ベラジョンカジノの確定申告に必要な支払調書の取得方法

今、当サイトから登録で3,000円分の無料ボーナスキャンペーン中

ベラジョンカジノで一定額の利益を上げると確定申告が必要となります。確定申告には、支払調書というものが必要になります。

確定申告による納税の際、特別控除などを利用すれば、支払金額は減るので、収入総額が大きくなったときは、支払調書を含めた必要書類をまとめ、手続を進めていきましょう。

一般的にオンラインカジノは、合法とも違法とも言えない法的な位置づけがされていない状態です。ベラジョンカジノの確定申告の分類も明確な資料がありません。

ベラジョンカジノ確定申告のやり方、支払調書の取得方法を説明しますのでご参考にして頂けたら幸いです。

支払調書の取得方法

確定申告の手続は、税務署に申込書をはじめとする、各種書類を提出する形で行ないます。書類の内訳は、自分の勤め先の源泉徴収表とベラジョンカジノの支払調書、経理の領収書やレシート(所得が300万円以下の場合は不要)が必要となります。

確定申告に必要な支払調書は、ベラジョンカジノなどオンラインカジノのサポートに連絡すると、郵送手続を行ってくれるので、カジノを利用する前に、そうしたサービスがあるか、念のために確認してみてください。特別控除は、税金対策にも効果的です。

確定申告の必要性

最近はオンラインカジノが流行っており、ベラジョンカジノをはじめ、様々なカジノが運営されています。カジノである以上、当然お金を賭けることが出来るので、大きく勝てば、それだけ大きな利益を生むことが出来ますが、その利益が非常に大きな物になった場合は、決められた期日までに、確定申告を行う必要があります。もちろん忘れたり、ごまかしたりすると、脱税として処分されることになるので、後々トラブルを起こさないよう、前もってやり方を学んでおきましょう。

確定申告の条件

まず基本的な知識として、ほとんど勝てていないという方は、確定申告を行う必要はありません。ベラジョンカジノをはじめ、オンラインカジノで得た利益は、一時所得として扱われるのですが、年間の一時所得が50万円以下だった場合は、納税の義務は発生しません。ですが、50万円をオーバーした場合は、一時所得のうち半分を、所得税として納税しなければなりません。そのため、大きく勝ったときは、前もって所得税を払えるだけの蓄えは、確保しておかなければなりません。

確定申告は特別控除を利用する

所得税の支払額は、一時所得の2分の1という計算で導き出されますが、所得税の支払額は、特別控除によって割り引くことが出来ます。

特別控除は、一時所得の計算時に用いられ、仮にオンラインカジノで100万円以上勝った場合は、特別控除が、最大で50万円分受けることが出来るので所得税とした最終的に支払う金額は、特別控除が最大限使えた場合、25万円ということになり、大きく負担を減らすことが出来ます。

ベラジョンカジノの確定申告方法

ベラジョンカジノで得た配当金は、一時所得に分類され税金をはらう必要があります。ベラジョンカジノは海外で運営されてますがマカオやラスベガスなどのランドカジノで遊んで得た配当金と同じ扱いで、日本で配当金を受け取る場合、課税の対象になり確定申告をしなければいけません。

確定申告方法①:収入を確定する。

一時所得の計算方法は(収入-収入を得るためにかかった費用-特別控除50万円)×1/2です。この計算式で出た額に税金がかかります。

収入の計算方法

オンラインカジノは、通算で考えてはいけません。その都度その都度儲かったお金に対して税金がかかります。1年間でオンラインカジノを2回やったとします。1回目は70万円負けて、2回目に100万勝ったとします。その際、100万円-70万円=30万円が収入ではありません。その100万円の1ベットに対して税金がかかるのです。なんとも悔しい話ですが・・・。100回しても同じです。儲かった1ベットに対して税金がかかります。

収入の額

一時所得の特別控除が50万円あるので、収入が50万円以下なら申告する必要はありません。

かかった費用

競馬なら馬券代です。ベラジョンカジノなら1ベット代やインターネット代が当たると思います。しかし日本ではまだオンラインカジノは認められていないので、費用もこれが費用にあたるなど明確な資料がないのが現状です。費用は、領収書など公的な証明がないと認めてもらうのは難しいです。領収書は費用に当たりそうだと思ったら全て取っておくと良いでしょう。

確定申告方法②:確定申告書を作成する。

1年間の収入が、オンラインカジノだけの方やサラリーマンの方は確定申告書Aを用意して下さい。事業をされている方は確定申告書Bです。税務署に行くともらえます。インターネットで国税局のホームページの確定申告書作成コーナーで印刷できます。

確定申告書の記入の仕方

1、自分の現住所を管轄している税務署を第一表の左上○○税務署長の所に記入します。住所、名前、生年月日等をもらさず記入してください。

2、第二表の「雑所得・配当所得・一時所得に関する事項」を記入します。「所得の種類」は一時、「種目・所得の生じる場所」はオンラインカジノサイトを運営している会社名など一見してオンラインカジノとわからない様なものを書きましょう。「収入金額」はそのまま収入金額(特別控除50万円を引いてはいけません)、「必要経費等」にはかかった費用の額を記入します。

3、第一表の収入金額等の一時(オ)に「収入-かかった費用-特別控除50万円」の金額を書きます。

4、(オ)に書いた金額を2で割った額を所得金額の一時(4)の所に書きます。

5、「所得から差し引かれる金額」は該当する項目を埋めていって下さい。

6、「所得金額の合計」から「所得から差し引かれる金額の合計」を引いたものを課税される所得の金額(21)に書きます。下三桁は切り捨てです。

7、上の(21)に対する税額(22)を求めます。確定申告書に添付されている「確定申告に関する手引き」に表がありますので、それを参考にして下さい。

8、差し引き所得税額(28)に(22)と同じ額を記入します。申告税額の収める税金(31)にも同じ額を記入してください。

9、サラリーマンの方で源泉徴収が済んでいる方は源泉徴収税額(30)に源泉徴収票の源泉徴収額を記入し、(28)から(30)を引いた額を(31)に記入します。

10、会社にばれたくない方は第二表の「住民税に関する事項」の自分で納付(普通徴収)に必ずチェックを入れて下さい。

確定申告方法③:税務署に確定申告書を提出する。

自分の現住所を管轄している税務署に提出してください。税務署にそのまま持っていっても、郵送で送ってもどちらでも構いません。郵送の場合は返信用封筒を忘れずに入れて下さい。返信用封筒には自分の住所と名前を書くのと切手を貼るのを忘れないようにして下さい。

確定申告方法④:源泉所得税を支払う。

税務署から確定申告の書類をもらった方は中に納付書が入っていると思います。それに確定申告の計算で出た源泉所得税を書き、3月15日までに銀行か税務署、コンビニエンスで支払ってください。納付書がない方は税務署でもらってください。

確定申告は必ず行いましょう!

ベラジョンカジノは、大きく勝てるチャンスがありますが、その分守らなければならないルールがあります。ベラジョンカジノでせっかく勝ったのに、ルールを破ったせいでベラジョンカジノの儲けがゼロにならないように、前もって守るべきルールのことを知っておきましょう。