バカラで勝率を上げるための罫線の見方と種類。罫線予測でバカラに勝ち続ける方法

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!

ベラジョンカジノのライブバカラ攻略・必勝法を紹介。バカラのルール、賭け方、配当、勝率をまとめました

バカラ予想アプリのB-Focus(ビーフォーカス)を検証、評判まとめ、B-Focus(ビーフォーカス)は、ベラジョンカジノのバカラでも使用可能!

バカラの罫線の見方、種類について図解で解説していきます。

バカラの攻略に必要な「罫線」を知れば、勝つ確率を上げられる可能性が高まります。

罫線の基本から罫線を使った予想の仕方まで一通り把握し、バカラ攻略で確率を上げて大稼ぎするためのツールが「罫線」になります。

罫線とは「出目の履歴」のことです。

バカラプレイヤーの多くは、この罫線「大路」「小路」などを見ながら次に出る目を予想しています。

罫線をマスターすることがバカラで勝ち続けるための近道であり、唯一の方法であると言っても過言ではありません。

初心者でもマスターできるバカラの罫線を使った必勝法もお伝えしていきます。

システムベットだけでなく「罫線(けいせん)」を使いこなせれば、よりバカラの勝負が楽しくなります。

バカラのルールを確認したい方は以下をお読みください。

ベラジョンカジノのバカラの基本ルール(やり方)を紹介。賭け方、点数、配当、3枚目の条件、勝率アップのための攻略・必勝法も紹介します

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。

バカラの罫線とは?

バカラの罫線は、プレイ中の画面、上記画像の右下にある赤い枠で囲ったものが罫線です。マス目の中に青と赤の○が並んでいます。

バカラの罫線は、種類がありますが、一番分かりやすい罫線は、大路(ダイロ、ダァルー)です。

バカラで使われる「罫線(けいせん)」は、ゲームの勝敗を記録していくものとなり、バカラの種類に関係ありません。

バンカー、プレイヤーそれぞれの過去の勝敗を記していき、バカラのゲーム勝敗の結果を見やすく一覧にした表となり、基本となる大路は、バカラゲームの過去履歴です。

その卓でプレイヤーバンカーが、何勝何敗ずつしているのかだけではなく、勝ち負けの順番さえも一目でわかるように記録されたものです。

罫線を一言で表すと「出目表」となります。

大路は、上記表の赤枠で囲っているようなパターンからバカラの波を掴み、次の出目を予想するのが大路を活用する狙いです。

基本的な罫線は「大路」です。

単純に勝敗を並べた出目表の並べ方を変えて、過去の出目の傾向を見やすくしたものです。

罫線上にパターンは、ただの結果論と揶揄されることもありますが、バカラはルールの特性上残っているカード次第で一定パターンの出目が続きやすくなることが実際があります。

罫線をヒントにバカラの波をとらえ、次の出目が予想できるようになれば、バカラの勝率アップに繋がりますし、その予想して的中させるギャンブルならではの楽しみも増えます。

バカラは、罫線で予想しても意味がない?

バカラの罫線は、過去の勝敗結果となり、それらの影響を与えないギャンブルのため「いくら予想しても意味がない」と考える人もいます。

罫線予想そのものは、科学的には何の意味もありませんが、予測、的中、勝利の喜びを格段に高める心理的な効果は絶大といえます。

予想という意味では、罫線は価値はなくてもゲームを楽しむ調味料的な隠し味としても価値があります。

バカラは、運任せの直感ゲームと言われることもありますが、罫線があるからこそ、罫線を見ることで次の予想確度を上げ、バカラの勝率を上げられる可能性が高まります。

バカラは、単なる確率50%の丁半博打ではなく奥深いギャンブルのためカジノの王様と言われる理由です。

システムベットは、バカラ攻略法ではなく資金管理の1つです。

バカラは、罫線で予想しても意味がないと思っている人へ罫線予測は、究極のバカラ必勝法かもしれません。

バカラの罫線の種類

罫線は1種類だけではなく複数あります。

罫線の種類で有名なのは次の5つです、総称として「中華罫線」と呼ばれています。

  • 大路(ダイロ、ダァルー)
  • 小路(シュウロ、シャォルー)
  • 大眼仔(ダイガンチャイ、ダァガンツー)
  • 甲由路(カッチャロ)
  • 珠盤路(チューチャイロ)

しかし全ての罫線を使い次の勝敗を予想するなど絶対にしてはいけないことです。

各々の罫線は、記録の仕方や見方に違いがあり、状況やあなたに合った罫線を探していきましょう。

罫線は、数種類ある理由と罫線の目的があります。

罫線の目的は、過去の出目表を見て次にくる「バンカー・プレイヤーどちらか?」を予測する手段として使うためです。

他の罫線からも「過去の履歴から次の出目を予想する」ことができます。各罫線は、それぞれが「ルール」に従っていて記録も変わります。

罫線が数種類あることで「大路」で規則性が掴めない出目だったとしても、他の罫線を見れば、規則性を見出せる可能性もあるからです。

バカラの罫線予測の方法

バカラの罫線を見ても予想がわからない人向けに実際のプレイ画面を使用して罫線予測の方法について説明します。

罫線予測は、今までの結果から規則性を見出し、次に出る目を予測しベットします。

この場面、「小路」ではまだ履歴が乏しく出目の予測の判断材料が少ないですが、赤丸は2回連続しか出ていない状況なので次も赤が来ると予測できます。

「小路」における赤丸は、「大路」上の2列前と同じ結果です。つまり、バンカーと予測できます。

もし「大路」で予測をしていたらもっとバンカーかプレイヤーかで悩んでいたでしょう。

「大路」と「小路」を見て罫線予測する

「小路」を見ることで「今までと同じ流れになるか、それとも違う流れになるか」を予測できます。「小路」も不規則で予測が困難になる場合もあるので完璧とは言えません。

ただし、大路と小路を使った出目の予測を使うことによる予想確度を上げることができます。

直近の展開で規則性を見出して判断する。規則性のある正しい展開は、小路での勝率を左右するチャンスとなり、絶対に見逃さないようにしましょう。

バカラの罫線は勝率アップに繋がるのか?

バカラは、ギャンブルの波が発生します。

罫線には、一定の範囲で特徴的な動きをする「波」のようなものが存在し、これは、シューのカードが偏って起こる現象であり、決して不自然なものではありません。

罫線から流れやパターンを見つけること自体は、そんなに難しくはありません。カードの偏りから流れが生まれ、その流れが罫線に表れます。

罫線を使えるからといって100%バカラで勝てるようになるわけではありませんが、波を掴むための大きなヒントを与えてくれるのは間違いありません。

この偏りを利用してギャンブルの流れを掴み、勝敗を予想する、と言う楽しみ方が出来るのが罫線です。

特に大路は、罫線の中でも基本中の基本であり、とてもシンプルなため、バカラ初心者の方でも気軽にギャンブルの波を見分けながら勝敗を予測できます。

もちろん過信は禁物ですが、ベットに迷いが生じた際には非常に有効です。罫線を読むことは、バカラ攻略において重要だとお分かりいただけたと思います。

罫線の基本|大路(ダイロ)

基本的な罫線「大路」の見方&書き方を紹介します。

大路は、バンカーかプレイヤーの勝敗に動きに「○」を書いて行きます。

  • 勝敗結果は表の左上から記入していく
  • プレイヤーかバンカーが連勝した場合は下に記録していく
  • プレイヤーかバンカーの連勝が止まったら右の列に記入する

引き分け(タイ)を挟んだ場合には、右へシフトせず、そのまま連勝扱いとして続けて記します。

大路の仕組みは、至ってシンプルに左詰めでバンカーが勝った場合は「赤マル(○)」、プレイヤーが勝った場合は「青マル(○)」、引き分けの場合は直前の印に「斜線(/)」を入れて記録します。

大路の主な用途は、勝敗の流れを見たい時によく使われています。

罫線を交互に書いて行くのも大路の特徴です。

ベラジョンカジノのライブバカラのゲーム画面にも罫線の「大路」が表示されています。

大路は、常に特定の流れが見えるほど万能ではありません。大路は、次に何がくるか予想しづらい時もあります。

大路で出目のパターンが出るまで待つのもよいですが、次の3つの罫線を活用するのも1つの手です。

  • 大眼仔(ダイガンチャイ)
  • 小路(シュウロ)
  • 甲由路(カッチャロ)

3つの罫線の見方を知っておけば、大路だけを活用するよりも特定のギャンブルの波の流れを見つけるチャンスが増えますし、複数罫線でバカラの勝率アップを狙うこともできます。

それぞれの見方について確認していきましょう。

罫線の応用|大眼仔(ダイガンチャイ)

罫線「大眼仔(ダイガンチャイ)」の見方&書き方を紹介します。

大眼仔(ダイガンチャイ)は、大路の『最新の結果』と「1列手前の同じ位置の結果」を比較して「同じ動きなら赤マル(〇)」か「違う動きなら青マル(〇)」なのかを記録していく罫線です。

※引き分けはカウントしません。

大眼仔の注意
大眼仔(ダイガンチャイ)は、大路(ダイロ)と見方が異なり、大眼仔の「赤・青」は「バンカー・プレイヤー」ではありません。

※ベラジョンカジノのバカラ(スピードバカラ)のゲーム画面で大路の位置です。

「大眼仔(ダイガンチャイ)」と「小路」との違いと言えば「比較する列を変えただけ」なので覚えやすいです。

罫線の応用|小路(シュウロ)

罫線「小路(シュウロ)」の見方&書き方を紹介します。

小路(シュウロ)は、大路の『最新の結果』と「2列手前の同じ位置の結果」を比較して「同じ動きなら赤マル(●)」か「違う動きなら青マル(●)」なのかを記録していく罫線です。

「小路」のそれ以外のルールは、「大眼仔」と同じになっています。

小路は、大路の記録を元にして同じパターンが繰り返されているかそうでないかの流れを掴むための罫線です。

※ベラジョンカジノのバカラ(スピードバカラ)のゲーム画面で小路の位置です。

「小路(シュウロ)」は、「大路」と比較してしまうと複雑となりますが「小路」が理解できさえすれば他の罫線も理解できるようになります。

「大眼仔(ダイガンチャイ)」と「小路」との違いと言えば「比較する列を変えただけ」なので覚えやすいです。

罫線の応用|甲由路(カッチャロ)

罫線「甲由路(カッチャロ)」の見方&書き方を紹介します。

甲由路(カッチャロ)は、大路の『最新の結果』と「3列手前の同じ位置の結果」を比較して「同じ動きなら赤斜線(/)」か「違う動きなら青斜線(/)」なのかを記録していく罫線です。

「甲由路」のそれ以外のルールは、「大眼仔」「小路」と同じになっています。

※ベラジョンカジノのバカラ(スピードバカラ)のゲーム画面で甲由路の位置です。

小路や大眼仔では、ギャンブルの波、流れが見えづらい時に活躍する甲由路をぜひ覚えてくださいね。

罫線の応用|珠盤路(チューチャイロ)

罫線「珠盤路(チューチャイロ)」の見方&書き方を紹介します。

記録方法は、至って簡単で縦6マスの表に上から下へ結果を入れていくだけです。縦6マスが一杯になったら列を変えてまた上から記録していきます。

珠盤路の使い方は実は決まったものはなく、一般的にはヨコヅラを見るためによく利用されいています。

小路や他の罫線で全く予想ができない時の打開策になりますのでぜひ身に付けておきましょう!

罫線の用語

バカラを攻略するための罫線は、専門用語があります。罫線を使う上で必須となる基本用語を解説していきます。

落ちる

大路は、バンカーかプレイヤーどちらかの勝利が続くと下方向にマークしていきます。その様子から連勝が続く現象を「落ちる」と言います。

英語では「バンカーダウン」「プレイヤーダウン」と呼ばれています。

横に走る

連勝を意味する「落ちる」に対してプレイヤーとバンカーが交互に勝利することを「横に走る」と言います。

大路は、勝ち負けを繰り返すことによりマークが横に並んでいきます。その様子から2者が交互に勝利する現象を「横に走る」と表現します。

面(ツラ)

バンカーかプレイヤーどちらかが連続して勝利している状態を「面(ツラ)」と言います。

連勝している時は、下にマークが伸びるのでタテヅラと呼ばれることもあります。

バンカーが連勝している時は「バンカーヅラ」、プレイヤーが連勝している時は「プレイヤーヅラ」と呼び分けます。

横ヅラ

バンカーとプレイヤーが交互に勝利している状態を「横ヅラ」と言います。

交互に勝利している時は、マークが横に伸びることが名称の由来です。

バンカーとプレイヤーが繰り返し勝ち負けすることから、英語ではPingPong(ピンポン)と呼ばれています。

ニコイチ&ニコニコ

バンカーかプレイヤーが2勝1敗を繰り返すことを「ニコイチ」と言います。

「ニコニコ」は、バンカーかプレイヤーが2勝2敗を繰り返すことを表します。

ドラゴン

バンカーもしくはプレイヤーのツラが続き、罫線の表に収まらなくなった状態を「ドラゴン」と言います。

下に記録できなくなった場合は、横に移動して記入する動きからドラゴンという名称がつきました。

バカラの罫線と予想ソフトを併用する裏技

罫線予測と合わせて使えるバカラの勝率を最大限に上げるためのバカラの解析ソフトは、複数あります。

ソフトウエアは、勝率を上げるためのもので常勝をする事が出来るという裏技的ソフトではありませんが、罫線予測と同時に使うことでさらにバカラの勝率を上げることが可能と言えます。

バカラ予想アプリのB-Focus(ビーフォーカス)を検証、評判まとめ、B-Focus(ビーフォーカス)は、ベラジョンカジノのバカラでも使用可能!

B-FOCUS(ビーフォーカス)は、膨大なデータを統計的に分析して作り出されたバカラの確率計算ソフトとして日本では有名です。

ゲーム結果を記録していくと勝敗結果の履歴からバカラ予想ソフトが次にバンカーが勝つ確率、プレイヤーが勝つ確率、引き分けになる確率が表示されます。

確率を見ながらベッティングします。バカラの勝率をアップした人は、罫線予測と合わせてバカラ予想ソフトを同時に使う事もおすすめします。

バカラの罫線の見方と種類のまとめ

バカラの罫線は、大路(ダイロ、ダァルー)、小路(シュウロ、シャォルー)、大眼仔(ダイガンチャイ、ダァガンツー)、甲由路(カッチャロ)等の種類があります。

罫線の目的は、過去の出目表を見て次にくる「バンカー・プレイヤーどちらか?」を予測する手段として使います。

罫線が数種類あることで基本となる罫線「大路」で規則性が掴めない出目だったとしても、他の罫線を見れば、規則性を見出せる可能性もあることが分かったと思います。

複数の罫線からも「過去の履歴から次の出目を予想する」が可能です。

各罫線を読むことで100%の確率で次の出目を予想できるわけではありませんが、罫線を読むことでギャンブルの波を捉えることができます。

波を読み、間違えなければ連勝も可能です。

罫線は、バカラ攻略の上で欠かせない必勝法なのでぜひ覚えてください。

バカラで罫線を使った予測をやってみたい人はベラジョンカジノをチェックしましょう

ベラジョンカジノに登録しなくても無料体験がありライブバカラのゲームを見ることもでき、お試しでプレイでバカラの罫線を勉強して実践することができます。

 

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!