りません。

連敗、1勝1敗、2~3連勝止まりで資金を減らしながら、大型連勝の波に乗って稼ぐ方法ですから、我慢強さも要求されます。

途中で熱くなり、1単位の賭け金や+αの金額を上げると、破産するリスクがあります。

グランパーレー法がハマれば、少々の損失はすぐに取り返せますから、波に乗れない時に熱くならずに最初に決めた賭け金のルールを守り、淡々とベットしていくことが大切です。

利益確定ラインを決めておく

バカラの勝率は、プレイヤーとバンカーのどちらに賭けても約50%です。

勝率50%のゲームで連勝する確率をご覧ください。

91f22559669c79da6d7af1d3f5577aa3 2 - バカラの攻略・必勝法 | グランパーレー法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

グランパーレー法で、最初の賭け金が100倍以上になる6連勝の確率は約1.6%(1/64)です。

バカラでは、罫線を見てツラに上手く乗れたら不可能な数字ではありませんが、現実的には3~4連勝を1つの目安にして利益を確定させるのが、オーソドックスな方法といえます。

もちろん、資金に余裕がある人や「とにかく大勝ちを目指したい!」という人なら、トコトン挑戦するのもいいと思いますが。

予め、グランパーレー法を使う前に「○連勝したら利確しよう。」「資金の○%がなくなったら、損切りしよう。」というラインを決めておきましょう。

【参考】バカラの連勝でよくあるパターン

バカラでは、不思議なことに罫線が一定の規則を描くことが頻繁にあります。

数学的な根拠はないのですが、グランパーレー法の勝ちパターンを3点ほど紹介します。

  • バンカー(プレイヤー)が3連勝しているテーブルでツラに乗り、3~4連勝で勝ち逃げする。
  • ニコイチ、テレコなどの罫線が続いているテーブルを選び、ツラに乗って3~4連勝で勝ち逃げする。
  • プレイヤーが必ず2連勝しているテーブルで、バンカー→プレイヤーの後、毎回プレイヤーに賭けて、それを3~4回ほど繰り返して勝ち逃げする。

必勝法というわけではないのですが、バカラ経験者の人なら、このような確率的には激レアな流れを何度も見たことある人もいるのではないでしょうか?

少なくとも、根拠なしに適当に賭けるよりは、自分なりに予想を立てた方が熱くなりにくいと思います。

参考程度にしてください。

バカラ攻略・必勝法「グランパーレー法」のまとめ

グランパーレー法のポイントをまとめます。

  • 究極のハイリスクハイリターンな賭け方なので、一攫千金を目指せる。
  • 事前に利益確定の連勝ラインを決めておく。
  • 資金がジリ貧で減っている時に、賭け金を上げない。

グランパーレー法は、一度成功を体験すると病みつきになる魅力的な賭け方です。

+α分の金額を増やすと、さらなる大勝ちも目指せます。

脳汁が出るようなスリルと興奮を味わいたい人は、ぜひ一度お試しください。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!